2007年05月19日

5月18日の自転車通勤

【5月16日】(シラス)

走行距離11.55km 走行時間0:26'43 平均速度25.9km/h 最高速度41.6km/h 積算走行距離 12757km

往路:家→適当→清澄通→晴海通→内堀通→桜田通→役所

復路:役所→桜田通→内堀通→永代通→三つ目通→適当→家

【往路】

 この日暑くも寒くもなく、半袖短パン自転車通勤にちょうどいい気候である。あと一月もすると梅雨に入ってしまうので、それまでの間は大事な自転車走行シーズンである。梅雨が明けてしまうと今度は酷暑の季節になるのでまた自転車走行には不向きになる。そう考えると一年のうち本当に自転車走行に適した季節というのは、それほど長くはないのだなぁと思う。

 往路走行を始めたところサイコンが作動しない。ホイールについたサイコンのマグネットがあさっての方向を向いていたので調整する。しかし依然としてサイコンが作動しない。信号待ち時間の関係でなかなかサイコンを調整する間がとれないため走行速度がわからない。清澄通と晴海通の交差点の手前の交差点で信号に止められ、ようやくサイコンを調整するいとまがとれる。
 フォークにつけたセンサーとホイールにつけたマグネットの位置がずれていたのでサイコンが作動しなかったようだ。ここでサイコンを調整してから走行を始める。ちなみに信号待ちでサイコンを調整しているとき、脇をママチャリに乗ったオヤジが信号無視をして通りがかる。こういうオヤジは信号無視をした折に一度自動車にはねられてほしいと思う。
 この清澄通は快走ポイントであり、通常往路の最高速度はここで出ているがそこではサイコンが作動していない。それゆえこの日の往路の最高速度は正確なものではないと思われる。

 晴海通に折れて勝鬨橋を通過する。私の通過時にどういうわけか勝鬨橋上に一台の自動車も走行していない。自転車通勤をしてもう3年半になり、勝鬨橋を走行することも頻繁にあったがこういうのは初めてである。ちょっと珍しい。

 晴海通築地付近も最初は快走できたが、少し走行すると道路幅員が狭くなるところがあり、ちょうどそこにトラックが駐車しているので自転車走行のスペースをふさがれて通行しにくくなる。仕方がないので渋滞中自転車走行スペースをみつけて走行する。渋滞中であれば自動車は動かないしかりに動いてもノッタラノッタラなので、周囲に注意すればさほど危険は感じない。

 いつもは銀座4丁目の交差点あたりまでくると渋滞は解消されるのだが、この日は珍しく銀座4丁目の交差点を過ぎても渋滞が続いている。おそらく通常と同じくらいの交通量なのだろうが、信号のタイミングとか瞬間的な交通量の増減により、いつも混むところが空いてたり、いつも空いているところが混んだりするのだろう。もっとも毎日毎日同じような混み具合というわけではなく、日々ある程度異なるものではあるが。その意味で、毎日毎日の自転車通勤は、一日として同じ状況の自転車通勤はない。

 晴海通と外堀通の交差点のあたりからようやく自動車が少なくなる感じ。ここを過ぎてJRのガード下をくぐってから短いが日比谷通交差点まで500メートルあるかないかの程度であるが快走区間である。ここを通過したあとは内堀通、桜田通を特に問題なく通過して無事役所にたどり着く。平均速度が時速25kmを超えたので、渋滞ダラダラ区間しかサイコンが計測していない割には走行速度は速かったかなぁと思う。

【復路】

 この日午後11時少し前位に役所を出る。この日内堀通りを快走していると、道路の清掃車みたいなのがノタリノタリと走行しているのでとっとと追いこす。この類の自動車、時折清澄通を走行しているのを見かける。道路の端っこにあるゴミを掃き飛ばすので、自転車の走行にはよいのだが、自転車の通行帯をノタリノタリとでかい図体で走行するので結構邪魔。先日清澄通りで走行していたのはT字路の赤信号を無視して直進していたが、この日の清掃車はT字路でちゃんと信号を守っていた。

 永代通を快走する。午後11時くらいになるとそろそろタクシーも増えてくるが、さほど邪魔というわけではない。しかし、大手町〜日本橋の間くらいはタクシーが結構並んでいて時折不自然な動きをするものもあるので注意が必要である。しかし日本橋を抜けてしまえば一応快走できる。
 しかし、この日永代橋の手前で変な工事をしていたため、1車線減少している。そのため永代橋の手前でのろのろ運転。道路工事に気づかず、道路工事をしている車線に車線変更してから道路工事に気づき、あわててもとの車線に戻ろうとする馬鹿な自動車のためちょっと通行しにくかったりもする。しかし走行にさほど障害があるというわけでもなかったのでまぁいいか。

 永代橋のたもとで音楽を聴きながら自転車に乗る若者に出会う。音楽を聴きながら自転車に乗るといっても、イヤホンやヘッドホンで耳をふさいで自転車に乗るわけではなく、ママチャリのフロントかごにラジカセを突っ込んで音楽を流しているのである。最近デカスクに音楽再生装置をつけて音楽を流しながら走行するやつがいるが、そういったノリであろう。ちなみにその青年、自転車であってもちゃんと信号を守っていたので好印象であった。
 イヤホンやヘッドホンで耳をふさいで走行するのは、周囲の状況に関する情報を耳で捕らえることができないので危ないと思うが、耳がふさがれないのならまぁいいかなと思う。ただし、何もママチャリのフロントかごにラジカセを突っ込んで重い思いをしなくても、最近はタスキのように身に着けて音楽を再生するという便利なものが売っているらしい。ちょっとどんな品だか見てみたい気はする。

 永代橋を渡って引き続き快走モード。門前仲町の近辺は午後11時前後だとタクシーが結構いるが、私が楽に走行してタクシーと互角に走行できる程度ののろのろ運転、つまり時速30km程度なので、往路の永代通りのように不快というわけではない。あとは永代通〜三つ目通と楽しく走行して無事帰宅する。この日も楽しく無事に自転車通勤できてよかった。

人気blogランキングへ←是非ワンクリックをお願いします。


posted by goiss at 00:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。