2017年05月17日

2017年5月17日の自転車通勤

【復路】

距離:29.96 時間:1:08.38 平均速度:26.2km/h 最高速度:37.1km/h

さて前日夜用事があって自転車は自転車基地において電車で帰宅したため、往路も電車を使う。ところがこの日京浜東北線に乗ろうとしたところ、新子安駅で急病人の救助のため電車が遅れているとのこと。全く線路立ち入りだ踏切立ち入りだ急病人救助だと毎日のように電車が遅れていて京浜東北線は公共交通機関の用をなしていない。

この日午後6時10分ころ自転車基地を出発する。この日は若干お疲れ目で、朝の往路走行ほどは調子よくないので、あまり無理せず30km/hくらいの緩い感じの走行をする。

それにしても、こいでもこいでもどうも自転車が前に進む感じがしない。どうもおかしいな〜と思ったら、若干の向かい風が吹いていた。前方にロードバイクが走っているが、向かい風でスピードが出ないのでぶっちぎる自信がない。しかしそれでもゆるゆるとこいでいると、結局は前方を走るロードバイクをぶっちぎってしまう。

川崎に近づくにつれて向かい風は強くなり、六郷橋を渡るあたりで一番強くなってゆるゆる走行になる。この日ややお疲れ目であることもあいまって調子が出ない。

六郷橋を渡って東京都に入るが、京急蒲田に至るまで結構自動車が渋滞してノロノロ走行を強いられる。まぁあんまり調子が良くないのでノロノロでも構わないような気もするが、やはり自分の走行ペースをノロノロ渋滞で乱されるのは愉快ではない。

京急蒲田を通り過ぎると、若干走行しやすくなって大森に至る。大森警察署近くの立体交差のあたりで、ロードバイクの人が、信号が黄色から赤になってから、信号を守って止まればいいのに赤信号を無視して急加速して通り過ぎようとしたところ、青信号を渡る自転車と接触して派手に転倒していた。全く馬鹿なロードバイク乗りである。肋骨でも折ったんじゃないかな。

青信号を渡る自転車も転倒していた。赤信号を無視したロードバイク乗りなんか別に死んだって構わないと思うが、青信号を守っていた自転車の人に怪我がなかったかどうかが心配である。

大森の立体交差を過ぎて平和島口交差点を通り過ぎ、大森海岸に至るともう道半ば。このあたりになってようやくいつもの調子が出てくる。この辺から立会川〜青物横丁〜北品川といったあたり、二車線になって道幅は狭くなるが、交通量がべらぼうではないので走行しやすい。ところどころ路駐の自動車があるので、それを避ける時だけ後方に注意して走行する。

北品川のあたりを通ると視線の向こうに品川のビルコンプレックスが見えて都心が近くなった感じ。このあたりから新八つ山橋交差点まで若干の坂になっているが、4月初めに比べると苦も無く上れるようになった。4月初めから片道30qの自転車通勤をしている効果が出てきたか。

新八つ山橋交差点を超えてドヒャ―と坂を下ると品川。幸い信号が青だったので、タクシーに気を付けつつも快走する。このあたり道が広くて路面が良好なので走りやすい。

東新橋1丁目交差点を右折して新大橋通りへと向かう。この日先週金曜の復路でであったクロスバイク乗りにまた遭遇する。無理せず新大橋通りでぶっちぎる。この時個人タクシーが変に幅寄せ気味に走行してきたためファックユーしてやる。

あとは晴海通り〜清澄通り〜越中島通りと走行して帰宅する。清澄通りはこの時間帯スクランブル交差点で歩行者用信号が青になっている場合があるので歩行者に気を付ける。

この日調子があまりよくなくてしかも向かい風もところどころあったため、平均速度は25q/hそこそこくらいかと思ったら、意外とそうでもなく、26.2km/hだった。ちょうど4月に片道30qの自転車通勤を復活させた頃の調子のいい時の速度くらいの感じであった。

この日特筆すべきは、なぜか車道右側走行の自転車が多かったこと。5人いた。今までは車道右側走行の自転車とすれちがうことはほとんどなかったものだったが。たまにはそういう日もあるのだろう。

人気ブログランキングへ←他のブログも面白いですよ
posted by goiss at 22:25| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449980329
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック