2007年05月28日

5月28日の自転車通勤

【5月28日】(シラス)

走行距離 17.38km 走行時間 0:38'39 平均速度 27.0km/h 最高速度 42.4km/h 積算走行距離 12804km

往路:家→適当→越中島通→清澄通→晴海通→内堀通→桜田通→役所
復路:役所→桜田通→内堀通→千代田通→明大通→明大通・千代田通折り返し→内堀通→永代通→三つ目通→適当→家

【往路】

 先週天気が悪かったり酒を飲みに行ったりであまり自転車通勤できていない。週末も海釣りに出かけたり一日休んだりと結局自転車に乗らなかった。今週は中盤に天気が悪そうなのであまり自転車通勤を頻繁にできなさそうな感じである。しかし梅雨入り前に自転車走行のために気候の良い時期なので寸暇を惜しんで自転車通勤する。

 朝起きて目覚めが良くないので朝風呂に入る。すると気分がよくなって体を自転車通勤体制にすることができる。どうも40歳を過ぎると若いときと異なり体調の回復に時間がかかるようで、そのための工夫を色々としなければならないようである。今後は朝起きてから風呂に入るのが習慣になるかもしれない。

 この日の朝は若干涼しめの気候なので、自転車通勤には絶好である。こういう爽やかな朝をみすみす満員電車もみくちゃで暑苦しく過ごすのは人生における大損であろう。満員電車を逃れて自転車ですがすがしく通勤することで、電車通勤をしたときと比べて500円位特をしたような精神的満足が得られるのではないかと思う。

 家を出て適当に走行してから越中島通〜清澄通を快走する。これらの道路は交通量がさほど多くないので楽に走行することができる。とりわけ初見橋〜晴海通との交差点までは自動車が少ない割には道路が広く快調に爆走することができる。この間自動車が詰まるところは、相生橋を渡り終えたところから初見橋交差点までの200メートルほどのところくらいか。

 自転車で快走している間は好きなだけ体を動かすことができる。朝から好きなだけ体を動かすことができるのは自転車通勤ならではであろう。満員電車に乗り込むために他の客を押したり、他の乗客の圧力に耐えるため局部的に踏ん張ったりするために力を使うよりも、よっぽど楽しい力の使い方ができると思う。
 近時自転車通勤が巷で喧伝され、自転車で通勤すると体を好きなだけ動かすことができて楽しそうなことはわかるが、実際やってみるのはちょっとねぇ・・・という方は多いと思う。そこに何か、ポンと背中を押してくれるようなイベントがあると実際に始めてみることができるのだろう。無理に自転車で通勤することはないし、無理に電車で通勤することもない。自然体で電車通勤をしているうちに、何か背中を押されるようなイベントがあって自然体で自転車通勤に移行するというのがベストだろう。私の場合もたぶんそうやって自転車通勤を始めたに違いない。

 晴海通を通行する。勝鬨橋の真ん中あたりから自動車が並んでいて渋滞していることがわかる。築地〜東銀座にかけて自動車が身動きとれないほど渋滞している。しかしドロップハンドルの自転車の場合とにかく肩幅+α程度のスペースがあれば通行することができる。この日は自転車通行に十分なスペースがあったため築地〜東銀座にかけてスイスイと走行する。自動車の通行量、駐車車両の位置およびオートバイの走行量によって自転車通行スペースは微妙に変わってくる。この日はこれらのバランスが自転車にとり比較的よかったのだろう。

 外堀通りを渡ると自動車の走行量は少なくなって快走できる。ここから日比谷通との交差点までの間は短いながらもなかなかの快走ポイントである。しかし日比谷通との交差点でたいていの場合止められるので渾身の力を込めてのスプリントというわけにはいかない。

 そこから先はもう渋滞するようなこともないので快走するが、この日向かい風が結構あるためスピードはさほどではない。しかし向かい風による適度の空気抵抗があるため、良いトレーニングにはなる。その後桜田通に折れて法務省と東京地方裁判所の前を走行し、坂を上って役所に到着する。この日向かい風でそれほどスピードが出ないと思ったが、平均速度をみると時速25.7kmになっているのでまぁまぁ快走できたかなと思う。
 役所に自転車を置いていると、続いてヘルメットをかぶりマウンテンバイクに乗って役所に入ってくる人を見かける。役所に自転車で来る人は意外と多い。その殆どはママチャリで来る人であるが、ロードバイクとかMTBで来る人も結構増えている。近時自転車通勤が脚光を浴びているので「ちょっと試してみるか」と思ってやってみる人も増えてきているのだろう。最初ママチャリでもいいが多分だんだん物足りなくなってくるから、そうしたらちょっと良い自転車を買えばよい。きっと人生における苦痛が一つ減って、そのかわりに楽しみが一つ増えるであろう。

【復路】

 この日ジャズCDを買おうと思ってディスクユニオン御茶ノ水店に立ち寄る。そのため桜田通から内堀通、千代田通を通って明大通の坂を上る。この間路面がよくて道路が広いため走行しやすい。ただ信号はちゃんと守る。交通安全のために信号遵守は必要であるし、「ちゃんと信号を守っている自転車もいるんだよ」というところをドライバーにも見せ付けるためである。それだけにロードバイク乗りが信号無視なんかしているのを見るととてもムカつく。

 ディスクユニオンに立ち寄った後明大通〜千代田通〜内堀通を通って永代通に至る。永代通を走行しているとロードバイクに乗った人が颯爽と永代通を走行している。おそらく通勤にロードバイクを使用しているのだろう。
 
 ところがこの人やたらと信号無視をする。永代通と昭和通の交差点のような、割と大き目の道路の交差点でも平気で信号無視をしていく。ロードバイク乗りの風上にも置けないような非道野郎である。こういう馬鹿を見ると何となく闘争心に火がつく。即座に爆走してこの信号無視野郎に警告しようとしたが、こちらが信号に止められている間に向こうは信号無視をして爆走するものだからなかなか追いつかない。結局どこかで逃げられてしまった。
 こういう馬鹿はどしどし警察が取り締まってくれることを祈る。もっとも自転車の遵守すべき道路交通法をまるで理解していない警察官が大半を占めるであろう警察には、多分その祈りは通じないだろうけれど。

 まぁつまらないことを気にしても始まらないので、私は私で交通法規を守って楽しく快走する。しかしながら、そうはいっても交通法規の中でどうしても通常の自転車走行のプラクティスとは合わないものもいくつか存在する。いつかそういうのを逐一指摘して、「ここが変だよ道交法」とでも称して発表してみたいものだ。

 そういうわけで楽しく自転車走行して帰宅する。帰宅後サイコンを見ると平均速度が時速27kmに達している。この日の走行はそれほど楽な走行だとは思わなかったが、数字の上ではこの日は相当快走できたことがわかる。

人気blogランキングへ←是非ワンクリックをお願いします。


posted by goiss at 22:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。