2017年05月11日

2017年5月10日の自転車通勤

【復路】

距離:30.34km 時間:1:08.09 平均速度:26.7km/h 最高速度:45.5km/h

この日ワタシの執務先での飲み会があったのだが、自転車基地から自転車で帰宅するため、当然アルコールは摂らずにソフトドリンクを摂る。この日自転車で帰れば昨日に続いて自転車に乗れるし、しかも木曜日金曜日と天気に問題がないので二日とも自転車に乗れる。やはり日を空けずに毎日乗ることがトレーニングとして望ましいと思われる。

そんなわけで、大体午後9時半前後に自転車基地を出発する。最初いい感じで走行してきたが、急に右のふくらはぎがつってくる。最初だましだまし走行していたが、激烈にふくらはぎがつってちょっと走行できない感じになる。そこで立ち止まってストレッチをしたり水を飲んだりして休む。

しかし、2〜3q走行すると、また激しく右のふくらはぎがつってきて走行できなくなり、また立ち止まってストレッチをしたり水を飲んだりする。そうこうしているうちに今度は左のふくらはぎがつってくる。気合を入れて走行しているとどっちかのふくらはぎがつってくる感じ。

近時暑くなってきて、ちょっと自転車走行すると結構汗だくだくになり、水分や電解質が失われてふくらはぎがつるのかもしれない。これからの季節、ボトルには単なる水じゃなくポカリスエットのような電解質飲料の方がいいかもしれない。

さすがに午後9時半を過ぎるとそれほど交通量も多くないので、走行自体は実に快適である。ただふくらはぎがつるのには参った。

自転車基地から7qほど走行して六郷橋を渡り、「県」から「都」に入っても、時折右のふくらはぎがつる。時に激しくつるため休むこともあるが。だんだんとだましだまし走行するコツみたいなものがつかめてきた感じ。「ピキっ」とくる感じがあったらちょっと足をのばしめにして足をとめ、つった箇所を軽くモミモミするとなんとなくごまかせる。

そういうわけで、ふくらはぎがつるのをだましだまし走行していたため、気合を入れた快走爆走と言う感じではなく、おっかなびっくり走るという感じである。

平和島口交差点のあたりまではふくらはぎがつるのをだましだまし走り、信号待ちをするたびにストレッチをしてつらないようにしていたが、その後はさほどつることもなかったので、ようやくふくらはぎのつりを気にすることなく走行することができた。

品川のあたりから都心の雰囲気が立ち込めてきて、タクシーの数が多くなってきた。夜も午後10時半を過ぎると、タクシーが徐々に増えてきて、時折ジャマだが、まぁ走行のペースにはそんなに影響しなくてなかなか調子よく走行できる。そのため、いつもは東新橋1丁目交差点を右折して新大橋通りに向かっているのだが、この日はそこをうっかり通過して外堀通りの方に行ってしまった。仕方がないので昭和通りから晴海通りに入る。このコースは自動車が結構多くてあまり好きではない。ノロノロ走行するトラックに気を付けながら走行する。

晴海通りから清澄通り、越中島通りをとおって帰宅。ふくらはぎのつりをだましだまし走行していたので、平均速度は25km/hを割っているかもな〜と思っていたが、意外とそうでもなくて26.7km/h。ここ数週間片道30kmの自転車通勤をしているので、自転車の実力がついてきたかもしれない。

人気ブログランキングへ←他のブログも面白いですよ


posted by goiss at 00:46| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック