2010年03月04日

内部管理責任者合格体験記

 さて3月1日内部管理責任者の試験を受け、3月3日合格通知を受けた。私は現在証券会社にて執務しており、つい先だって証券外務員一種の試験には合格しているのだが、私が所属している部門がいわゆる管理部門に属する部門であるため、内部管理責任者の資格を取得することが必要なのである。

 内部管理責任者とは、要は証券会社(日本証券業協会員、以下「協会員」)の内部管理体制強化や適切な営業活動のために作られた資格のことである。
 内部管理責任者は営業活動が金商法その他の法令諸規則等に準拠し適正に遂行されているかどうか常時監査する等適切な内部管理を行う地位にある。

 内部管理責任者の受験資格は、協会員の役職員であって証券外務員一種の資格を有することが最も基本的な形態である(ただし、それ以外の受験資格もあるが)。そのため、証券外務員一種の資格の取得は、内部管理責任者の受験資格を取得するためのものであった。

 内部管理責任者の試験範囲は、以下の事項となっている。

・内部管理、法令遵守、協会員役職員の倫理
・顧客口座の開設
・投資勧誘の管理
・顧客注文の受託と管理
・受渡・保管等の管理
・協会員と役職員の規制
・一般的不正行為と価格形成の監視
・その他管理に関する事項

 試験時間は90分で50問(○×方式25問、四肢選択方式25問)。配点はすべて1問10点で、500点満点のうち7割(350点)以上の得点で合格である。

 この試験の難易度はどうか。結論から言うとさほど難しくない。ただしやり方が大事である。この点は証券外務員一種と変わらない。
 ただし、証券外務員一種よりも、出題範囲は狭くなっているがその分結構細かいところまで問われているという印象がある。証券外務員が「広く浅く」なら、内部管理責任者が「狭く深く」であろうかと思う。
 
 勉強すべき量は、証券外務員一種よりもかなり少ないと思う。テキストの分量からして3分の1〜せいぜい半分くらいかと思う。
 ただし、勉強の質が違う。証券外務員一種の場合は、計算問題のように、いったん考え方を理解してしまえばあとは何とかなるようなものがあるが、内部管理責任者の試験では、こうした計算問題を含む、考え方がわかればあとは何とかなる、という性質のものはほとんどなく、記憶を頼りに解答するものがほとんどである。

 私がとった勉強法は、徹底的に一つのテキストを問題演習中心にやるというもので、これは証券外務員一種の時と同様であった。そして、使用したテキストは、嶋田=西村「内部管理責任者合格のためのバイブル」(税務経理協会、2009年、以下「バイブル」)。である。
証券外務員内部管理責任者合格のためのバイブル
証券外務員内部管理責任者合格のためのバイブル

関連商品
最短合格 よくわかる証券外務員内部管理責任者試験問題解説集〈2009/10年度版〉
証券外務員一種試験対策問題集〈2009年度版〉
会員 内部管理責任者資格対策問題集〈平成21年度版〉
証券外務員一種合格のためのバイブル
証券外務員一種合格のためのバイブル

 この本も、「証券外務員一種合格のためのバイブル」と同様、要点がまとまっていて、内部管理責任者受験のために必要な情報が要領よくまとめられている。
 ただし、証券外務員の試験と異なり、内部管理責任者の試験の場合は「深く狭く」が要求されている。そのため、重要度では★★★まででは足りず、一応全ての項目を抑えておく必要があろう。そして、おそらく基本的には、それまで押さえておけば、一応合格点は取れるだろう。

 私の場合、これと心中するつもりで勉強して何とか合格したが、じゃぁ自身をもってこれ一冊でOKかというと、証券外務員一種のときのように、「これ1冊で十分です」とは言い切れない。証券外務員のときと異なり、バイブルで出てこない内容も結構出てくるからである。

 そこで、証券外務員のときと異なり、きんざい教育事業部編「最短合格 よくわかる証券外務員内部管理責任者試験問題解説集〈2009/10年度版〉」 (きんざい教育事業部、2009年、以下「問題集」という。)を一通り問題とこれに関連する記述箇所のチェックくらいはやっておくべきだと思う。ただし、私自身の勉強では、そこまでできていない。せいぜい問題集中の問題を5割方解いたくらいであろう。
最短合格 よくわかる証券外務員内部管理責任者試験問題解説集〈2009/10年度版〉
最短合格 よくわかる証券外務員内部管理責任者試験問題解説集〈2009/10年度版〉
きんざい教育事業部

関連商品
証券外務員内部管理責任者合格のためのバイブル
証券外務員一種試験対策問題集〈2009年度版〉
最短合格よくわかる証券外務員一種〈2009年度版〉
合格必勝ガイド 内部管理責任者要点整理〈2009年度版受験用〉
うかる!証券外務員一種直前演習〈2009年版〉

 それで合格しているのだから、それで勉強は足りたのかもしれない。しかし、そうはいってもそのときに出た問題との相性がたまたまよかっただけかもしれず、問題との相性によっては落選の憂き目を見たかもしれない。
 内部管理責任者の場合、結構細かいことも問われるので、バイブルで不足する場面が出てくる。それを補うため証券外務員のときよりも比重を置いて問題集をやったほうがいいと思う。

 この問題集、実はテキストに相当するような記述もあるため、内部管理責任者試験の勉強のテキストとしても使える。そこで、これ一冊だけで済ますというのもありだと思う。私は、バイブルのほうがまとまりがよくて好きだったのでバイブルで勉強をしたが、バイブルを中心とするか、問題集を中心とするかは、その本との相性で決めればいいと思う。

 勉強の期間。証券外務員一種に必要な勉強時間よりは少ないと思う。私の場合、本腰を入れてバイブルに立ち向かったのはせいぜい4時間〜5時間で、後は電車に乗ったり食事を待ったりという細切れの時間を使ってバイブルを通読したり問題集をペロペロとやったりしていた。全部でせいぜい12〜15時間くらいだろうかと思う。
 ただし、勉強時間はひとつの目安であり、人によって異なると思う。私が証券外務員一種のときにやったように、週末2日をつぶしてバイブルか問題集をやり、あと平日の仕事後一日1〜2時間の勉強を3日ほど、というのが安全なペースであろうかと思う。

 勉強の仕方であるが、私が証券外務員一種のときにやったのと同じく、問題演習中心ですすめ、その問題に関連したテキストの記述のキーワード、キーセンテンスを抑えておくやり方ですすめればいいと思う。 週末をつぶしてバイブルや問題集を一通りつぶし、平日の仕事後一日1〜2時間の勉強を3日ほど行うときに、問題演習を繰り返す、ということでいいと思う。で、試験の直前には出題頻度の高いところとか自信がないところをペロペロとみておくと。

 証券外務員一種のときと異なり、合否のカギを握る部分を見出しにくい。あえて言うなら、あまり的を絞らずに広く勉強しておき、解答可能な領域をできるだけ広げておくのがコツであろう。
 また、試験時の技術的なことを言えば、5択の部分よりも○×の部分のほうが得点しやすく、しかも証券外務員一種の場合と異なり○×の部分と5択の部分とで配点は異ならないので、○×の部分でできるだけ失点しないようにするのがよいであろう。

 これだけの勉強をしていても、出題内容は結構細かいので、絶対に何問かは知らない問題が出てくる。しかし、バイブルや問題集でちゃんと勉強した問題を解けていれば、合否には影響しないと思う。
 また、ぜんぜん知らない知識を問われた場合にどのように対応したかであるが、これは、そこで問われている法規とかルールの制度趣旨、つまり、その法規とかルールがなぜ設けられているか、という理由にさかのぼって問題に対応するのが鉄則であると思う。
 つまり、そもそもここで問われている制度はこういう理由に基づくから、それから考えるとおそらくこうなるであろう、という推論を働かせて解答をすることになる。そういう考え方でとくと、正解かどうか不明な問題のだいたい半分くらいは取れていると思う(根拠レスな自信。でもそれって結構大事)。

 90分で50問だが、時間は十分足りると思う。私は35分くらいでとりあえず全部解き、残り時間を全部使って見直しをした。結局試験終了3分前に退室したが、そのときはすでに誰もいなかった。

 内部管理責任者の合格率についてはよく知らない。しかし、証券外務員一種の延長みたいな試験だとするなら、合格しても誰もほめてくれないが、落ちると死ぬほどみっともない試験、ということになる。
 そう考えていたので、結構プレッシャーはかかっていた。そういうわけで、やはり合格したときは心底うれしかった。これで、証券外務員二種、証券外務員一種、及び内部管理責任者の全てを一回の試験で合格したことになる(ちなみに、めずらしいことにそれぞれについて急な仕事のため全て1回ずつ受験を延期している。)。人生のうちでこれほど立て続けに試験を受けたことも珍しい。

 それにしても、最近の試験はパソコンを使えるようになったので、受験の様相も一変した。かつて試験というと、でかい会場に大勢の受験者が一挙に集まり、試験監督がちゃんといて紙を配り、試験始めのお知らせと試験終了のお知らせがきっかりとなされ、いかにも試験という感じだったのだが、最近はパソコン教室のようなところが試験会場となり、ついたてで仕切られた座席に案内されたら順次試験開始という感じ。試験自身も筆記具を使わず、パソコンのマウスで解答。パソコンができたおかげでずいぶん試験も様変わりしたものだ。

 証券外務員一種の合格体験記は結構少なそうであるため、内部管理責任者の合格体験記も少ないであろう。そういうわけで、希少価値があるものと思って日記代わりに内部管理責任者の合格体験記を書いてみた。

人気blogランキングへ←是非ワンクリックをお願いします。
posted by goiss at 06:52| 東京 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
会社に勤めても試験があるんですね。勉強家に頭が下がります。
Posted by at 2010年03月05日 18:01
>? サマ
コメントありがとうございます。試験の中身がある程度仕事にかかわってきます。そのため勉強したことが役に立ちます。そうした勉強はやりがいがあります。
勉強といってもそれ自体が目的ではないので、最小限の努力ですますにはどうすべきか、という技術的問題もまた大きいですね。無駄な努力をして他のことができなくなるのは困りますから。無駄な努力をせず、さまざまなことに勉強のための時間を使えるのが、本当の勉強家なのでしょう。そうありたいものです。
Posted by goiss at 2010年03月06日 12:49
突然失礼します。

証券外務員まとめサイトを運営しております。内部管理者の合格体験記拝見しました。
二種の体験記は他のブログにもあるのですが
内部管理者のは体験貴重な体験談だと思いましたので、トップページからリンクさせていただきました。

よろしければ相互リンクしていただくことは出来ないでしょうか。

www.get-ana.com
証券外務員資格まとめサイト

よろしくお願いいたします。
不適切なコメントでしたら削除ください。
Posted by みち at 2011年09月29日 00:50
>みちサマ
コメントありがとうございます。なるほどよくまとまったサイトですね。リンクさせていただきました。
Posted by goiss at 2011年09月29日 12:34
goiss さま

ありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします!
Posted by みち at 2011年09月29日 23:51
 2月8日に受験した内部管理責任者試験の合格通知が本日きました。 
 ゴイスさんのブログは大変参考になりました。バイブルときんざいの問題集で昨年11月末から学習開始し、12月に二種、1月に一種を取得。信用取引とOPの計算問題が最初は全く理解できず、挫けそうになりましたが、おかげさまで三つとも一発合格できました。
 購入直後に新問題集(外務員)が出たようですが、しっかり学習すれば、76問が100問になったところで、関係なかったです。
 勤務先が特別会員なので、登録することはないと思いますが、久々の学習はためになりました。ありがとうございました。
Posted by TUKA at 2012年02月10日 20:02
>TUKAサマ
合格おめでとうございます!! 信用取引とOPはちょっと理解が大変だったと思います。私自身も理解までに少し時間がかかりました。ワタシのブログが参考になったとの事で、ブログ記事を書いた者としてはとてもうれしいです。
これからもお仕事に励んで幸せな生活を送られますように。
Posted by goiss at 2012年02月10日 21:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/142711295
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック