2017年05月09日

2017年5月9日の自転車通勤

【往路】

距離:30.26km 時間:1:04.02 平均速度:28.3km/h 最高速度:?(サイコン表示は105.9km/h)

さてこの日4月19日以来久々に自転車通勤。4月は3週間の間、週2回のペースで自転車通勤した。4月の最終週は天気が悪かったり夜用事があったりと結局自転車通勤せずじまい。5月の第一週はGW休暇で一週間休み。そんなわけで2週間空いてしまったが久々の自転車通勤である。大体午前7時15分前後の出発なので、まぁ大体午前7時半すぎくらいには自転車基地に着く感じ。

電車通勤の場合は、線路内・踏切内に人が立ち入ったとか、急病人の救助とか、駅構内で非常停止ボタンが押されたとか、落し物を拾うとか、乗客同士のけんかとか、ひどいのになるとお客様混雑とかで電車が止まって遅れることが多い。ワタシは電車で通勤する場合には京浜東北線を使っているが、京浜東北線は走行距離が長いことから、それだけトラブルも多く、結構頻繁に電車が止まって遅延する。それでも公共交通機関としての用をなしているのは奇跡に近い。

これに対して、自転車通勤の場合はそうした事態は皆無である。いつも通りに走行していれば、いつも通りに到着する。体調とか気候天候とか道路状況の違いはあるが、まぁ大した差異は生じない。第一京浜には歩行者用信号の押しボタンはあっても非常停止ボタンはないし、道路内に立ち入って交通を止める馬鹿はいない。しかも電車通勤の場合には通勤時間はひたすら移動と忍耐の時間であるが、自転車通勤の場合には通勤時間はトレーニングと趣味の時間である。これで時間的に大差ないと思えれば、通勤手段として自転車通勤の方が勝るのは明らか。ちなみにワタシの場合、ドアドアで15分〜20分程度の違いという感じ。

例によって越中島通り〜清澄通り〜晴海通り〜新大橋通り〜海岸通りを経て第一京浜に至る。ここまで大体5q〜6q位。この辺は都心部であり曲がり角が多く、まぁまぁ時間を要する。特に築地市場近辺は交通量が比較的多く、しかも仕事に自動車やターレを使っているので注意しながら走行する。それでも自転車は楽しい。

第一京浜に入ってからは自転車基地まで20キロ少々一直線なので走行しやすい。浜松町のあたりまで大体20分くらい。これは電車を使った場合よりも早い。この日は珍しく芝4丁目交差点で止められる。その先三菱自動車本社や森永製菓本社が立ち並ぶ田町に至り、そこで歩行者用信号が青になっていて大勢の歩行者が歩いていたので注意する。特に急いでいて決まってペンギンみたいな走り方をするオッサンに注意。そこから先札の辻交差点で待たされることなく直進する。途中海岸通りあたりで先方に見かけた自転車通勤と思しき人をぶっちぎる。

品川駅前で若干自動車が並んでいたが大したことはなくぶっちぎる。この辺りは路線バスがうろちょろしているので気を付ける。八つ山橋を渡ると第一京浜2車線になって若干道が狭くなる。北品川〜青物横丁〜立会川、といったあたり。そのため減速気味の自動車が増えるが、チンタラ遅いというわけではなく、自転車走行には差支えがないので快走できる。

鈴ヶ森〜大森海岸のあたりで道路が広がって走行しやすくなる。この辺り「大森海岸」と称していて、海岸の近くのような感じだが、第一京浜からは海岸近くである様子はうかがわれない。平和島とか大井ふ頭とか埋立地があって海岸風情が失われたのであろう。このあたりで大体道中半分くらい。

大森〜蒲田といったあたりを通過する。この辺京急だといっぱい駅があるが京浜東北線だと大森と蒲田しかない。だから大森から先は電車速い速い。大森あたりまでだったら自転車と電車互角という感じもするが、大森から先のマクリがすごい。

京急蒲田のあたり、ディープな蒲田の反対側に第一京浜が位置しているが、それでもいったん第一京浜をわたる歩行者用信号が青になると結構な人がわたる。その先走行していると、どういうわけかいつもは渋滞するはずのないところが渋滞している。仕方がないのでチンタラ進んでいくと、なんとまぁ1車線独占して観光バスが十数台ならんでいる。この近辺のどこかの学校の修学旅行だろうか。この近辺小学校〜高校まであるようで、この近辺が「六郷」という地名のせいかどの学校にも「六郷」がついている。小学校も六郷小学校。ちなみにワタシが卒業した小学校もココではないが六郷小学校。

観光バスが列をなして止まっている場所を抜けるといつもどおりの快走ができ、六郷橋を渡って川崎に入る。相変わらず新川橋交差点とゴム通り交差点で止められる。新川橋交差点の先で、ロードバイクに乗った威勢のいいあんちゃんが快走爆走していたが、ケイデンスが多い割にはスピードが出ておらずややギアが軽そうだった感じ。あまり自転車の乗り方を知らなそうに見えた。しばらく走って様子を見、これはワタシよりスピードがでないなとみるやぶっちぎる。

ゴム通り交差点をわたって横浜市、といっても鶴見区なので川崎の延長みたいな感じ。なんというかあか抜けない風景が続く。この沿線には「国道駅」という、昭和臭満載の駅があるが、立ち寄ってみたことはない。途中、猛スピードで走るアルファードがクラクションをけたたましく鳴らしながら走り、いかにも「県」に入ったな〜という趣を漂わせる。まぁこの近辺ド京浜工業地帯なのでそんなに行儀のいい感じの地域ではない。

そんなわけで鶴見〜新子安と走行して自転車基地に到着する。平均速度は28.3km/hだったので、なかなかの快走だった。まぁそうはいっても遅いときとの差は5〜6分くらいなので、平均時速の向上に命をかけるほどのことはない。しかし、このくらいの速さで走行できると、ここ1か月くらい自転車通勤をして少しはポテンシャルが上がったかと思う。

自転車基地として使用しているトランクルームを、今月から小さい面積のものにした。これでトランクルームの料金が今までの半額になる。これは大きい。自転車を立てておかなくてはならないので、そのためのスタンド(ミノウラのタンチョウというスタンド)を用意した。何とかトランクルームに収まってよかった。

人気ブログランキングへ←他のブログも面白いですよ
posted by goiss at 12:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449723174
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック