2007年05月29日

5月29日の自転車通勤

【5月29日】(シラス)

走行距離 14.89km 走行時間0:32'40 平均速度27.1km/h 最高速度43km/h位 積算走行距離 12819km

往路:家→適当→越中島通→清澄通→晴海通→内堀通→桜田通→役所
復路:役所→桜田通→内堀通→永代通→三つ目通→適当→家

【往路】

 この日も昨日と同様天気はよく若干涼しめである。明日あさってと天気が悪くて自転車走行できなさそうなのでこの日も自転車通勤する。そろそろ洗車しなければなぁと久しく洗っていないために真っ黒けになったチェーンを見ながら思う。洗車を以前にしたのはいつだったかなとブログをみると3月3日である。かれこれ3ヶ月近く洗車していない。本来2週間に一度は洗車すべきなのである。これでは自転車本来のパフォーマンスを発揮できないだろう。おそらく洗車すればより軽くより速く走行できるのであろうが、洗車してないからといって自転車走行しないのももったいないのでチェーンが真っ黒けのまま自転車走行することにする。

 家から適当に走行して越中島通に出る。ここでは都立三商前の信号とその先のT信号で止められる。これらの信号のgoiss通行阻止率はかなり高く、ほぼ10割に近い。いずれも信号を遵守する。軽車両として車道を走行している以上他の車両と同様に信号は守る。そう思うので信号無視をする自転車運転者をみるとそいつの首を絞めたくなる。

 越中島通と清澄通のT字路を左折して清澄通を走行する。ここは3車線あって道路が広く走行しやすい。相生橋を渡って100メートルほど走行すると初見橋交差点まで自動車が詰まる。しかし、初見橋交差点からは、近くでたむろするタクシーがじゃまであるがこいつらをかわせば楽に走行できる。

 清澄通と晴海通の交差点を右折して晴海通を走行する。ここで婦人警官が交通整理にあたっているが、ここで交通整理を行う意義は何なのだろうか。ここは比較的まともに自動車が走行しておりさほど交通整理をする意義を感じない。どうせ警官を置くなら、自動車が好き勝手に走行していて歩行者とか自転車が通行しにくくなっているような交差点に警官を置くべきであろう。

 晴海通を通行して勝鬨橋を渡ると、例によって自動車がじゅずつなぎになっている。また晴海通大混雑かと思うと、意外とそうでもない。ちょうど築地市場のところの信号が赤になっていて晴海通りを走行する自動車が止められ、その先の道路がほぼクリアになっている。そのためその信号が青になるとしばらく混雑なしに楽に走行することができる。その先の築地・東銀座部分も渋滞で止められることなくそこそこのペースで走行でき、そのまま外堀通との交差点のあたりまでそこそこのペースでの走行が続く。

 外堀通を渡ると日比谷通りまでわずかではあるがスプリントできる。日比谷通を渡ると内堀通〜桜田通と通過して無事役所にたどり着く。平均速度をみると時速26.9kmだったので、この日の走行はなかなかの快走だったことがわかる。築地〜東銀座近辺をそこそこのペースで走行すれば平均速度は時速26km程度にはなるのだろう。
 ただ、最高時速をみるとなぜか時速126kmになっている。どうもこのサイコン、例えばタワーレコードの万引き阻止用磁気ゲートのようなところを通ると最高時速の表示がおかしくなる。そういえば今朝役所の入り口の近くで健康診断のX線撮影のための自動車があったな。たぶんその車から磁気か何かが出ていて、それでサイコンの表示がおかしくなったのだろう。ということは、その自動車、毎日毎日磁気か何かの物質を発射しているんだろうな。そういうのを毎日浴びて仕事をする人は大丈夫なのだろうか。

【復路】

 この日午後7時ころ役所を出る。比較的早目の帰宅である。この位の時間だとまだ意外と自動車の通行量が多いのでそんなに爆走できるというわけではない。しかし、朝の築地〜東銀座を通る晴海通のように自動車で渋滞して身動きが取れないというほどの混雑はない。

 役所から桜田通を抜けて内堀通を通行する。ここは道路の舗装はいいし道は広くて走行しやすい。調子に乗って走行していると時速40kmを簡単に超えてしまう。ここから永代通に入る。さすがに永代通の大手町から日本橋にかけて自動車が多い。特にタクシーが多い。こいつら別に半分位に減ったところでタクシー会社以外は誰も困らないと思う。

 日本橋の昭和通の手前の小さい交差点の信号で止められる。往路においてはこの信号大してgoiss通行阻止率は高くないのだが、復路になるとこの信号のgoiss阻止率が高くなる。おそらくコレド日本橋の交差点の信号の阻止率と合わせると100%になるのではないか。この信号と、昭和通との交差点の信号を抜けると快走できる。どういうわけか昭和通との交差点のところで判をついたようにいつも一台個人タクシーが停まっているのが実に邪魔。こいつをやり過ごすとあとは快走モードで永代橋を越えるまで一直線である。

 永代橋を越えた後は、葛西橋通りとの分岐点で、葛西橋通りに左折する自動車にちょいと注意しなければならない。葛西橋通に左折する自動車をかわしてここをうまく直進すると、次は門前仲町。ここはノロノロタクシーがいつもたむろしていて邪魔なのだが、この日はさほどタクシーはたむろしておらず通行はしやすかった。ただここにはいくつか信号があり、そのひとつに止められる。路地みたいな小さな道路と交差しており、ママチャリや歩行者は平気で無視するのだが、軽車両として車道を通っている以上、信号遵守は当然である。信号が青になったら好きなだけ爆走すればよい。そういうわけで、信号が青になるや否や爆走をはじめてあっという間に三つ目通りに至る。三つ目通りを気分よく快走して無事帰宅する。平均速度が時速27kmを越えているので、まぁまぁの走行だったかなと思う。
    
人気blogランキングへ←是非ワンクリックをお願いします。


posted by goiss at 20:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。