2016年06月17日

BRM528神奈川600興津ブルべ(その4)

【第3PC〜第4PC、ホテル】

さて次の区間は第3PCのサークルK東かなえ店を出て80キロほどひたすら国道152号線を走行する。この間辰野までほぼ天竜川と並行して走る。その後塩尻市内を通過し、サラダ街道をひたすら30キロほどまっすぐ走って第4PCのセブンイレブン西穂高店にいたるというおよそ110キロの道のりである。富士見峠より先の区間を伸ばしたためサラダ街道の区間は若干短縮されている。

第3PCから10キロほどは平坦だが若干交通量がある。そこから先松川町に入るまでの間に若干ののぼりがあり、松川町に入ってからズビャーと下る。そこから先駒ヶ根市までのおよそ20キロの間は、第3PCの阿南のアップダウンほどではないが、若干のアップダウンを伴う区間。脚にこたえるという感じではなく淡々と走行する。駒ヶ根に入るとなんとなく視界が開けてきて道のりが平坦になった感じ。実際はのぼり基調なのだが、あまりのぼりを感じさせず平坦基調という感じ。そのまま伊奈へと走る。

伊奈に入ると天竜川を右にみて走る形となる。神奈川400キロブルべでは漆黒の闇の中富士川を左に見て走るのが好きであるが、このブルべでも同様に闇の中を天竜川を右に見て走るのが好きである。このブルべの他参加者のブログをみると伊那で仮眠をとる人が多いようであるが、ワタシは第4PCまで走り切ってしまってそのあと塩尻で仮眠をとるつもり。そのため継続して闇の中を淡々と走行する。

南箕輪村に入ったあたりから若干ののぼりに入り、細めになった道を上っていくと、箕輪町の市街地に入ってパ〜っと視界が開けて明るくなる。田舎町が続いた中で妙にあかぬけた街の風景である。後で調べてみると、箕輪町は長野県で最も人口の多い町なので、なるほどという感じ。

第3PCから55キロほど走って沢上交差点を左折し、ほどなくして辰野町に入る。ちょうど第4PCまでの中間地点になり、休憩にちょうどいいセブンイレブンがあったので、そこに立ち寄って小休止する。若干眠くなってきたので、眠眠打破を買って飲む。これは意外と効いた。

セブンイレブンで一休みしてから15キロほど走行すると善知鳥峠。平坦〜ややゆるいのぼり基調のところを走っていて、何だかのぼりっぽくなってきたな〜と思い、そこを上っていくとなんとなく風景が峠っぽくなり、「あれ、そろそろ善知鳥峠だったかな」と思っていると、「分水嶺公園 善知鳥峠」の看板が出てくる。辰野側から上ると善知鳥峠は比較的緩い上り坂である。善知鳥峠を越えてから、下大門交差点までのおよそ5キロほどの間ズビャーと下りっぱなし。峠道のクネクネ区間は街灯がない区間もあるので慎重に下る。クネクネ区間を過ぎてまっすぐな下りの区間では、深夜ということがあって車どおりは少なく快適な下り走行を楽しめる。

下大門交差点を直進してちょっと上り、塩尻市の市街地に入る。人通りはまばらだが、市街地だけあってこうこうと街灯が照り明るい。塩尻駅のガードをくぐってしばらく走行して国道19号に出、そこを少々走ってサラダ街道に入る。

サラダ街道は一種の広域農道だが、国道19号線のバイパスとして使われているようで、ときおりでかいトラックが通過する。そのためか沿道には結構コンビニエンスストアが多い。あたりには田畑が広がって漆黒の闇。そのため、景色にはあまり趣はなく、闇の中を淡々と自転車で走る。途中かなり眠くなってきたので、コンビニに寄って眠眠打破をもう一本飲む。これは効くのだが、本来1日1本に限定すべきものであるため、あまり頻繁に摂取するというものではない。眠眠打破を飲んでシャキンと目覚め、平坦なサラダ街道で淡々とペダルの歩みを進める。比較的下り基調なので走行は楽。とにかくいつまでもどこまでも一定のペースで自転車をこぎ続けるという要求をみたすことができる道である。そんなわけで闇のサラダ街道を30キロ走るとセブンイレブン西穂高店に到着。

第4PCのセブンイレブン西穂高店に到着後、25キロほど走行すると、この日の宿泊地であるホテルルートイン塩尻北である。ホテルの予約をうっかり忘れていて、この近辺のホテルを取れず、今回の600キロブルべでは信州健康ランドの仮眠室で仮眠することになるかなと思っていた。ところがブルべの数日前に念のためホテルルートインの空きを検索してみると、なんと塩尻北が1室だけ空いていたため、即座にこの部屋をおさえた。何だかホテルをおさえただけでブルべを完走した気になってしまったが、そのくらい部屋をおさえると安心する。ホテルを取れれば自転車はホテルの部屋に保管できるし、ゆったりと風呂にも入れるし、ベッドで質の高い睡眠がとれる。しかも朝食も取れる。

第4PCを出てから10キロほど走行し、田沢交差点を右折して国道19号線をひた走る。さすがに夜中だったので自動車は少なくて走行しやすい。松本市に入ると市街地を通過するせいか若干信号が多くなる。この辺りから徐々に空が明るくなってきた。松本市から塩尻市に入り、塩尻北インター近辺に来た時にはすっかり空が明るくなっていた。およそ午前4時半ころホテルルートイン塩尻北にチェックインする。

その後部屋に入りとるものもとりあえずベッドに倒れこんで3時間ほど睡眠をとる。目覚めた後は風呂に入ってサッパリする。ブルべで何百キロも走った後の風呂は最高に気持ちがいい。風呂からでてすぐ朝食。バイキング形式の朝食をたっぷりとり、体力がだいぶ回復した。この後はおよそ200キロブルべみたいなもの。夕方日のあるうちになんとかゴールしたい。そんなわけでだいたい午前9時ちょっと過ぎくらいに出発する。

(つづく)

人気ブログランキングへ←他のブログも面白いですよ
posted by goiss at 12:42| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/439090083
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック