2007年05月20日

神奈川400km沼津ブルベ走行記(その2)

<神奈川400km沼津ブルベ走行記(その1)からつづく>

【スタート〜第1PC】

 学習院遊泳場から三園橋までの国道414号線はそこそこ交通量があり信号も結構多いので、ここでは時速25kmくらいのほどほどのペースで走行する。
 三園橋を渡って狩野川を越えて左折すると、そこから富士川鉄橋を越えるまで24km位ずっとまっすぐ走行していればよい。キューシート上は県道380号線、国道139号線及び県道396号線を通ることになっているが、とにかくひたすらまっすぐである。そうなると道順を気にせずひたすら自転車走行に集中できるので快適である。もっともこのブルベのコースは単純なので、ほとんど道順に気をつかわなくてもよいのだが。

 沼津市内も依然として信号が多いので、沼津市内を抜けて松林を右手にみるようになってからマイペースの快走モードで走行しようと考えていた。そのためとりあえず時速25km〜30kmのペースで走行する。他のブルベ参加者もそれほど高速走行するわけではなく、のんびりとした感じで自転車の隊列が進む。それでも参加者各自のペースにはばらつきがあるので、松林エリアを数キロ走行すると隊列がばらけてくる。私はしばらく3人続いた隊列で時速30km程度で走行する。このルート意外と自動車通行が多く、若干風があったので、時速35km程度のマイペース走行をするタイミングを見計らっていた。
 松林エリアをしばらく走行したところで、前の方で走行していた自転車を隊列が追い越す。そのとき若干加速していたので、自転車走行に勢いがついてしまった。そこでここがマイペース走行を始める好機かと思い、一気に時速40km位に上げて飛び出し、マイペース走行を始める。勢いに乗って自分のペースで好きなだけ自転車で走行するのは極めて爽快。しばらくの間時速40km近いスピードで快走する。その後信号待ちで後ろを振り返ると、誰もついてくる気配がない。後続をぶっちぎってしまったようだ。

 若干ペースを落としてしばらくの間一人旅を続けていると、はるか前方にブルベ参加者と思しき人が走行している。前方にブルベ参加者の背中を見ながら走行すると何となく元気付けられる。信号待ちのたびに徐々にその人の背中が大きく見えるようになり、ついにその人に追いついてしまった。「いやぁ今日は暑くなりそうですねぇ」とご挨拶をする。この日は天気予報だと静岡県は曇りのはずなのだが実際は結構いい天気で気温も高い。朝から朝から暑くなりそうである。頃合をみてその人も追い越してしまい、どうもブルベの先頭で完全に一人旅をすることになってしまった。

 ついに富士川鉄橋に到達する。この鉄橋結構長い。富士川の雄大な流れを見ながら走行する。実に気分がいい。鉄橋を渡ってT字路を右折し、しばらくの間県道10号線を走行する。富士川沿いの間は若干のアップダウンはあるものの平坦基調であり走行しやすい。ここをしばらく走行すると再び富士川を渡る。すると景色が山間部のものになり若干道が狭くなる。
 富士川鉄橋から県道10号線を10kmほど走行すると稲子駅前。稲子駅手前のT字路を左折する。ここを少し走行すると、このブルベ最大の激坂が待ち受けている。勾配10%位はあろうか。ここをエッサホイサと2kmほど上ると静岡県と山梨県の県境である。ここに達するとしばらくの間下りなので少し楽をする。この辺にくるともう完全に山間部である。

 この辺を楽なペースで走行していると、後続のブルベ隊列が追いついてくる。10名近い人が次々と到着する。一人で走行するよりも数人で走行するほうが一緒に走行する人がいて励みになるし、風よけになるし、一定ペースで走行するため体力を温存できる。そのためここからあと10kmの第1PCまではこの隊列について体力温存しようと思う。

 しばらくアップダウンのある道のりをゆったりと走行して第1PCであるヤマザキデイリーストア南部内船店に到着。他のブルベ参加者も続々と第1PCに到着する。ここでトイレに寄り、ヨーグルトやウィダーインゼリーなどの軽めの補給をして小休止してからさっさと出発する。第1PCから第2PCまでは平坦基調であるためさほど負担な道のりでないので大休止をとる必要がない。とにかくこのブルベでの目標は雨に降られる前にゴールすることであるためできる限り時間短縮する必要がある。PCでの休憩をダラダラしているとあっという間に30分位は経過してしまうので、PCでの休憩は最小限に抑える必要がある。そういうわけで、他の参加者の方々が楽しそうに休んでいるのを横目に、早めに出発する。

つづく

人気blogランキングへ←是非ワンクリックをお願いします。


posted by goiss at 08:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。