2011年10月17日

10月17日の自転車通勤

【10月17日】(シラス)

走行時間:0:24'07 走行距離:11.66km 平均速度:29.1q/h 最高速度:44.9q/h 月間走行距離:47.95q 積算走行距離:21121q

 先週金曜日(10月14日)夜結構激しい雨が降ったので自転車での帰宅は避ける。そういうわけでこの日復路のみの自転車通勤である。

 前日結構暑かった。どうも関東地方の場所によっては最高気温30℃を超えたところもあったらしい。この日も決して涼しいという感じの日ではなかった。それでも真夏時の自転車走行に比べればまだ爽快ではある。

 この日午後8時ころ自転車基地を出発。例によって246を快走する。帰宅時に骨董通りから六本木通りというコースを使わなくなってしばらく経つ。246を快走するようになると、もうちょっと六本木通りみたいに道が狭くてタクシーばかり多く、しかもアップダウンと信号が多いという、クソみたいな道は通れない。

 南青山3丁目交差点あたりをとおると、相変わらず前輪しかブレーキのないピストが走行している。最近ノーブレーキピストを警察が厳しく取り締まってくれて結構な話である。たとえばサイドブレーキしかない自動車が246を走行していたら怖いだろう。それと同じ話。
 しかし、オマワリの中には、ピストもロードバイクも区別がつかないのがいそうである。そういうのが、交通ルールを守って走行しているロードバイクに弾圧を加えるようになるととても怖い。
 早いところノーブレーキピストを駆逐してほしいものである。で、警察もノーブレーキピストばかりではなく、車道を右側通行している馬鹿自転車乗りを駆逐してほしいものである。

 246をバシバシ走って赤坂見附交差点を渡り、平河町交差点までの200メートルほどの坂をエンヤコラホイサッサと上る。途中ロードバイクで気分よく走行している人をぶっちぎる。そして坂を上りきってからドヒャーと坂を下る。しかし内堀通りに入るためのT字路の信号で止められる。いつもは余勢をかってここを右折し一気に内堀通りになだれ込むところだが赤信号には勝てない。

 信号が青になってから内堀通りに入って例によってバシバシ走り、前方をやはり気分よさそうに走行するロードバイクの人をぶっちぎる。「バシバシ」とか「ぶっちぎる」とか、いかにも殺伐とした感じの自転車走行であるが、実は全くその通りである。オートバイから降りるとやさ男だが、オートバイに乗るとテンションが上がる、こちら葛飾区亀有公園前派出所に出てくる本田巡査の気持ちがよくわかる。

 内堀通りをぐるりと回って永代通りに入る。ここででかいコンボイみたいな自動車が前方をノロノロと走っているので、そいつに巻き込まれないように注意する。粉じんと排気ガスをまき散らしながらノロノロと道路を占拠するコンボイ自動車は、大手町のような瀟洒なビジネス街には全く似合わないのだが、コンボイにしてみれば似合う似合わないで道路を走っているわけではない。まぁやりすごしてしまえばそのうちどこかに行ってしまうのでまぁいいかと思う。

 ときに午後8時前後。この時間帯だとまだ道路工事はやっていないので、比較的スイスイと大手町を走行できる。大手町を抜けて日本橋。ここもまぁ若干の客待ちタクシーはいつつもまずまずの快走である。この近辺でも数名の自転車通勤の人たちが気持ちよさそうに自転車走行している。自転車に乗る時間は、満員電車でもみくちゃにされながら、ただ移動と苦痛と忍耐だけの時間を過ごすよりも、ずっと人生にとって有意義な時間である。
 しかし、殺伐とした自転車走行を好む私にとっては前方で気持ちよさそうに走る自転車は邪魔なので、情け容赦なく安全にぶっちぎる。

 日本橋を抜けると茅場町。日本橋に比べると街が暗い。朝早い分夜も早いのだろうか。ここは本当に朝が早い。遠くから通勤している人だと、下手をすると日の出前に電車にのる場合もあろう。

 茅場町を抜けて永代橋を渡り、深川と呼ばれるあたりに入る。そこを少し走行すると門前仲町。この近辺ではノロノロと走行するタクシーがいて結構じゃまなのだが、この日はそういうのがいないためスイスイと気持ちよく走行できる。

 途中門前仲町の小さい交差点の赤信号で信号待ちしていると、信号無視をして赤信号を突っ切る馬鹿自転車乗りがいた。信号が青になるや否や猛ダッシュをかけてそいつをぶっちぎる。ぶっちぎりざま「信号守れこのタコ」とでも声をかけたかったが面倒くさいのでやめた。

 そういうわけでまずまず気分よく自転車走行して帰宅する。平均速度が時速29qを上回ったので、なかなかの快走だったなと思う。

人気ブログランキングへ←他のブログも面白いですよ
posted by goiss at 23:20| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック