2012年02月21日

2月21日の自転車通勤

【2月21日】(シラス)

走行時間:0:55'56 走行距離:23.83km 平均速度:25.6q/h 最高速度:44.3q/h 積算走行距離:21462q

【往路】

さてこの日天気がよく、当然自転車通勤である。3月までいよいよあと10日足らずとなった。3月というと、もう春という気分。今年の冬は本当に寒かった。それもあとひと月くらいでもう寒さは峠を完全に越える。むろん今の冬のままでも自転車走行には支障はないが、暖かくなると薄着ができるのでいっそう自転車走行しやすくなる。

しばらくサボっていた自転車通勤を再開してまだ日が浅く、しかも二日連続でフルコースの自転車通勤というのは本当に久々である。今までの調子で爆走したい気持ちではあるが、体がついてこない。いつも通りのペースにどのくらいの期間で復帰できるかという一種の人体実験のノリで走行する。

平坦地では比較的今までどおりのペースで走行できるが、上り坂で心肺機能の低下が露見する。しかし、心肺機能がいっぱいいっぱいになりかけているところで、つらいと思ってペースを緩めてはいけない。そこでペースを緩めずにバシバシ続けることにより心肺機能が進化するわけである。

そういうわけで、まだ本調子というわけではないが、とにかく楽しく走行して自転車基地に到着する。平均速度は時速25qちょうどである。自転車通勤再開当時に比べると若干ではあるが自転車走行での進歩がみられる。

【復路】

この日午後7時過ぎくらいの帰宅。若干疲れた感じはあるが、地下鉄に乗るともっと疲れそうなので自転車に乗って帰宅する。

往路と同様平坦地だと比較的快走できるが、上り坂になると依然心肺機能を鍛える必要ありと思う。例によってつらいと思ったところでペースを緩めず、そこでペースを保って走行すること。しかし上り坂と言っても、赤坂見附交差点から平河町交差点までの少しの間しかないので大したことはないのだが。

平河町交差点から内堀通りに入るまではゆるい下り坂なので、快走して内堀通りになだれ込むつもりだったが、内堀通りと246とのT字路の信号が赤だったのでこれにはちゃんと従う。

内堀通りに入ってドヒャーと皇居を回り、永代通りに入る。まだそれほど遅い時間ではないが、工事をやっている。いつまでも工期をのばしのばしして道路工事を趣味とする人や、道路工事で金が欲しい人のために工事が続けられている。

永代通りの大手町工事区間を抜け、日本橋のタクシー密集地帯を抜けると、ようやく自転車快走地帯になる。茅場町近辺は日本橋や大手町に比べると何となく暗い感じのエリア。ここは株屋さんが多く、夜遅くまでそんなに仕事している感じではなさそうだ。

永代橋を渡るといわゆる下町地帯に入る。しばらく走行して門前仲町に入る。この日ここにはノロノロタクシーがいなかったので比較的走行しやすかった。その後三つ目通りに入って帰宅する。

平均速度は時速25.6qである。復路では平均時速が26qを超えていたのであろう。まずまずの走行であったと思う。

人気ブログランキングへ←他のブログも面白いですよ
posted by goiss at 23:20| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/253460846
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック