2011年12月31日

2011年自転車生活を振り返り

 2011年も暮れようとしている。その間とにもかくにも自転車通勤では一回の事故もなく過ごすことができてよかった。東日本大震災のためにわか自転車ツーキニストが増加したが、しかしにわか自転車ツーキニストの跳梁跋扈により迷惑をこうむったことはなかった。むしろ東日本大震災を契機に自転車通勤がにわかに脚光を浴び、警察庁が遅まきながらもにわかに自転車利用促進に関して動きをはじめた。今後そうした動きが変な方向に向かわないよう注視していく必要はある。

 自転車イベントへの参加はそれほど多くない。大きく分けてブルべとヒルクライムである。

 ブルべについては、東日本大震災の影響で日程が大きく変更された。そのため、5月12日に、神奈川クラシック600qブルべと佐渡ロングライドが重なる(しかも中学校の同窓会も重なる!!)というトリプルブッキングがあったが、600qブルべを選択した。この年はパリ・ブレスト・パリ(PBP)への出場がかかっているため何としても安全にシュペール・ランドヌール(SR)を取る必要があって、そのためにはいつも参加している神奈川クラシック600qを走ることが一番安全だったからである。

 そういうわけで今年もシューペールランドヌールを取得してPBPに参加することができた。そこでゴール後自転車を盗まれたのは痛かったが、しかしとにもかくにも2007年の前回同様今回も完走することができた。今回天候に比較的恵まれた、かつ2007年のPBPでの反省点を踏まえた準備と走行をできたため、かなり長時間の睡眠休憩を取ったにもかかわらず、86時間1分で相当余裕をもって完走することができた。
 PBPという、4年に一度行われるわが自転車生活にとって相当大きなイベントを無事クリアできて楽しかった。次は2013年に行われる予定であるロンドン・エディンバラ・ロンドン1400qにも参加したい。

 ヒルクライムについては、毎年参加しているツールド草津の他、日程の都合上昨年参加を見送ったツールド美ヶ原に参加できた。いずれも満足できるタイムではないが、楽しかったのでまぁよしとするかと思う。

 その他、ワタシの執務先の社員旅行でハワイに行った際、「勝手に一人ホノルルセンチュリーライド」を挙行した。一人で勝手にホノルルセンチュリーライドのコースを走行するというイベントである。このコースは1年に1度走行できればいいので、もう今年はホノルルセンチュリーライドには出なくてもいいやと思った。
 また、一昨年昨年と行った石垣アースライドも、石垣はもう飽きたし、何よりマーシャルがガチガチの管理体制をとって自由に走らせてくれずにつまらない(そして、厳格な管理体制を敷いているにもかかわらず、大腿骨骨折などの大けがの人を出したりする不手際が見られる。)ので、今年はおろか当面の間は行かない。

 今年の12月23日で自転車生活もマル8年を迎えた。そして自転車生活9年目を迎える来年も事故なく楽しく自転車通勤をすることを基軸に置き、そして時折ブルべとかヒルクライムとかのイベントに参加するといういつも通りの自転車生活を送っていきたい。また、最近ローラー台とか休日のセミロングライドを怠っているため、来年はコチラを復活させたいと思う。

人気ブログランキングへ←他のブログも面白いですよ
posted by goiss at 15:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック