2016年06月08日

BRM528神奈川600興津ブルべ(その2)

【スタート〜PC1】

まずはスタートの駿河健康ランドから静岡市〜焼津市〜牧之原市と経由してPC1のある御前崎を目指す。この間平坦で走りやすい道である。平坦で走りやすいがゆえにオーバーペースになりがちであるが、オーバーペースではなくてマイペースで行くことがワタシのブルべでの身上。とにかく走っていてここちよいと思うペースで走るのがいい。現に、この区間で快走してワタシを追い越して行ったが、数百キロ走った後でヘロヘロになって走っている方も結構いらっしゃる。

スタートから中島交差点までの23キロ曲がり角なしで走り、その後大井川をわたる。この間いちごロードで海岸線を左に見て走行するのがなかなか心地よい。この間で早くも参加者がばらけて一人旅。ワタシは集団で走るより一人旅の方が気を楽にして走行できるので好きである。大井川をわたって4キロほど走ると丸子宿。1キロ少々の宿場町の中を走るのも趣があっていい。

宿場町を抜け、少し国道1号線沿いを走ると宇津ノ谷峠へののぼり。もともとこのブルべでは焼津市に抜けるのに大崩海岸を通っていたが、数年前に大崩海岸の道路がその名の通り崩れてしまって通行できなくなってしまったので、宇都ノ谷峠を越えて焼津市に抜ける。宇都ノ谷峠は峠といっても大した斜度はなくアウターで楽々走行できる。
峠には宇都ノ谷トンネルがある。従来は大正時代に造られた宇都ノ谷トンネルを通っていたが、今回大正宇都ノ谷トンネルが工事中で通れなかったため、明治時代に造られた宇津ノ谷トンネルを通過する。明治宇津ノ谷トンネルは歴史を感じるつくりの上苔むしていて、すごく趣深くていいトンネルである。

宇津ノ谷峠を越えて焼津市内を走る。焼津一丁目交差点(五叉路)を右斜め方向に行くと、あとは御前崎のPCまで30キロほどほぼ一本道の道のりを走行する。地方の国道の部分には道路沿いに様々な店があるためときおり車が多くて走りにくいこともあるがその他は平坦基調でまぁまぁ楽に走れる。

PCまであと3キロくらいのところで御前崎市に入る。御前崎は静岡県最南端の地であるせいか、南国風の木が道路に植えられていてなんとなく南国ムードが漂っている。南国お気楽ムードの中走行しているといつのまにか大体午前9時ちょっと過ぎくらいに第1PCのセブンイレブン御前崎港店に到着する。80キロをほぼ3時間くらいで走行したからまずまずのペースか。さすがにこのあたりだとそれほど参加者がばらけているわけではなく、続々と参加者の方々がPCに到着する。

次のPCまでまた80キロくらいあるので、サンドイッチとプリンを食べてハンガーノックにならないように補給しておく。この日はどうも曇り基調であまり暑くないのがありがたい。

【PC1〜PC2】

次の区間は、PC1のセブンイレブン御前崎港店から掛川市〜森町〜磐田市〜浜松市天竜区を通ってPC2のセブンイレブン引佐井伊谷店に至る80キロの道のりである。この間もところどころアップダウンはあるが、基本的には平坦で走りやすい感じ。

PC1を出て10キロほど海岸沿いを走行する。この辺りは風が強くて波があり、サーフィンを楽しむ人たちが少なくない。また風が強いため風力発電所もある。また浜岡原発もある。このあたり若干のアップダウンはありつつも、この日あまり風が強くなかったこともあってまぁまぁ走りやすかった。

海岸通りを走り、浜岡原発前を右折してちょっと走り、上ノ原交差点を左折して10キロ少々まっすぐ走る。この間最初に2コブほどのアップダウンがあったあとは平坦基調で楽に走る。浜野東交差点を右折して掛川市に向かう。ここから掛川市街地までだいたい15キロくらい。この間3コブくらいのアップダウンはあるがまぁまぁ平ら。田舎道の中を比較的穏当な自転車走行が続く。
最後ひとコブ乗り越えるとあとズビャーと下って東海道線のガードをくぐりぬけると塩町南交差点に出、そこを左折すると掛川市街地に入り、掛川駅を左手に見ながら走行する。比較的交通量が多くて若干走りにくい掛川市街地を抜けて国道1号線を渡ると大池IC北交差点で、そこを左折して県道40号線に入る。2006年に初めてこのブルべを走ったとき、この大池IC北交差点を間違えて直進して変な道に入り込んでしまったため一応ここを直進しないように用心した。

県道40号線も基本的には平坦な道なのだが、2コブほどのアップダウンがあって、それがなかなかのアップし甲斐がある。交通量はそれほどでもない田舎道なのでまぁまぁ走りやすい。140キロ地点の栗下交差点から天竜川を左に見ながら走行し、飛龍大橋北交差点を左折して天竜川をわたる。従前はこの交差点を直進し、天竜二俣に至ってから天竜川沿いに走行し、佐久間を通過して設楽に向かっていたのだが、天竜川にかかっていた吊り橋の原田橋が昨年土砂崩れで崩落したためこのルートを通れなくなり、昨年からルート変更を余儀なくされた。

飛龍大橋から20キロほど住宅地みたいなところを通ったり田舎道を通ったり、風景的にはあまり魅力のないところを通ってPC2のセブンイレブン引佐井伊谷店に到着する。ここまではさほどの山道坂道はなかったが、これからのPC2からPC3までの100キロの区間がこのブルべでの最大の山場である。

(つづく)

人気ブログランキングへ←他のブログも面白いですよ
posted by goiss at 16:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/438761211
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック