2018年04月04日

2018年4月4日の自転車通勤

【往路】

さて前日酒を飲んで自転車での帰宅はしなかったのでこの日の職場へのアクセスは地下鉄である。まずは木場駅で東西線に乗る。東西線は東京の鉄道で最も混雑する路線。そんな最凶路線の最も混雑する時間帯の最も混雑する区間である木場〜門前仲町をピンポイントで利用する。

東西線に乗る区間を最短に抑えたが、それでもこの最凶路線の最凶時間帯の最凶区間はいかんともしがたかった。まぁせいぜい1〜2分かそこらのことなので我慢はできる。しかしそれでも停止信号で1回止められた。

東西線の場合、門前仲町から茅場町の間が実は隠れ最凶区間で、この区間では依然として満員電車の状況の下停止信号のため幾度となく電車が止まり進んでるんだか進んでいないんだかよくわからないという、実にストレスフルな区間である。この区間まで乗ることは絶対に避けたかった。そんなわけで門前仲町乗換の区間を選んだ

そんなわけで、門前仲町で都営大江戸線に乗り換える。都営大江戸線の、ギロッポンなどの都心に向かう方向の電車は、押すな押すなの満員御礼巨人軍状態であるが、その反対方向行きの電車はさほどでもない。最寄駅まで座っていける。

ところが、途中駅で後続の電車が遅れているための時間調整で2分くらい止められる。朝の2分は貴重である。その貴重な2分を時間調整ごときで無駄にされる人々の気持ちがわからないのか。そもそも時間調整ごときで2分も止める合理性があるのかどうか疑わしい。
後続の電車に忖度しないと大事故が起こるのか。運行の安全にかかわるような重要なインシデント阻止のために時間調整はやむにやまれぬ措置なのか。もはや時間調整して等間隔に電車を走らせることが自己目的化・ひいては自己満足の実現になっていないだろうか。

そんなこんなで職場の最寄駅までたどり着く。時間的には自転車通勤よりも遅い。電車通勤は、単に移動と忍耐の時間である。しかし自転車通勤には満員でもみくちゃにされたり後続の自転車への忖度のための時間調整なんてない。しかも楽しいしトレーニングにもなる。

【復路】

さてこの日自転車通勤は復路のみ。この日朝起きたら寝違えたようで首が痛くてかなわない。湿布を首につけて首が湿布まみれになるが、それでも痛みは若干緩和されるものの、首を動かす角度によっては鋭く痛む。

そんなわけでこの日自転車での帰宅を止めようかとも思ったが、距離は6q程度とそうたいしたことはないし、また朝電車で通勤するのも嫌なので、バシバシ行かずにチンタラノビノビと首に負担にならないように行けばいいやと思って自転車で帰宅することにする。

いざ自転車走行してみると、想像したよりは首に負担がかからなかった。いつものようにバシバシ走行すると鋭く痛みが走りそうなのだが、ペースを抑え気味にすれば何とかいつもよりもちょっと遅い程度で自転車走行できる。

そんなわけでこの日は通常よりもゆっくり目の帰宅。この日サイコンを職場に置き忘れたので、走行記録は特になし。

人気ブログランキングへ←他のブログも面白いですよ
posted by goiss at 20:39| 東京 ☀| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月03日

2018年4月3日の自転車通勤

【往路】

走行距離:6.31km 走行時間:0:15.03 最高速度:39.7q/h 平均速度:25.2km/h

さてこの日も天気が良いのでセッセと自転車通勤する。今回の朝ドラ、1971年〜現代に時代がまたがるもの。場面がちょうど1971年に時代がタイムスリップしていて、ワタシが6歳だったころの風景が展開されており懐かしかった。その後のあさイチでも、近江アナが天然っぽい感じで有働アナと違う趣、なかなかいい感じ。2015年1月から3年間倉庫と工場の立ち並ぶ灰色の街新子安に通い続けたときにはおよそ信じられない出勤時間帯。どうせ都心に近い所に住んでいるのだから、その恩恵は存分に得たいもの。もう二度と「県」では働きたくない。

さてそんなわけで家を出てからまずは三つ目通りを4.8qほど走行する。永代通りの手前でいい感じで走行していたら、ベンツ野郎に行く手をふさがれて減速に追い込まれる。しかしベンツ野郎は渋滞にひっかかって減速に追い込まれたのでベンツ野郎をブッちぎって前進する。ざまーみろ。

都市部においては機動力と時間当たりの走行距離と環境への影響度を照らし合わせると、自転車が交通手段として最強であることは疑いないであろう。

朝ドラの初回の舞台となった1971年ごろだったら、ベンツはもう完全に超大金持ちのステータスだったが、今ではベンツもだいぶ入手しやすくなって、金持ちのステータスですらあり得ない。50年近くたつと価値観は変わるものである。

永代通りを渡って三つ目通りを34km/h〜35km/hくらいの巡航ペースで走行する。だいたい700メートルおきくらいの感じで××橋通りとの交差点で信号に止められる。こんな感じのインターバルトレーニングもどきを繰り返してきた結果、徐々にではあるが心肺機能が昔自転車通勤を毎日していたころのように戻ってきたような気がする。

50歳を過ぎると、もう30代〜40代のころに比べると身体能力の伸びは少ないが、しかし少しずつでも毎日続けるとそれ相応に伸びてくるのが面白い。目に見える効果は、おそらく3か月くらいの単位でないとわからないであろう。

本所三丁目交差点を左折して春日通りに入り、さぁ爆走しようと思ったら、チンタラ走行するライトバンに行く手をふさがれ信号に止められる。自動車のくせにちんたら走行するんじゃねぇと思う。全く一度自動車に乗ると道路の王様にでもなったように我が物顔に走行するのは困ったものである。

道行く自動車を見ていると、本当にこれほどの自動車が走行する必然性があるのだろうかと疑わしくなる。しかしおそらく四半世紀前に比べると、自動車の走行も少なくなったのだろう。実際都市部においては自動車をもっていてもそれほど乗る機会はなく、維持費ばかりかかってろくなことはない。人生のうちでもっとも金のかかる世代のひとたちでそういうことに気づきだした人が増えているのかもしれない。

春日通りの信号が一斉に青くなったらバシバシ走行して本所一丁目交差点に至る。自転車通勤と思しき人たちが数名。ロードバイクをつかって自転車通勤する人が本当に増えた。もはや日常的風景といっても過言ではない。ワタシが自転車通勤を始めた14年前に比べると隔世の感がある。

厩橋交差点を渡り、寿三丁目交差点を右折して路地をちょっと走行し、自転車基地に到着する。平均速度は25.2km/hで、毎日判をついたように時速25km台。復路に比べると往路の方が交通量が多く、かつ信号のインターバルでも止められることが多いインターバルになっていそうな感じがする(往路でいつも信号に止められる交差点で、復路では止められない)のでまぁいいか。

【復路】

この日酒を飲んでいくので自転車ではなく電車での帰宅となる。この日カンピオンエール@浅草で呑んでいく。

この店は、なんと浅草で自家醸造のビールを出すお店。カウンターには自家醸造ビールのタンクが立ち並んでいる。さらに、このお店、ビールのみならずサイダー(アスポール)を出すところが気に入った。しかもフィッシュ&チップスがいい感じでワラジのところも気に入った。

さらにいいのがこの店全面禁煙であるところ。今まで通っていたホブゴブリンやフットニックでは客にタバコを吸わせていたため酒や料理の風味が減殺されていたが、ここは禁煙なので安心して酒や料理を味わえる。

職場の近くにこう言う優れたパブがあるので、もはや他のパブに通う必然性が失せてしまった。

人気ブログランキングへ←他のブログも面白いですよ
posted by goiss at 20:59| 東京 ☀| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月02日

2018年4月2日の自転車通勤

【往路】

走行距離:6.30km 走行時間:0:15.09 最高速度:40.3q/h 平均速度:25.1km/h

さてこの日自転車通勤である。今週も金曜日に曇りになるほかは天気はよく、最高気温が20度を超えそうでなかなかいい陽気。先週末いい天気なので自転車長距離ライドしようかと思ったが、長距離ライドの場合朝早く起きる必要があって早起きが苦手な私にはハードルが高い。結局週末二日家でゴロゴロして終わってしまった。あちらこちらで花見に出かける人がこの時期多くて外に出ても人ばかり多そうなのであまり外に出る気もしない。そんなわけで週末引きこもってよかったかなと思う。しかし外に出ないで引きこもっていると運動不足になって健康にはよくないし、自転車に乗るとそれはそれで結構楽しいので、せっせと自転車通勤には励む。

この日は4月2日で年度初め。NHKの朝ドラも「わろてんか」が終わり「半分、青い」がはじまった。その後の「あさイチ」も、有働&イノッチのコンビから近江&博多華丸・大吉のトリオになった。ブラタモリでの近江アナの天然ぶりがなかなかいい感じで期待できそう。

まずは例によって三つ目通りをドヒャーと走行する。先週金曜日と異なりこの日は特に向かい風もなくなかなか快適に走行できる。それでも三つ目通りは「XX橋通り」のように隅田川を通る橋にちなんだ通りと交差しているため、そことの交差点では必ず赤信号で止められる。永代通り、葛西橋通り、清洲橋通り、新大橋通り、蔵前橋通りといった感じ。京葉道路というのもある。500メートル〜700メートルにひとつ信号待ちがある。そんなわけで、信号と信号の間はドヒャーと34〜5q/hくらいで走行して信号待ち。信号待ちの時間は大体ひと信号につき30秒〜1分。まさにインターバルトレーニングである。心肺機能の向上にちょうどいいかと思って信号待ちをする。

三つ目通りをドヒャーと走行すると大体4.8q位。で本所三丁目交差点を左折すると、その向こうには例によって赤信号が連なっている。その連なっている赤信号がすべて青になるとまたドヒャーと本所一丁目交差点まで走行して止められる。本所一丁目交差点を渡り、厩橋の手前を左折する自動車を避けて厩橋を渡る。左手を見ると隅田川の水面がキラキラ光ってきれい。もっとも厩橋はそれほど大きな橋ではないのですぐにわたってしまう。

厩橋交差点を過ぎて寿三丁目交差点を右折し、ちょっと細い道を注意深く走行して自転車基地に到着する。平均速度は25.1km/hなので、都市部でストップ&ゴーを繰り返したインターバルトレーニングもどきの走行の割にはまぁまぁだったかと思う。

【復路】

走行距離:6.15km 走行時間:0:14.09 最高速度:40.2q/h 平均速度:26.2km/h

さてこの日大体午後7時前後に自転車基地を出発する。寿三丁目交差点を左折して春日通りに入ったところで前の自動車がどういうわけかチンタラしていて、しかも道路上のワタシの位置からぶっちぎるにぶっぎぎれない感じの位置。しかたがないのでとりあえずそいつをやり過ごしたあとバシバシ加速する。

本所一丁目交差点から通常はバシバシ走行して本所三丁目交差点まで信号に止められずに700メートルほど走行できるのだが、この日はその途中の小さい信号に止められて待たされる。どんなに小さい信号であっても守るのは当然。信号が青になったら当然ズビャーと走行する。全くインターバルトレーニングもいいとこ。

本所三丁目交差点を右折して三つ目通りを一直線に大体5q位走行する。5kmまっすぐ走るならスピードも出そうなものだが、いかんせん××橋通りがこれでもかこれでもかと三つ目通りをクロスしているためそのたびに信号で止められる。500メートル〜700メートル全力疾走しては止められるというインターバルトレーニング。しかも周囲の交通状況も踏まえての自転車走行なので、常時全力疾走と言うわけにはいかない。しかし、自転車の動力源は100%人力なので、実にいい運動にはなる。

そんな感じで三つ目通りを快走して帰宅する。平均速度を見たら26km/hでいつもより1q/hほど速い。毎日自転車走行を続ける効果が出てきたかなと思う。

人気ブログランキングへ←他のブログも面白いですよ
posted by goiss at 21:01| 東京 ☀| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月30日

2018年3月30日の自転車通勤

【往路】

走行距離:6.31km 走行時間:0:16.42 最高速度:38.0q/h 平均速度:22.7km/h

この日NHKの朝ドラを見た後「あさイチ」でのイノッチと有働アナのコンビの最後の雄姿を見届けて出勤する。ワタシが出勤前に朝ドラとあさイチをみるようになったのは、2010年の6月ころで、ちょうどあさイチがはじまってしばらく経ったくらいであった。その後4年半ほどそうした生活が続いたが、2015年1月からは転職により大体午前7時40分ころ小学生の集団登校と一緒の時間に家を出るようになってしまい、あさイチどころではなくなってしまった。この3月から再びあさイチを見てから出勤できる生活に戻り安心している。しかし今後はもうあさイチではイノッチ有働のコンビをみることはないのだろう。それにしても今では1時間10分もかけて出勤していた日々を3年も続けていたなんて信じられない。

まずは三つ目通りを5キロほど走行する。前日は最高気温が25℃を超えるくらいであり、なかなか温暖でいい日であったが、この日は気温が下がり、肌寒いの一歩手前くらいの気候である。しかも向かい風が結構強い。そんなわけで、向かい風に難儀してこげどもこげどもそれほどスピードが出ない。

こういう日に限って道路はそれほど混んでおらず皮肉なものである。いつもは首都高に乗り入れる大型車の多い首都高木場入口近辺にはこの日は大型車はおらず走行しやすかったが、向かい風が吹きつけるのでなかなかスピードが出ない。結局そんな調子で三つ目通りの5キロは向かい風に吹かれっぱなしで走行してちょっと大変だった。

本所三丁目交差点を左折して春日通り入ると、ようやく向かい風からは解放されて走行しやすくなる。毎日に近い自転車通勤を初めて1か月近くたつと、大体通勤経路のようすにも慣れてくる。そんなわけで、厩橋のようすを眺める余裕も出てきた。厩橋は、ワタシが通勤で渡ってきた永代橋や勝鬨橋に比べると小さいが、頑健な風貌でなかなか趣がある。橋に馬のレリーフがあるのも確認できた。

厩橋をわたって寿三丁目交差点を右折し、少し走って自転車基地に到着する。平均速度は22.7km/hとなり、向かい風が強かったことがしのばれる。

【復路】

走行距離:6.23km 走行時間:0:17.05 最高速度:32.6q/h 平均速度:21.9km/h

この日帰宅途中に食事をしていったが、食べ過ぎてお腹いっぱいになってしまった。そのため、自転車での帰宅を断念することも考えたが、まぁいつもみたいに気合を入れてバシバシ飛ばさずにのんびり行けばいいやと思ってやっぱり自転車通勤にする。帰宅時間帯の電車に乗るのも死ぬほどイヤだったので。

電車通勤を主として行ってきたときは、遅い、止まる、混むといった京浜東北線ですら慣れてしまって電車での通勤でもまぁいいやと思ってきたが、いったん自転車通勤を毎日行ってしまうと、もう通勤時間帯の電車に乗ることがイヤになってしまう。たかだか6キロ程度の距離で電車に乗るなんてアホらし。

そんなわけでまずは例によって寿三丁目交差点から本所三丁目交差点までぶらぶらと走行する。いつもバシバシ飛ばしているときは、本所一丁目交差点から本所三丁目交差点まで信号に止められることなく行けるが、この日はチンタラ走っていたら1か所信号で止められた。

そんな調子で本所三丁目交差点を右折して、三つ目通りを走行する。いつもはドヒャーズビャーという感じでバシバシ走っているが、この日はチンタラという感じが似合う走行。

そんなわけでこの日チンタラ自転車こいで帰宅する。平均速度は時速21.9kmでまぁそんなもんかという感じ。

人気ブログランキングへ←他のブログも面白いですよ
posted by goiss at 21:08| 東京 ☀| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月29日

2018年3月29日の自転車通勤

【往路】

走行距離:6.28km 走行時間:0:15.07 最高速度:41.3q/h 平均速度:25.0km/h

さてこの日天気が良いので自転車通勤とする。この日東京の最高気温は25度が見込まれ、夏日になりそうである。今年の2月はめちゃくちゃ寒かったが、先週あたりから急にあたたかくなり、桜も咲いてもうすっかり春である。週末は気温が下がるらしいがそれでも最高気温20度前後でむしろこちらがこの季節の普通の気温。つい1か月前まで最高気温が10度いかないとか雪が降るとか言ってたのがウソのよう。

例によってまずは三つ目通りをドヒャーと5キロくらい走行する。サイコンの速度は見ていないが大体34〜5q/hくらいは出ているだろうと思われる。しかしいかんせん信号が多く、ドヒャーと走行しては止められる。気分はインターバルトレーニング。

まずは永代通りを渡る。たいてい永代通りを渡った後首都高に折れるトラック等大型車が結構詰まっていて神経を使うが、この日はそうした自動車はほとんどおらず、この近辺を比較的楽に通り抜ける。その後の区間は○○橋通りとか京葉通りとか比較的大きい通りで信号に止められるが、そのほかにもチョコチョコ信号に止められるため、大体500メートルにひとつ止められるくらいの心づもりでいた方がいい。

それにしても自転車通勤の人が増えた。むろんママチャリの人が多いのだが、ドロップハンドルのロードバイクで通勤する人たちも結構見かける。ワタシが2003年12月23日にシラスを買って2004年1月から自転車通勤を初めて早くも15年。自転車で車道の左端を普通に走行していれば自動車に邪険にされることはないし、最近では道路の左端に自転車通行帯を示す矢羽マークまでできた。15年もたつとずいぶん事情は進歩するものである。

本所三丁目交差点を左折して春日通りを一直線に走行する。この日の信号はランタンルージュが連なっているのではなくて、青信号が連なっていて珍しい。本所一丁目交差点まで快走する。本所一丁目交差点をこえた後、厩橋の手前で左折する自動車が結構いるので、そいつらを避けて直進し、厩橋を渡る。いままで通勤で渡っていた永代橋や勝鬨橋に比べると、ヒョイと渡れる感じ。厩橋には馬をかたどったレリーフが随所にあるらしいが、走行中は見てはいられない。

厩橋交差点を直進し、寿三丁目交差点を右折して自転車基地へと向かう。平均速度は25km/h。3月上旬に自転車通勤を始めた時に比べると、だいぶ調子が出てきた。

【復路】

走行距離:6.16km 走行時間:0:14.46 最高速度:39.8q/h 平均速度:25.2km/h

さて18時半ころ職場を出て徒歩3分くらいのところの自転車基地に行って自転車を出し出発する。まずは春日通りをドヒャーと1キロ少々走行する。厩橋交差点のあたりで2台ほど自転車を見かける。一台はロードバイクだったが、もう一台はやたらタイヤの太い自転車。パグスレーというメーカーがメチャクチャにタイヤの太い自転車を売っているが、まさにそんな感じ。10年程前に比べると普通にロードバイクを路上で見かけるようになった。結構なことである。

本所一丁目交差点からズビャードヒャーと飛ばして本所三丁目を右折する。この間ほぼインターバルトレーニングのノリ。

本所三丁目からひたすら5キロほど三つ目通りをまっすぐ走行する。何とも分かりやすい通勤路。かつての自転車通勤路は5キロほどの間にいくつかの曲がり角があったが、今回はひたすらまっすぐ。

途中、例によって大きい通りでは信号に止められる。隅田川を渡る橋にちなんで、「〇〇橋通り」という名前の通りが多い。隅田川を渡る橋には、たとえ厩橋のような小さめの橋でもそれぞれ特徴と歴史があって、ことごとく趣がある。さすが伝統建築。

道路はそれほど混雑しているという感じではないので、比較的疾走できるものの、いかんせん信号が多くて500メートルに一回は止められる感じなので、やっぱり気分はインターバルトレーニング。

そんな感じで三つ目通りを走行して帰宅する。平均速度は25km/hを越えているのでまぁまぁか。

人気ブログランキングへ←他のブログも面白いですよ
posted by goiss at 20:04| 東京 ☀| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年3月28日の自転車通勤

走行距離:22.22km 走行時間:0:57.28 最高速度:42.4q/h 平均速度:23.2km/h

さて前日復路で電車を使ったため、この日往路は電車である。この日帰りに新宿による用事があって、電車で行こうかとも考えた。しかし、この日往路地下鉄東西線の木場〜門前仲町という、東京で最も混雑する路線の最も混雑する区間で電車に乗り、もう一駅だけでも耐えられないほどの混雑だったので、翌日また電車で出勤するのがいやになった。そのためこの日復路新宿に自転車で行き、用事を済ませてから自転車で新宿から帰宅することにする。

【復路】

この日自転車基地から国際通りをドヒャーと南下して江戸通りとのT字路を右折し、浅草橋交差点を右折して後靖国通りをひたすら西に向かうと新宿。

夕方なので結構交通量が多い。特に靖国通りの交通量が多い。それでも神保町までのあいだはまだましなのだが、靖国神社の坂を上りきったあたりから、どうしてこんなところで渋滞するのかと思うくらい自動車が渋滞している。靖国神社の坂の近辺は桜の季節のため花見でブラブラしている人が結構多い。桜の季節はせいぜい2週間くらいだというのに日本人は桜大好きなのでその2週間の間に狂ったように桜を見に出かける。

靖国神社の坂を上りきった後くだりに入り、下りきったあたりで市ヶ谷駅前。そこを右に折れて少し走り左折して新宿に向かう方向でまた大渋滞。減速を強いられる。そんなわけでそれほどスピードは出ない。しかしそこでは自動車も大してスピードは出せないので、結局自動車と同じくらいの時間当たりの走行距離で走ることになる。結局都心部においては自動車に乗ったって自転車と大して変わらない程度のスピードでしか走行できないわけである。

市ヶ谷から曙橋のあたりを通るあたりでもこれまた渋滞。全くこれほど自動車が必要かねぇという感じ。用心深く走行していきようやく新宿三丁目のあたりに入る。

この日はY's Roadで自転車のワイヤーキーを買っていく。Y's Roadには駐輪スペースがあるが、店が地下一階にあるので、そこまで自転車をもって階段を下りていく。
そこではProloopというメーカーから出ているワイヤーキーが欲しくて探したのだが、今はもう売っていない。このワイヤーキーは、昔(10年くらい前)YPKという名前のメーカーだったところから出ていたワイヤーキーで、なかなか使い勝手がよく、Y's Roadでも売っていたが、さすがに10年も経つともう売っていないようだ。そんなわけで、他のメーカーのワイヤーキーを買っていく。

新宿西口に用事があったので、とりあえず靖国通りをまっすぐ行き、ガード下を抜けた直後左折して新宿西口に向かい、そこから新宿新都心の方向に向かう。三井ビルと住友三角ビルの間の高架下に自転車駐輪場があるのだが、住友三角ビルの工事中でちょっと入口を見つけるのに戸惑った。

この駐輪場は、高架下がちょうど室内自転車駐輪場みたいになっていて、ちゃんと管理人がいる。最初の2時間までは無料で、その後8時間100円くらいの感じの駐輪料金。比較的安心できる感じの駐輪場で、100円払っても惜しくない感じ。念のためワイヤーキーを二つかけて駐輪する。

新宿で用事を済ませてから帰宅する。まずは新宿西口に出てから甲州街道に向かい、そこから新宿通りに出てそこを半蔵門交差点まで直進する。新宿三丁目あたりまで結構自動車が多いが、そこを抜けると自動車が少なくなって走行しやすくなる。

半蔵門交差点を右折して内堀通りに入る。ここは霞が関のあたりに至るまでほぼ下り基調で走行しやすい。10年程前はここが自転車通勤の経路であったし、また通勤帰りに内堀通り1周〜2周して帰宅したものだった。祝田橋交差点を左折して内堀通りを走行し、大手前交差点を右折して永代通りに入る。

永代通り、交通量の多さは相変わらずだが、昔に比べるとタクシーは減った感じ。それでも道路工事を随所でやっていてそこが通りにくい。全く年度末の予算消化とばかりにやっきになって工事している感じ。または、道路工事マニアが税金を使って道路工事をして遊んでいるとしか思えない。

日本橋のあたりは交通量がまぁまぁあるが、茅場町に入ると閑散とした感じになる。昼間はこの辺も証券会社が多くて活気がある一体なのだが、夜になると静かになる。

永代橋を渡ると江東区。10年以上前は毎日ここを渡って帰宅していたものだったが、すっかりこの経路もご無沙汰になってしまった。昔ここをとおって通勤していたのを思い出して懐かしい。ついこの間のようだがもう10年前。早いものである。

そこをしばらく走行すると門前仲町。午後11時前後のためそろそろタクシーの営業が増えてくる。しかしタクシーは大してスピードを出していないため、悠々自転車走行できる。

そんなわけで久方ぶりに大手町から永代通りをとおって帰宅する。平均速度は時速23キロ台。道が結構混んでいたのでやむを得ないか。

人気ブログランキングへ←他のブログも面白いですよ
posted by goiss at 01:03| 東京 ☀| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月27日

2018年3月27日の自転車通勤

【往路】

走行距離:6.34km 走行時間:0:15.19 最高速度:41.4q/h 平均速度:25.0km/h 信号待ち:0:07.27

さてこの日もいそいそと自転車通勤に励む。今回通勤中の信号待ちの時間を計ってみることにした。

例によって三つ目通りをドヒャーと5キロほど走行する。木場4丁目交差点までの間39km/h位の速度で走行できてなかなか楽しい。木場4丁目交差点の信号で待たされてそれがだいたい40秒くらい。その後首都高の木場入口のところで若干トラックが密集しているので、踏みつぶされないように注意して減速の上走行する。そこを突き抜けると再び気合を入れて走行する。

その後も京葉道路や清洲橋通りなど、広い通りで信号待ちさせられるときは大体1分〜30秒の間くらいの感じ。いつものとおり大体500メートル走行すると信号に止められる感じなので、ノリとしてはインターバルトレーニング。そんなわけで、信号に止められることにこだわらず走行できる間は気合を入れて疾走する。

本所三丁目交差点を左折するといつものように先の方に赤信号が連なっていてランタンルージュを形成している。そのランタンルージュが一斉に青になって春日通りをドヒャーと走行し、本所一丁目交差点で止められる。全くいつもの通り。ここで左手をハッとふりさけみると、ライオンの本社の建物が見える。ライオンとか花王とか日常雑貨の会社の本社が意外とこの辺に多い。ビジネス街はなにも大手町に限ったことではないのである。

厩橋で隅田川を渡る。通勤で隅田川を渡るとき、かつては永代橋を渡る場合と、勝鬨橋を渡る場合があった。しかし今度は厩橋。厩橋は永代橋や勝鬨橋ほど大きな橋という感じはせず、割と地味な橋という印象がある。めずらしく厩橋交差点の手前の交差点で赤信号に止められる。厩橋交差点は青信号で通過できたので、あとは寿三丁目交差点を右折して適宜自転車基地に到着する。

平均速度は25km/h、最高速度は40q/hを超えたので、まぁまぁの通勤自転車走行だったかなと思う。結局信号待ちの時間は7分27秒だったが、石原三丁目交差点で少し測定し忘れた時間があるため、目見当でだいたい信号待ち8分くらいの感じかなと思う。

この日帰路に酒を飲んだので復路は自転車通勤しない。

人気ブログランキングへ←他のブログも面白いですよ
posted by goiss at 22:31| 東京 ☀| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月26日

2018年3月26日の自転車通勤

【往路】

走行距離:6km位 走行時間:16分程度 最高速度:36q/h程度 平均速度:23km/h程度

例によってまずは三つ目通りを5qほど本所3丁目交差点までドヒャーと走行する。三つ目通り5キロ走って通勤区間の大半を走り終えてしまうのだからわかりやすい。

三つ目通りを走行する間、500メートルにひとつくらい信号に引っかかる。このあたり東西に走る道路が結構いっぱいあるのでやむを得ないか。しかも、京葉道路とか○○橋通りとか大きい通りが多くて必ず信号に止められる。

