2014年06月15日

BRM531興津600qブルベ(その4)

BRM531興津600qブルベ(その3)からつづく

【信州健康ランドから第5PCまで】

信州健康ランドを出発して第5PCのローソン六郷町点までだいたい100キロ少々の道のりである。午前9時ころ信州健康ランドを出発して第5PCのクローズが午後6時少し前なので全く余裕である。

信州健康ランドから数キロ走って高出交差点を左折し、国道20号線に入る。ここが国道20号線の起点/終点である。

高出交差点から少し走ると塩尻峠ののぼりが始まる。だいたい10キロ程度ののぼりであるとみてよい。従前こののぼりではワタシはインナーローを使うほどのヘタレ脚であった。ところがこの日、どういうわけかフロントアウターで走行しても全く苦にならない。そこで、どこまでアウターで行けるか試しにやってみることにした。

塩尻峠は長くてきつい峠だな〜という先入観を持っていたのだが、いったんその先入観を払拭してアウターで上ってみると、意外とそうでもないと感じた。確かにところどころ勾配がきつくなっている部分はあるが、それはあくまで部分的なものであって、そこを乗り越えると、対して勾配がきついわけではないのである。

アウターでクランクを回していると、だいたい時速15キロくらいの走行になる。昨年はあまり自転車に乗っていなかったため、ここを時速10キロ程度でしか走行できなかったため、昨年に比べてだいぶ進歩している。今年の5月は毎週末ブルべなどのロングライドをしていたので、その効果が出たのかもしれない。

塩尻峠はもう何回も上っているため、だいたいの距離感とそれに応じたペースで走ることができる。そのためアウターであっても無理のない走行をすることができた。結局10キロほどののぼりを全部アウターで上りきってしまった。結構うれしい。

塩尻峠を上りきって今度は下り。塩尻市側から上るとくだりの勾配の方があるが距離は短い。そのためほどなく下りきって岡谷インター西交差点を右折する。そこから山下町2丁目交差点までの1キロのくだりの勾配がけっこうあって、勾配のある坂を下るのがあまり得意でないワタシは慎重に下る。

山下町2丁目交差点を右折してから天竜橋に至るまでの2.6kmの間、岡谷市街地を通過する。若干交通量が多いので、自動車に気を付けながら走行する。

天竜橋を渡って突き当たりを左折する。この天竜橋は、天竜川の起点となっている諏訪湖の釜口水門に近く、ちょうど天竜川の源流に近い場所にある。前日このブルべでは、随所で天竜川沿いを走行したが、ついにはその源流にまで至ってしまったことになる。平素このブルべでは自転車での走行に没頭していて写真なんか撮らないのだが、この日は気が向いたので釜口水門の写真を撮っていく。

釜口水門の写真を撮ったのち、諏訪湖を左手に見て気分よく走行する。この日も前日と同様とても天気が良い。天気が良すぎてこの日も暑くなりそう。諏訪湖の風景もなかなかよくて気が向いたので写真を撮っていく。

諏訪湖畔を気分よく走っていると、前方にブルべの人が走ってるのが見える。マイペースで走っていたら、ブルべの人に徐々に近づいてきた。この人よりワタシの方がペースが速いので、追い越すことは可能であるが、その後この人に追いつかれて風よけみたいにぴったりと後ろにくっついて走行されたらイヤだなあと思った。しかしやはりどうもワタシの方がペースが速いので遠慮なくぶっちぎらせていただく。どうもワタシにぶっちぎられた人、ワタシにくらいついて風よけにしようという気はないらしく、あっという間に後ろの人は見えなくなった。
ブルべ序盤だと、まだ脚がフレッシュなので、ワタシにぶっちぎられた後突如として猛然とペースをあげてワタシにくらいつき、ワタシの後ろにピッタリくっついてくるイヤらしいのがたまにいて、そういうのはすごくイヤなのだが、さすがにブルべ後半になるとそこまでの気力体力がある人はなかなかいなそうだ。

諏訪湖畔を離れてしばらく走り、中州神宮寺交差点を左折して4キロほど走ると中河原交差点で国道20号線に突き当たる。ここを右折して、およそ40キロの間国道20号線をひた走る。国道20号線でも、ブルべの人をひとりぶっちぎってしまったが、その後追いついてくるようすもなく、気楽に自転車一人旅をすることができる。

中河原交差点から国道20号線に入ってしばらく走ると、板室トンネルへの若干長い上り坂を上る。かつてこの道が出来る前も、ふたこぶくらいアップダウンがあってそれはそれでなかなかタフだった。そこの道が板室バイパスとして整備され、板室トンネルまでの長い坂となった。この坂はそれほどタフという感じではないので、エンヤコラホイサッサと切り抜け、板室トンネルをくぐってからズビャーと下る。

その後ふたこぶくらいのアップダウンをこなして富士見町に入る。その間、道端に設置されている温度計を見ると、早くも摂氏30度になっている。今日も暑くなりそうだ。

富士見町に入ってから5キロほど走り、比較的緩やかなのぼりを上りきると富士見峠に達する。神奈川400キロブルべや600キロブルべで、富士見峠は頻繁に上り下りしている、とてもなじみのある峠である。下り線で富士見峠を上るとまぁまぁタフであるが、上り線で富士見峠を上ると、「あれっ、いつのまに峠を越えちゃったの?」と思うような感じである。

富士見峠からおよそ20キロほど、下り基調で国道20号線を疾走する。しばらくの間、たいして自転車をこいでいないのに時速35キロ〜40キロくらいのスピードで快走できる。すごく楽しい。

ところが、しばらくすると向かい風が吹いてきて、それが徐々に強くなってくる。もちろん快適な走行を阻害するほど向かい風が強いわけではないが、それでも走行速度には影響する。そして、気温が高いものだから、その向かい風が熱風になって吹き付ける。あまり気持ちのいいものではない。

富士見町から北杜市に入り、そして韮崎市に入って円野郵便局前ト字路を右折する。そのト字路の角に店があって、そこに自動販売機がある。すでに70キロ近く走行しているので、一休みしたいと思っていた。そこでその自動販売機でコーラを買って飲んで一休みする。う〜ん暑い。

一休みを終えて県道12号線を富士川沿いに走行する。この道は比較的アップダウンを繰り返す道で、ソコソコ走りごたえはある。この周辺、田んぼが広がっており、南アルプスの山々や、遠く富士山を望める景色のいい場所である。遠くに富士山を望む風景がきれいだったので、こちらもカメラに収める。スマホにカメラがついてすごく便利になった。

およそ10キロほどアップダウンの続く道を走り、アップダウンが終わった後少し走ると、右手にローソンがある。神奈川400キロブルべでいつもPCとして使用しているコンビニである。およそお昼時になっていたので、ここでおにぎりとオレンジジュースの昼食を摂り、ボトルに不足分の水を入れていく。
ここでは食事のため20分くらい滞在したが、ブルべの人はまったく通りがからない。完全な一人旅である。

食事を終えて再び自転車走行に戻る。ここから小笠原北詰交差点を右折するまでの間10キロほど走行するが、その間はほとんどくだり。ここでも対してこいでいないのに時速35キロ程度のスピードが出る。体力の温存になる。

小笠原北詰交差点を右折して国道52号線を走行する。しばらくの間市街地や住宅地になっていて信号に頻繁に止められる。この間下り基調ではあるが、ときおりアップダウンがある。

富士川西交差点を左折して国道52号線に別れを告げ、富士川を渡ってループ状になっている黒沢跨線橋をくぐって黒沢交差点を右折し、しばらく走ってちょっとした峠を越える。峠の部分がトンネルになっており、涼しくて気持ちいい。

峠道をズビャーと下り、しばらく直進すると、最後のPCであるローソン六郷店に到着する。ワタシの前にPCにいた人とちょうど入れ違いの形でPCに到着。一応おにぎりとオレンジジュースを摂っておく。この先コンビニはなくはないので、いざというときはそこで補給が効く。そのためそれほどガッツリ補給をしておくという感じではない。
残りあと70キロ。距離的にはそうたいしたことはない。普通に走って夕方にはゴールインできるかなと思って最終PCでの休憩を終え、ゴールに向けてペダルの歩みをすすめる。

(つづく)
人気ブログランキングへ←他のブログも面白いですよ
posted by goiss at 12:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/399502306
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック