2008年02月09日

2月8日の自転車通勤

【2月8日】(シラス)

走行距離14.39km 走行時間 0:35’30 平均速度 24.3km/h 最高速度 40.9km/h 積算走行距離14202km

往路:家→適当→越中島通→清澄通→晴海通→内堀通→桜田通→役所
復路:役所→適当→祝田通→晴海通→清澄通→適当→家

【往路】

 この日天気は晴れ、最高気温は8度程度なのでそれほど高くない。しかしこの程度であれば自転車走行には全く問題はない。加えて今週末またしても雪になりそうなので、自転車に乗れるときは寸暇を惜しんで乗らないと乗れない日々が続いてしまう。そういうわけで、この日も自転車通勤にいそしむこととする。

 この日ウィンドブレーカーを着て寒さに備える。風さえシャットアウトできれば寒くない。しかしウィンドブレーカーを着ることによる空気抵抗は馬鹿に出来ず。こいでもこいでもそんなにはスピードが出ない。自転車はとても空気抵抗を受ける乗り物である。しかし自転車は空気抵抗を人間の力だけで跳ね返す乗り物である。空気を汚しながら化石燃料の力を借りるのではなく、人一人の力だけで走行上の困難に対抗してすすむところが感動的である。
 空気抵抗が大きいと、たしかにスピードが出ないのは不便でつまらないが、そうはいっても運動量が減ったというわけではないので、十分なエクスサイスができているかどうかという観点からすると全く問題はない。

 最初5分も走ると体があたたまってウィンドブレーカーでは厚着だったかなと思う。現に自転車で役所に到着する頃には若干汗ばむくらいである。しかし風が吹くと体感気温が下がるのでやっぱり冬にはウィンドブレーカーははずせないなと思う。

 この日越中島通から清澄通へと快走し、勝どき駅前交差点を右折して晴海通を走行する。この日晴海通はさほど混雑しているという印象はない。そのため楽しく快走できる。快走できると行ってもウィンドブレーカー着用による空気抵抗があるのでさほどスピードが出るわけではない。そんな調子で築地〜東銀座〜銀座と駆け抜けて日比谷通を渡り、内堀通に入って閑静な官庁街を左にみつつ走行する。

 桜田通に折れて走行する。基本的には閑静な官庁街が広がっているが、東京地裁の前だけはタクシーが二重に駐車している。こういうやつらが道路交通を阻害しているのだ。道路族の先生方が、道路の必要性を半ば感情的に絶叫しているが、こういう路上駐車による道路交通の阻害など、道路交通が停滞する要因を一つ一つ検討した上でこれを排除する努力をすれば、道路なんか造らなくても達成できる交通渋滞緩和はいくらでもあると思う。

 そういうわけで桜田通から霞ヶ関坂を上って役所に到着する。平均時速は時速24km程度なので、やはり冬は着ぶくれするから空気抵抗のためスピードが落ちるなぁと思う。

【復路】

 この日午前0時半ころ役所を退庁する。例によってタクシーが多い。特に年寄りが運転している個人タクシーが危ない。こいつらの中には露骨に幅寄せしてくるやつがいるので注意。年寄りの個人タクシーくらいの年代の連中は、モータリゼーションの洗礼を受けた連中であるため、道路自動車中心主義、自転車は歩道を走れと頭が凝り固まっている。そういうやつらはとっとと死んで欲しいと思う。否、死ななくてもいいから自動車で走行しないで欲しいと思う。

 この日は役所から霞ヶ関坂を下り、桜田通を渡って祝田通に出る。晴海通を通って勝どき駅前交差点に至り、そこから清澄通を通るコースをたどる。丁度往路と同じコースである。この日早いところ帰宅したかったので、役所から自宅までの最短コースとしてこのコースを選択した。
 途中、三原橋交差点近辺で個人タクシーが幅寄せしてきたのに対してファックユーした他は、特に問題もなく走行して帰宅する。この日平均速度が時速24.3kmだったので、やはりウィンドブレーカーの空気抵抗のためかなと思う。それに平均速度が下がったのは久しく洗車していないせいもあるかと思う。今週末は天気が悪そうなので、この間に自転車を洗車してしまおうかと思う。

人気blogランキングへ←是非ワンクリックをお願いします。


posted by goiss at 02:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。