本所三丁目交差点を左折すると春日通り赤信号が列をなしていてランタンルージュ。なんだか朝の自転車通勤の風物詩みたいになってきた。そこが一斉に青信号になると春日通りをドヒャーと本所一丁目交差点まで走行する。本所一丁目では必ず赤信号に止められる。しかしそこまでくると職場はもうすぐである。

本所一丁目交差点を通過して厩橋を渡る。厩橋の手前を左折する自動車が結構いるので、後方からの自動車に注意しつつそいつらを避けて直進し厩橋を渡る。この日は厩橋交差点で止められたので若干時間がかかる。

そんなわけでこの日も無事に自転車基地に到着。サイコンを職場に持って行き、パソコンの近くにサイコンを置いておいたら誤作動したようでサイコンの数字が変な風になっていてちゃんとした記録が表示されていなかった。そんなわけで往路の走行記録は適当。

【復路】

走行距離:6.15km 走行時間:0:14.34 最高速度:40・1q/h 平均速度:25.4km/h

さてこの日大体18時40分前後に自転車基地を出発。まずは例によって春日通りを本所三丁目交差点までドヒャーと走行する。本所一丁目交差点では止められるが、そこからドヒャーと走行してまずは本所三丁目を左折。あとはひたすら三つ目通りを一本道。

ここは何となく復路の方が走行しやすいような気がする。若干ながら復路(夜)の方が交通量が少ない感じ。そんなわけでドヒャーと走行できる。

菊川駅前交差点を過ぎると大体半分。そこを1キロほど行くと左手に木場公園が広がってくる。両脇に背の低い建物が並んでいた町並から木場公園のあたりになってくるとずいぶんあたりの雰囲気や趣が違ってくる。

この日久々に三つ目通りを突っ走った後、豊洲方面に向かって、昔みたいに臨海副都心周回コースを走行しようかと思ったが、クリートがすり減って調子がイマイチなので止めておき、大人しく帰宅する。平均速度はッ時速25q台なので、夜にしてはまぁまぁのスピードか。

人気ブログランキングへ←他のブログも面白いですよ
posted by goiss at 21:00| 東京 ☀| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月24日

久々の荒サイ

走行距離:48.79km 走行時間:1:48.18 最高速度:39.2q/h 平均速度:27.0km/h

さて久々に荒川サイクリングロードを走る。2年ぶりとか3年ぶりとかいう久々だろう。この日は久方ぶりの荒サイ走行なので、穏便に清砂大橋と岩渕水門間往復の50q程度の走行。

2015年1月に京浜東北線新子安で働くことになって以来、片道30qあることから頻繁に自転車通勤することがなくなっていた。そのため、自転車熱が若干失せていた感じである。
2015年8月のパリブレストパリには何とか完走したが、その後トレーニング目的での自転車走行はほとんどなくなりロングライド力の低下を感じていた。特に2017年はブルベと言う長距離自転車走行イベントの完走が一度もなかった。

2018年1月いっぱいを以て工場と倉庫の立ち並ぶ灰色の街新子安への通勤が終わり、3月1日から再び東京で働くことになった。そのため自転車通勤も毎日できるようになった。自転車に毎日乗れるようになると、それにつれて自転車に乗る意欲も出てくる。

そんなわけで、久方ぶりに荒サイでも走ってみるかと思い立った。ちなみに当局は荒サイのことを緊急用河川管理道路とかなんとかと呼んでいるようだが、荒サイの方がワタシにとっては通りがいいので、当局の意に反して荒サイで押しとおす。

家から大体5キロくらい一般道を走行し、清砂大橋のあたりから荒サイに入る。例によって河口から河上に向かって走行するときは追い風バシバシだが、河上から河口に向かうときは向かい風バシバシ。ひとはそれを荒川峠という。こればっかりはどんなに国土交通省が荒サイを補修したところでどうにもならない。

2〜3年ぶりに走行した割には、特にこれといった風景の変貌はないように思える。所詮河原の道路なので、ドラスティックな風景の変貌のしようがない。

相変わらず野球少年が野球をし、サッカー少年がサッカーをしている。春分を過ぎて気候が良くなってきたので、一気に野球少年やサッカー少年が出てきた感じ。しかし少年たちは河原の球戯場でおとなしくそれぞれ球技に励んでいたため、自転車走行のジャマと言う感じではない。まぁしかし球戯場の近くでブラブラしている子供がいる場合には減速して注意する。荒川の河原の野球少年をみると、ところどころ女の子が混ざっていて興味深い。

堀切橋の手前の河原には、10年程前にウサギを飼っていたアーバンジプシーの人が住みついていたが、最近このあたりが何だか開発されているようである。また野球場かサッカー場でも作るのだろうか。昔は野球の人気が圧倒的だったが、最近はそうでもなく、ずいぶんサッカーに人気を食われている感じである。地上波のテレビでの野球中継がなくなってから野球人気はウナギ下がり。

おそらく体を鍛えるという観点からいうと、心肺機能がものを言うサッカーの方が望ましいかもしれない。野球の場合瞬発力がものをいうので、少しくらいデヴで心肺機能に問題があっても選手としてやっていける。でもそういうのって歳を取ってから健康を害しやすいだろう。

自転車走行していると、ロードバイクで走行する人がチラホラと目立つ。ワタシが自転車を本格的に初めて荒サイを走行するようになってからもう14年くらいになるが、荒サイをロードバイクで走行する人はずいぶん増えたような気がする。むろん以前から少なからぬ人がロードバイクで荒サイを自転車走行していたが、そのころよりも増えている。14年前に比べると、自転車をずいぶん市民権を得たものだと思う。

10年程前の道路交通法改正の時に、「自転車は全部歩道に上げてしまえ」という警察庁の動きがあり、疋田智さんを中心とするツーキニストや、第二東京弁護士会がこれに対してパブリックコメントやシンポジウムなどで実に知的な反撃をした。
これが奏功したためか。自転車は全部歩道に上げてしまえという動きは雲散霧消し、かえってそれを契機に自転車の有効活用が役所でも徐々にではあるが検討されるにいたった。
そんなわけで、もはや健康によく機動性のある自転車という交通機関の位置は不動のものになり、今や交通政策においても自転車を無視する方向に逆行することはありえなくなってきている。
近時は道路上に矢羽マークで自転車の通行帯を示すことが多くなってきており、車道における自転車の地位が徐々に認められつつある。10年程前の道路交通法改正のころの「自転車は歩道に上げてしまえ」という動きとは隔世の感がある。

14年前に比べると荒サイ上でロードバイクを楽しむ人が増えたことからそんなことを思った。

荒サイを20q弱走行すると、岩渕水門に着く。ここは隅田川と荒川の分岐点。かつては隅田川が荒川の本流だったが、水害対策の為岩渕水門近くに放水路を作り、これが現在の荒川になっている。岩渕水門で自転車を降り、隅田川と荒川の分岐点のあたりを眺める。

岩渕水門から清砂大橋に向かって走行すると、例によって向かい風で荒川峠。荒川峠を通るのも結構久々である。大体時速25キロ前後で走行する。ところどころ見かけるロードバイクの人もなかなかスピードが出ない感じなのでぶっちぎらせていただく。それでもまぁ20キロ弱と距離はさほどでもないのでそれほど負担という感じでもない。

そんなわけで久方ぶりに荒サイを堪能して帰宅する。平均速度は時速27キロちょうどとまぁまぁの感じ。これからも時々荒サイを走行したい。

これで3月18日(日)〜3月24日(土)までの週間走行距離は87.66q。

人気ブログランキングへ←他のブログも面白いですよ
posted by goiss at 20:29| 東京 ☀| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月23日

2018年3月23日の自転車通勤

【往路】

走行距離:6.36km 走行時間:0:15.34 最高速度:39.0q/h 平均速度:24.6km/h

この日NHKの朝ドラを見た後、あさイチで松任谷由実が出演していた。なんでも松任谷由実が民放の番組の生放送に出演するのは、NHKの紅白歌合戦を別とすれば、1992年の笑っていいとも以来(なお、あさイチでは番組名をぼかしてその旨紹介していた)。あさイチを見ていた人にはわが目を疑った人もいたのではないかと思う。
いよいよあさイチで有働&イノッチのコンビが出るのも来週限り。この日豪華ゲストが出てくる反面長きにわたってあさイチの顔をつとめたコンビがいなくなるのはさびしい。

思えば朝NHKの連ドラをみたあとあさイチを見てからの出勤を始めたのは2010年6月から。その後転職により2015年1月から出勤時間が早まってかつ1時間10分に伸びて連ドラやあさイチを見られなくなり、そうした生活が2年近く続いてそろそろいやになったため真剣に転職活動を始め、およそ1年ほどしてこの3月に転職した。
そんなわけで、再びNHKの朝ドラとあさイチをみてから、しかも自転車で通勤できるようになって非常にうれしい。

まずは例によって三つ目通りをドヒャーと走行する。三つ目通りの首都高木場入口のあたり、首都高に乗ろうとする自動車、特にトラックが多いので少々注意する。木場入口を過ぎてからは交通量もそれほどでもないので快走できるが、信号が多いので大体500メートルに1回くらい止められる。しかし三つ目通りも大きい通りなので、それほど長くは待たされない。路駐が時々あるので、後方を目視のうえ路駐の自動車を避ける。

本所三丁目交差点を左折して春日通りに入ったところ赤信号で止められる。その先も見事に赤信号が3つくらい連なっていてランタンルージュという感じ。ランタンルージュが次々と青になって自転車走行を開始できるが、まぁ大体500メートルくらい行った厩橋の手前、本所一丁目交差点で止められる。
本所一丁目交差点では、厩橋の手前で左折する自動車が多いのでそれらに気を付けて直進し、厩橋を渡る。以前は隅田川を渡るときは隅田川最南端の橋の勝鬨橋を渡っていたが、今回はだいぶさかのぼって厩橋。

この日は厩橋交差点を信号待ちせずに通過でき、寿三丁目交差点をさほど待たされずに渡ることができたので実にスムーズに自転車基地にたどり着く。自宅から執務先までドアドアで30分。今年の1月まで働いていたところへの通勤と比べて通勤時間が半分以下に短縮されてめでたしめでたし。平均速度は24.6kmだったのでまぁまぁの走行か。

【復路】

走行距離:6.18km 走行時間:0:14.47 最高速度:34.9q/h 平均速度:25.2km/h

この日だいたい午後7時くらいに自転車基地を出発。まずは厩橋を渡って春日通りを走行する。二車線道路でそれほど自動車は多くないため、厩橋から本所3丁目交差点まで信号待ちなしに一気に行ける。

本所三丁目交差点を右折して後は三つ目通りをズビャーと直進するだけ。これほどわかりやすい通勤路は初めて、工場と倉庫が立ち並ぶ灰色の街新子安に3年間も遅い、止まる、混むと三拍子そろった最悪の京浜東北線で通っていたのだから、このくらいのアドバンテージある通勤経路をとおってもいいだろう。

まぁそんなわけでこの日は特に特筆することなく無事帰宅。平均速度は時速25キロ台だったので、まぁまぁと言えよう。

人気ブログランキングへ←他のブログも面白いですよ
posted by goiss at 23:00| 東京 ☁| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月22日

2018年3月22日の自転車通勤

【往路】

走行距離:6q少々 走行時間:16分少々 最高速度:38q/hくらい 平均速度:22.7km/h
(サイコンでの記録はとったが、平均速度以外の記録を失念)

さておととい昨日とさほど天候がよくなかったため自転車通勤はしなかった、一昨日は朝は確かに雨であったが、小雨程度で、夕方には雨は上がっていたため、自転車通勤してもよかったかなと思う。昨日は祝日でしかもマル一日雨、さらに最高気温は摂氏7度と、とても春分の日とは思えない気候。自転車乗っても楽しくなさそう。

この日は雨は上がり、気温はさほど高くはなかったが自転車こいでいるうちに暑くなってくるのでまぁいいやと思って自転車通勤する。

まずは例によって三つ目通りを5キロほど直進する。永代通りを越えて首都高速道路の木場入口のあたり、自動車が渋滞していて、しかも首都高の木場入口に左折する自動車に注意しなければならない。そのためこの辺注意深く走行する。

ここを抜けてバシバシ走行する。しかし信号が多いのでそれほどスピードを上げてバシバシ走行しても仕方がない面はある。大体500メートルごとに1回くらいの感じで信号に止められる。ここはインターバルトレーニングと思って強度のある自転車走行をする。

本所三丁目交差点を左折して春日通りに入る。さすがに自転車通勤を初めてしばらくたつと、もうコースを覚えてしまって道を間違えることもなくなる。

厩橋を越えて、厩橋交差点を信号待ちすることもなく青信号で通過する。ここで信号で待たされないとソコソコ時間を短縮できる。この日はかなり効率的に自転車走行できたので自宅のドアから自転車基地のドアまで大体20分少々で到着できる。職場まででも30分少々くらいの感じ。電車を使用した場合よりちょっと早い。

平均速度は時速23キロを割っているが、比較的交通量が多い中慎重に走行しているのでやむを得ないか。

【復路】

走行距離:7.08km 走行時間:0:16.55 最高速度:38.8q/h 平均速度:25.2km/h

大体午後7時過ぎくらいに自転車基地を出発する。まずは春日通りをまっすぐ走行して厩橋を渡り、本所3丁目交差点を右折して三つ目通りに入る。大体1q位の走行距離のためあっという間という感じ。

三つ目通りに入ると、帰宅まで5qほどひたすらまっすぐ。交通量がべらぼうに多いというわけでもないので走行はしやすいが、しかしところどころ路駐の自動車を避けるために後続の自動車に注意したり、信号に止められたりということがあるので、まぁソコソコの速度という感じ。それでもやっぱり自分の力を唯一の動力源として自転車で快走するのは楽しい。

大体菊川駅前交差点あたりが家までの中間点、そこから先ちょっと走行すると、緑が濃くなってきて木場公園が左に見える。東京にも結構大きい公園があるもんだなぁと思う。

木場公園を過ぎ、永代通りを渡って帰宅する。この日は郵便をポストに出していったので、若干走行距離が伸びた。平均速度は時速25キロを超えているので、まぁまぁの走行だったか。

人気ブログランキングへ←他のブログも面白いですよ
posted by goiss at 22:36| 東京 🌁| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月19日

2018年3月19日の自転車通勤

【往路】

距離:6.35km 時間:0:16.43 最高速度:36.0km/h 平均速度:23.0km/h

片道30キロの自転車通勤だと、途中で雨に降られた場合を考えて若干でも天気が悪いと自転車通勤することを躊躇するが、片道6キロくらいであれば途中で少々降られたところで大したことはないので安心して自転車通勤できる。そんなわけでこの日は曇りであるが、まぁ途中で降られることはなかろうと踏んでの自転車通勤である。帰り降られたときは自転車基地に自転車を保管して電車で帰宅。

かつて新子安まで通勤していたときは比較的早めに家を出ることを強いられ、小学生の集団登校と一緒に家を出ていた。そのためマンションのエレベーターで小学生が次々と乗り込んできてエレベーターが混雑したり各階で止められたりして不愉快だった。ついでに通勤の人も結構乗り込んできてエレベーターに乗る前や乗った後が一苦労だった。そういうことがなくなってすごくうれしい。

まずは三つ目通りをズビャーと5キロほど。交通量はさほどという感じはしないが信号がいかんせん多い。ワタシも15年近く自転車通勤をしてきて、しかもその間あちらこちらと働くところを変えてきたが、今回の通勤経路はおそらくもっともストップ&ゴーを頻繁に繰り返すコースだと思われる。大体菊川交差点が中間地点という感じ。

この日は三つ目通りを本所3丁目交差点まで5キロくらい走って春日通りに入り、無駄なく自転車基地まで走行する。無駄なく自転車で走行して家から自転車基地までドアドアで30分もかからない感じ。平均速度は時速23キロちょうどであるが、都心の移動にはこんな感じで十分。

【復路】

距離:6.18km 時間:0:14.36 最高速度:38.6q/h 平均速度:25.5km/h

この日夜から雨になるらしく、帰宅に自転車を使えるかどうか若干心配ではあったが、帰宅時にはほとんど降っていなかったので自転車での帰宅とする。片道30キロの自転車通勤だと途中で雨に降られた場合に困るが、たかだか6q程度であれば余程激しく降られない限り途中で降られても問題はない。

そんなわけでまずは春日通りを1キロ少々走行して本所三丁目交差点までいたる。ここは交通量はまぁまぁあるものの2車線道路のため比較的走行しやすい。

本所三丁目交差点を右折して三つ目通りに入り、ここを5キロほどひたすらまっすぐ走行する。ここも夜に入って決して交通量は少ないとは言えないが、二車線なので走行しやすい。

蔵前橋通りとか京葉道路とか、大きい通りと交差するためそこでの信号待ちはやむを得ない。しかし信号待ちは予想したほどではない。菊川駅前交差点が大体中間地点。

菊川駅前交差点を過ぎてしばらく走行し、橋を渡るとだんだん深い緑が見えてきて、そこらへんが木場公園一帯であることがわかる。東京にも意外とでかい公園があることがわかる。

木場公園を横目に見て永代通りを過ぎ、しばらく走行して自宅にたどり着く。平均速度は25.5km/hなので、信号待ちで減速を強いられたりした割にはまぁまぁの快走だったかなと思う。

翌日はマル一日雨模様のようなので、仮に本日自転車基地に自転車を置いておいたとしても翌日自転車での帰宅は難しそう。本日のうちに自転車で帰宅して家に自転車を置いておけるようにしてよかった。

人気ブログランキングへ←他のブログも面白いですよ
posted by goiss at 21:04| 東京 ☁| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年3月14日、15日の自転車通勤

【3月14日〜往路】

さて3月14日も天候に問題がないので自転車通勤にセッセと励む。自転車通勤しない場合、木場〜門前仲町という、日本で最も混雑する東西線の、日本で最も混雑する区間を、日本で最も混雑する時間帯に電車で過ごさなければならないので、自転車通勤できるかできないかは死活問題である。
私は今年の一月いっぱいまで京浜東北線を使って工場と倉庫ばかりが立ち並ぶ灰色の街新子安に通勤していたが、その時の有楽町〜浜松町間の混雑はすごかった。木場〜門前仲町間の混雑は、有楽町〜浜松町間の混雑で一応慣れてはいたものの、やはりイヤなものはイヤである。そんなわけでよっぽどのことがない限り何とか自転車で通勤する。

例によってまずは三つ目通りをドヒャーと5キロほど走行する。それほど走っていて面白いという道路ではないが、そもそも都心の道路とはこんなもの。それよりも、毎日自分の力を唯一の動力源として機動性のある交通手段を使えるメリットの方が大きい。ワタシは通勤時に割と手を抜かないで自転車をこいでいくタイプなので、朝の目覚めの運動として自転車通勤は有用である。本所三丁目交差点までいくつかの交差点の信号で止められるが、信号の待ち時間はそれほどでもないのでまぁいいかと許せる感じ。

本所三丁目交差点を左折して春日通りを走行し、厩橋を渡って寿三丁目交差点を右折し、そのまま細い路地を走行して自転車基地に向かう。厩橋交差点と寿三丁目交差点でまぁまぁ待たされるので、通勤時間節約のためには厩橋交差点から別ルートを使って自転車基地に向かうことも考えられる。

この日もサイコンの装着を忘れたので、走行記録はとっていない。大体走行距離は6q少々という感じか。この日帰りに飲み会があるので、復路は電車で帰宅。

【3月15日〜復路】

前日電車で帰宅したため、この日は往路は電車。日本最悪の混雑路線の東京メトロ東西線の、日本最悪の混雑区間木場門前仲町間を、ピンポイントで利用しなければならない。混む、止まる、遅いと三拍子そろった京浜東北線での通勤を3年間送ったため、混雑状況には若干慣れたとはいうものの、東京メトロ東西線はできるだけ利用したくない。そのため東西線利用区間を木場門前仲町の最小限に設定し、門前仲町で都営大江戸線に乗り換える。
都営大江戸線は両国方面を利用するため、かなり空いていて座って通勤できる。その反対方向の車両はかなり混んでいる。大江戸線は比較的すいているという印象を持っていたが、都心に向かう電車はやっぱり混んでいた。

そんなわけで、この日は帰路のみ自転車。例によってまずは寿三丁目交差点から本所三丁目交差点まで1キロ少々春日通りを走行し、本所三丁目交差点を右折して三つ目通りを5キロほどドヒャーと走行する。とても分かりやすい通勤区間。通勤区間はわかりやすいが、交通量は少なくなく、信号は多い。そのため、それほど力むことなく自然体で走行する。毎日自転車通勤をするようになって意外と日が浅いので、以前毎日自転車通勤をしていたころに比べると若干の衰えは感じる。まぁそこは慣れによって大分改善はされるであろう。

そんな感じで三つ目通りを走行して帰宅する。途中いつもお世話になっている自転車屋さんに注文していたサドルバッグを引き取っていった。いつもお世話になっている自転車屋さんはサイクルショップヨシダという屋号だったが、最近別の場所に引っ越して走輪舎BIKE&TECHと屋号を変えて営業している。

この日もサイコン装着を忘れたので、走行記録はとらない。3月16日は夜立ち寄りの用事があり、かつ週末の間自転車基地に自転車を保管しておかないので、自転車通勤はしない見込み。

人気ブログランキングへ←他のブログも面白いですよ
posted by goiss at 20:16| 東京 ☁| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月17日

2018年3月13日の自転車通勤

【往路】

3月13日天気がいいので自転車通勤。例によってまずは三つ目通りを5キロほどズビャーとまっすぐ走行する。三つ目通りはいつ走行しても自動車が多い。2車線あってまぁまぁ走行しやすいが、他方以前通勤で走行していた第一京浜のような広い道という感じでもないので、ソコソコ自動車に注意する。3月11日に300キロブルべで300キロほど自転車走行したため、若干足がこわばっている感じ。しかし脚を鍛えると思って通常と同様のペースでバシバシ走行する。

本所4丁目交差点を右折して春日通りに入り、厩橋を渡るつもりだったが、間違えて本所3丁目交差点を右折してしまい、なんだか細い道に出てしまった。ここをまっすぐ行けばどうせ清澄通りに出るからそこを右折して本所1丁目を左折すればいいやと思って細い道を走るが、右折箇所が1つ増えたので、タイムロスは否めない。しかし時間には余裕があるので焦らず安全に走行する。

そんなわけで細い道を走って清澄通りを右折し、さらに本所1丁目を左折して春日通りに入り、寿3丁目交差点を右折して自転車基地に至る。それでも家から自転車基地まで大体30分くらい。そこから職場までは5分とかからない。ワタシが新子安という工場と倉庫ばかりの灰色の街に片道1時間10分もかけて通勤していたのがうそのよう。

【業界団体往復】

ワタシが職業上所属している団体が霞が関にあって、そこへの用事のため自転車で出かける。自転車基地からその団体まで片道6q位。30分もあれば余裕で到着できる。電車でそこまで行くと、電車での移動のほか徒歩乗換などあって、なんだかんだで40分はかかる。自転車の方が早い。勝間和代は都心での移動手段は自転車が最強と言って20年近くも自転車生活をしているが、全くその通り。都心の移動は自転車に限ると思う。

自転車基地から蔵前橋通りを走行して江戸通りに入り、江戸通りをひたすらズビャーと走行する。江戸通りは道幅広くて走行しやすい。しかし浅草橋交差点の信号で若干待たされる。江戸通りの新常盤橋交差点を通り越して少し線路沿いに走行すると、永代通りに突き当たるのでそこを右折し、さらに大手門交差点を左折して直進すると、日比谷公園の向かいに目指す場所がある。大手門交差点から内堀通りに至るまでは、結構自動車が多いので、かえって歩道を走行した方がいいかもしれない。

帰りは来た道を逆に走行する。まぁ30分もあれば余裕。

【復路】

自転車基地から春日通りを1キロほど走行する。夕方なので交通量多め。自動車に気を付けて走行する。

本所3丁目交差点を右折して三つ目通りに入り5キロほど走行する。以前も片道6キロ〜7キロほど自転車通勤することがあったが、曲がり角は結構多かった。今回の順路では曲がり角は3か所。結構わかりやすい。さすがに三つ目通りも夕方だけあって交通量が多いが、二車線あるのでまぁまぁ走行しやすい。まっすぐ平らで自動車は比較的多め。走っていてそれほど感激があるという感じの道ではないが、しかし電車通勤に比べると圧倒的に楽しいし、しかも速い。そんな感じで走行して帰宅する。

この日サイコンを忘れたので、走行記録はなし。大体24キロくらいの走行になるか。

人気ブログランキングへ←他のブログも面白いですよ
posted by goiss at 00:08| 東京 ☁| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月07日

2018年3月6日の自転車通勤

【復路】

距離:6.22km 時間:0:16.17 平均速度:23.0km/h 最高速度:35.7km/h

前日強い雨になって自転車基地に自転車をおいて帰宅したので、この日の往路は電車で出勤する。電車で通勤する場合、ワタシは東京屈指の混雑路線の混雑区間を一駅だけ使う。執務先に向かう電車の乗り換えによっては三駅先になることもあるが、さすがに東京屈指の混雑路線に三駅も乗りたくない。そこで混雑路線屈指の混雑区間を一駅で済ませて乗り換え。こちらの路線は混雑していなくて、座って執務先に行ける。

従前横浜が執務先であり、電車だと1時間10分、自転車だと1時間半通勤にかかった。自転車で1時間半通勤に使うのはトレーニングになっていいが、毎日は無理で、やはり電車での通勤が主となる。そうなると、電車での通勤が1時間10分というのは、壮大な時間の無駄である。
しかも、ワタシが働いていたのは、新子安という、工場と倉庫が立ち並ぶ灰色の街である。そんなところに3年間も通っていた。毎日通勤で通っていて面白くもなんともない。よくもまぁ3年間も通ったものだ。今後は仮に1兆円出されてもそこで働くのは金輪際ごめんである。

これに対して、3月1日からは、電車でならドアドアで35分程度のところで働くことができるようになった。自転車でもほぼ同じような時間で通勤できる。これで通勤に使うための時間を大幅に節約することができた。さらに、通勤距離はだいたい6キロくらいで、少々物足りないきらいはあるものの、毎日自転車で通勤できる距離になった。

そんなわけで自転車通勤は復路のみ。まずは自転車基地から春日通りを経て本所1丁目交差点を右折して清澄通りを走行し、石原1丁目交差点を左折して石原3丁目交差点を右折し三つ目通りに出る。
これはマップファンというサイトで検索した結果出てきたルートである。しかし、三つ目通りに出るんだったら、春日通りを直進して本所3丁目交差点で右折した方が曲りが少なく、はるかに時間を節約できそうである。

三つ目通りにさえ出てしまえば残りズビャーとまっすぐ行って帰宅できるのでとてもわかりやすい。ワタシが今まで使った自転車通勤道路の中で、距離とわかりやすさの相関関係からすると、おそらくベストな自転車通勤だろうと思われる。今まで3年間1時間10分もかけて倉庫と工場が立ち並ぶ灰色の街に通うという、我が通勤史上最悪の経験をした、いわば3年をかけた罰ゲームともいえる通勤をしてきたのだから、このくらいの良い自転車通勤をしてもいいだろう。

夕方の三つ目通りは交通量は少なくないが、まぁまぁ走行に困難と言うわけでもなく、楽に走行できる。しかしそれでも道路交通状況には注意する必要があるため、平均速度は時速23キロくらいにならざるを得ない。まぁいいか。

人気ブログランキングへ←他のブログも面白いですよ
posted by goiss at 07:51| 東京 ☁| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする