2007年02月21日

千葉ブルベ200km走行記(その2)

千葉ブルベ200km走行記(その1)から続く

【PC1〜PC2】

 PC1を出発してから3kmほど走行するともみじロードへ。後で調べるとここは紅葉スポットらしい。最初ゆるやかな上り坂が延々と続き、しいたけ村のあたりできついカーブの急坂になる。最近自転車に乗れていないせいか、結構苦戦する。しかしいいトレーニングだと思ってここをエンヤコラサと登りきる。ここがPC1〜PC2までの最大の山場であろう。後は比較的広い道で、車どおりの殆どない下り坂。ここは自転車通勤では味わえない豪快なダウンヒルを楽しむ。時速50kmは軽く超える。

 あっという間に山中交差点にたどり着いて長狭街道へ。ここは比較的アップダウンのある道である。まずまず無難に走行して平塚入口交差点から県道88号線に入る。あとはしばらく県道88号線を道なりに行けばいいやと思って安心して走行する。走行する道がはっきりしていると走りに集中できる。時折アップダウンはあるが、しいたけ村の急坂に比べればたいしたことはない。

 館山高校交差点で県道88号線に別れを告げ、国道128号線を少し走って交差点を左折すると県道86号線。ここまでくるとPC2まであと10kmほどである。まだ脚に余裕があるので、ゆるい上り坂をアウターでガシガシと登っていく。ここを登りきったところが白浜町であり、あとは長尾橋近くの第2PCまで下り1直線。

 午前10時半ころ第2PCのセブンイレブン白浜滝口店に到着。おにぎり2個とC1000タケダを摂る。PC2では有人ブルベカードチェックをしていた。カードチェックの人が、ブルベカードの住所表記を英語でしていない人全てに「ブルベカードの住所表記は英語でしてください。時折フランスの本部が抜き打ちチェックするときに英語で書いてある必要があります」と、全く同じ文言で几帳面に繰り返し言っていたのが何となく面白かった。

 この区間、しいたけ村の坂がきつかったこと以外は、ややアップダウンのある道が多かったなという印象で、それほど印象に残る区間というわけではない。もっともそれも、次のPC2〜PC3までの区間があまりにも盛りだくさんに色々な内容を含んだ極めて魅力的な区間であったからであり、この区間はこの区間で、自転車通勤なんかでは決して味わえない自転車走行の醍醐味を味わうことはできた。

つづく

人気blogランキングへ←是非ワンクリックをお願いします。


posted by goiss at 03:34| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。