2014年05月14日

BRM510千葉200km(大子)ブルべ(その3・完)

【第3PCから第4PCまで】(約30km)

第3PCから第4PCまではほぼ平坦な区間。しかも30kmと比較的区間距離が短い。そのため割と高速めな走行を楽しむことができた。

午後3時40分くらいに第3PCを出発すると、前の方に3人くらい結構いいペースで走行しているブルべ参加者がいた。道が平坦で向かい風はなく、比較的快調なペースで走行できる。巡航速度が時速35km〜37km位の、ブルべにしてはハイペースな走行が続く。ところが前方の3名の方々も全くペースが崩れない。ということは前方の方々も相当いいペースで走行しているわけである。
無論、ときおりアップダウンがあるが、基本的には平坦地。そのまま20kmほど時速35kmペースの走行が続く。こういう平坦地を時速30km以上でいつまでもどこまでも走るのが好きである。
すると、そのまた前方で走行していた3名のブルべの人たちに追いついてしまう。追いついた後は若干ペースが落ちて時速25km〜27km程度のペースで淡々と走行する。

国道118号線の小貫入口交差点の先のト字路を右折する。最前方の3名の人たちはそのト字路を見逃していたため、ワタシの前の人が「そっちじゃないですよ〜」と大声で呼び、ト字路を見逃した人はコースに復帰して事なきを得る。
そのト字路を右折してちょっと走ると、いきなり短いけれども斜度の高い坂がドバーンと控えている。短い坂なので気合のダンシングで切り抜けるが、「ここまで来てまたのぼりかよ」といささか閉口する。
その上り坂を切り抜けると、再び平坦基調での走行。イージーライディングのペースで第4PCのセイコーマートえびね店に到着する。おおよそ4時40分くらい。

もう残りあと40km程度。しかもほぼ平地。この分だとやはり午後7時前に到着すればいいかな、ちょうど日が暮れたばかりで明るいうちにゴールまでもどれるなとの一応の目算。対しておなかもすいていないし残り距離も少ないし、仮におなかがすいてもまだようかんとシークレットPCでもらったどら焼きがあるので心配ない。コーラを飲む程度の補給で済ませてさっさとゴールへ向かう。

【第4PCからゴールまで】(約40km)

第4PCを出て10km程度は平坦基調の中気分よく時速27〜30km巡航ペースで走行する。その後「バードライン」という道に入る。
このバードライン、最初4km〜5kmほどは、なかなかのアップダウンを繰り返す走りごたえのある区間。むむ〜最後の最後まで上らせやがってと思う。バードラインは10km位続きそうなので、このアップダウンが10kmも続くならこれはタフだなと思ったら、5km程度で済んであとはド平坦になったのでやれやれと思う。
アップダウンが終わった後のバードラインの間は交通量少なく道ひろく快適に走行できる。だいたい5kmほどそんな感じで走行する。

バードラインを終え、後台東交差点を右折して国道349号線をちょっと走り、中台東交差点を左折して一路那珂湊の街へと向かって11kmほど走る。この道は若干交通量はあるが、不快というほどではなく、淡々と楽しく自転車走行することができる。
途中、ワタシが宿泊していたニューセントラルホテルが視界に入る。すると、もうゴール地点も間近だな〜と思う。まだまだ空は明るく、明るいうちにゴール地点に戻れることは間違いない。

ホテルからスタート地点に向かうときに右折した湊本町交差点よりも手前の交差点を右折し、栄町T字路を左折した後ト字路を右折して橋を渡る。こっちの道を通った方がホテルからスタート地点に向かうのに都合がよかったなと思う。

橋を渡って祝町交差点を左折すると、もう目の前は大洗海岸。左手に海を見ながら1kmほど走ってゴールである大洗海岸県営駐車場に到着する。まだあたりは薄明るい。黄昏時に広がる海の景色がとても美しい。

【ゴール後】

ゴールに到着した後、ブルべカードとPCでもらったレシートをもってゴール受付をしてもらう。到着時刻が午後6時48分だったので、走行タイムは10時間48分であった。おそらくワタシの自転車最盛期よりも1時間ほど遅いタイムだと思われるが、まぁ今の実力なら上出来だろう。

ゴールした後オダックス千葉のスタッフの方々にごあいさつ、オダックス千葉主催のブルべはここ数年とても人気があり、スポーツエントリーでの受付から1時間程度で定員に達して締め切られてしまうことが多かった。そのためオダックス千葉のスタッフの方々へのご挨拶はホント久々。
特に今回本当スタッフの平山さんに本当に久々に会えてうれしかった。この方はワタシがブルべを始めた2006年に初めてオダックス千葉がブルべを主催したときから千葉ブルべに関与されており、千葉ブルべの草分け的存在である。
その2006年の千葉ブルべのシークレットPCでこの人が作ってくれたスープがすごくおいしかった。そして今回もそのおいしいスープをまた平山さんが作ってくださっているというので久々にごちそうになった。
そのスープは2006年のときと同様おいしいスープで、2006年に初めてブルべに参加したときのことを思い出した。そして、その時の話をしたら、「goissさんその時のことを知ってたら千葉ブルべでは相当の古株ですよ」と言われた。ブルべを始めて9年目、ワタシももうブルべでは古株の方なのかもしれない。

ゴール地点では平山さんスープの他、コーラやゆでたまご、ポテトチップなどがふるまわれた。それらをいただきながらのんびり休み、チョコチョコ写真を撮りながら十分休憩した後、スタッフの方々にご挨拶してゴール地点を後にする。

ゴール地点からは、ゴールに向かうためブルべで通った道を逆に通ってニューセントラルホテルに戻る。距離はおよそ10kmあるかないかくらいだろう。

ニューセントラルホテルに戻り、ホテルで預かってもらった荷物を引き取る。その際、フロントの人が閉まっていたレストランの部分を開けてくださり、そこを着替えに使わせてくれた。何ともありがたい配慮である。

そこで着替えを済ませてホテルのフロントの人にお礼とご挨拶をしてホテルを後にする。ホテルからちょっと自転車に乗って勝田駅前に着き、そこで自転車を輪行袋に入れるとだいたい午後8時半くらい。ちょうど午後8時46分発フレッシュひたち上野行きが勝田始発であったのでこれに乗っていく。
もう自転車に乗るつもりはないので、ビールとつまみを駅で買ってフレッシュひたちに乗り込む。このフレッシュひたちは勝田駅始発なので空いていて、しかも輪行袋に詰めた自転車を置くスペースのある一番後ろの座席に座って輪行袋をその後ろに置くことができた。

フレッシュひたちに乗ってビールを飲む。200キロ自転車で走った後のビールは実にうまい。このビールのために200キロ走ったと思うくらいのうまさである。これからもこういううまいビールが飲めるようバシバシ自転車で走っていきたい。

(完)
人気ブログランキングへ←他のブログも面白いですよ
posted by goiss at 07:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック