2012年05月14日

BRM512興津400qブルべ完走

 5月12日〜13日に行われたBRM512興津400ブルべに参加し、完走した。

 ブルべとは、Audax Japan (およびその支部)により主催される長距離サイクリングイベントで、そこでは主催者の定める一定の距離を有する一定のコースを一定の時間内に走行すると完走と認定される。レースではなくてサイクリングイベントなので順位はつけない。ブルべには200q、300q、400q、600q、1000qのカテゴリーがあり、それぞれの制限時間は13時間半、20時間、27時間、40時間、75時間である。

 この日のコースは、興津にある駿河健康ランドを発着点とし、富士川橋に至ってから富士川沿いに県道や国道52号線を北上したのち、韮崎から国道20号線に出て富士見峠をとおり、諏訪湖西岸を経て塩尻峠を越えて安曇野市に至り、そこから同じコースを折り返す、というものである。
 このコースの山場は、主として南部町内船近辺の10q近いアップダウン、富士見峠に至るまでの往路25qにわたるダラダラ上り坂、塩尻峠の3か所と思われる。あとは比較的平坦でさほど難コースではない。

 通常このコースのブルべでは学習院沼津遊泳場を発着点としていた。ここは日本建築の平屋建ての建物が発着点になっていて、そこで到着後雑談や仮眠をしたり別棟の建物で入浴したりと至れり尽くせりで、ワタシなんかはそれを楽しみにこのブルべに参加していたところがある。
 ところが今年は学習院遊泳場の建物の改修がはいったため今年に限りここは発着点として使えず、駿河健康ランドにしたとのことである。
 駿河健康ランドはホテルでもあるため前泊ができ、しかも有料であるが入浴と仮眠ができる。それにしても、学習院遊泳場がダメとなると近隣でこれまた至れり尽くせりの施設を見つけて発着点にするのだからAudax神奈川のスタッフのみなさんの努力には頭が下がる。

 前述したようにこのコースはさほど難度が高くなくて走行しやすいため、ワタシは何事もなければおよそ19時間〜20時間程度で完走していた。
 しかしながら、この日往路で100q以上にわたって比較的強い向かい風に直面したまま走行し、しかも夜間走行では塩尻峠では0℃になるほどの低気温という条件となったため、結構タフな走行を強いられた。その上、復路胃の調子が悪くなって食べ物を受け付けなくなって苦労した。
 そんなわけで、今回は何と24時間近い時間をかけてゴールした。まぁ最近自転車通勤をあまり頻繁にしていないため、従前に比し脚がよわっていたというのもその原因としてはありそうである。

 詳細な走行レポートは追って。

人気ブログランキングへ←他のブログも面白いですよ
posted by goiss at 09:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック