2016年06月04日

BRM528神奈川600興津ブルベ(その1)

さて5月28日〜29日にかけてBRM528神奈川600興津ブルべに参加する。このイベントは、主催者のオダックス神奈川が定めた600キロあるコースを40時間以内に自転車で走行すると主催者の上部団体であるオダックス・クラブ・パリジャンにより完走認定されるというものである。

今回のコースは、以下のとおりである。静岡県興津の駿河健康ランドを28日午前6時にスタートして焼津を通って御前崎にいたる。そこから掛川、浜松(天竜)経由で愛知県の東栄を通って長野県飯田市に北上する。その後駒ヶ根、伊奈、塩尻、松本を通って長野県安曇野市に至る。そこから再び松本、塩尻を経由して国道20号線及び今回のコースから採用された七里岩ラインを通って山梨県甲府市に向かう。最後に富士川沿いに南下して駿河健康ランドにゴールする。山あり海ありの壮大な600キロのコースである。

【前泊〜スタートまで】

今回静岡県興津を午前6時にスタートするので、スタート地の駿河健康ランドに27日から前泊する。スタート地がホテルになっていてそこに宿泊できるので便利である。27日にはできるだけ仕事をさっさと片付けて午後半休を取って前泊したかったのだが、こういう時に限って会議が立て続けに入り、結局午後半休のつもりが午後4分の1休になった。
帰宅してワチャワチャ準備して新幹線に乗ったのが午後6時26分。その日羽田空港が閉鎖されてたため飛行機が使えなかったので東京駅は結構カオスだった。しかし乗車したのがこだま号だったので、さほど混雑しておらず、車両の一番後ろの席に陣取ってその後ろの空間に輪行袋に入れた自転車を置くことができてよかった。
そのこだま号で静岡に午後7時50分ころ着いて午後8時2分発の上りの東海道線に乗り換える。ちょうどいい接続の東海道線があってよかったが、混雑していて意外だった。まぁしかし静岡から興津までは15分ほどなのでまぁいいやと思う。
ホテルにチェックインして風呂に入る。ここは健康ランドなので風呂は広くて様々な浴槽があるので結構楽しめる。天然に湧き出している温泉ではないが別に温泉地に遊びに来ているわけではないので気にしない。
入浴後にホテル内の和食レストラン「大漁」で10貫寿司を食べ、翌日ブルべを控えているためノンアルコールビールを飲む。明後日無事にここにゴールした時は寿司とともにアルコール入りのビールをちゃんと飲んでやろうと思う。
その後そばのコンビニに行って朝食を買ったり、自転車を組み立てたりするなどのよく軸の準備をし、午前5時起床の目覚まし時計をかけて午後10時半頃寝る。

翌日午前5時頃起床してサンドイッチなどの食事を済ませ、午前5時半ころ駿河健康ランドのフィットネスルームにある受付に行ってブルべの受付を済ます。このブルべでは、コースを時計回りに回る組と、今回から新たにできた反時計回りに回る組とがあるため、130名以上の参加者が集まっている。このブルべは600キロブルべの中では人気のある部類に属するので集まりが良い。私が10年前に初めてこのブルベに参加した時はだいたい30名くらいの参加者だったので、その時に比べるとずいぶん参加者が増えたものだと思う。

このブルべを仕切っている田中さんから簡単なコースの説明があった後、検車の後スタート。600キロの長い道のりを走る割には淡々としたスタート。まぁいつものことである。これからいつまでもどこまでもイヤというほど自転車に乗って楽しめる。今回はどんな自転車旅になるだろうか。

(つづく)

人気ブログランキングへ←他のブログも面白いですよ
posted by goiss at 11:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック