2010年02月02日

2月1日の徒歩通勤

【往路】

 さてこの日天気予報によると雨か雪になるという。雨ならともかく雪ではちょっと自転車はまずいので、自転車通勤は見合わせる。
 しかし、そうはいってもその場合に乗るのは東京メトロでも名にし負う激混み路線の東西線、その中で最も混雑するのが木場〜門前仲町間であるところ、私は木場駅から地下鉄に乗ることになるので、一番混んでいるところで無理やり地下鉄に乗らなければならないことになる。
 最も混雑する時間帯の午前7時50分〜8時50分の間、ほぼ200%位の乗車率。私が電車に乗るであろう午前7時半ころには、乗車率はもう限りなくその数値に近づいている。

 しかも、それだけ混雑する電車に乗ったからといって、必ずしも早く到着できるとは限らない。私の家から最寄り駅まで徒歩13分、執務先の最寄り駅から執務先まで7分くらい。徒歩区間だけですでに20分を費やしている(ちなみに自転車なら走行時間は10分)。
 その上電車に乗ったら電車待ちの時間やら、電車走行中も信号待ちのための停車やら、何だかんだ言って2駅程度の間で10分以上はかかりそうである。そう考えると、執務先と家とのたかだか3km程度の間を移動するために、30分はみっちりとかかることになる。

 しかし、そう考えると、実は家から執務先まで歩いていくのと使う時間は大して変わらないのでは???と思う。3kmほどを徒歩で移動するなら、30分〜40分もあればOKでは?? 
 そして、歩いている間にうまいことバスがつかまるようであれば、それに乗ってしまうのがよい。そう考えて、この日は徒歩で執務先に向かうこととする。家から執務先に純粋に徒歩で向かうのは、私の職歴上初めてのことである。

 とりあえず家からまず三つ目通りを歩いて永代通りに出る。時計を一応確認すると、徒歩で行っても間に合いそうな時間だったので、引き続き執務先への徒歩を続ける。

 途中、バスが来そうな感じだったら乗るつもりであったが、全くバスが来る気配がない。本当にバスは走っているんだろうかと思うくらいにバスが来ない。テクテクと20分ほど歩みを続けていくと、門前仲町にたどり着く。まだバスは来る気配がない。

 門前仲町から電車に乗ると、次の駅の茅場町が執務先の最寄り駅なのだが、そもそも茅場町から執務先まで徒歩で8分くらいかかる。門前仲町から執務先まで徒歩でだいたい10分程度くらいの感じなので、却って電車に乗ったほうが遅いし混むしどうしようもないということがわかる。
 それだったら、門前仲町から執務先まで徒歩で行き、その間もし適当なところでバスが来たら乗り込む、というスタンスで行くことにする。

 そういうスタンスで徒歩を続けたが、結局バスが来たのは執務先まであと500メートルくらいのところであった。それだけのところに200円出していくのもアホらしいのでバスには乗らない。

 結局3kmほどの道のりを32分くらいかけて執務先に到着した。これなら、地下鉄に乗るのとさほど変わらない時間あたりの移動速度で進むことができる。しかも、おそらく若干の運動にはなるのであろう。これからも、天気が悪いときは、地下鉄に乗らずに徒歩による通勤を検討してみることにしよう。

【復路】

 この日同業者3人で会食。八重洲の焼肉屋である。仕事の話をしながら焼肉を食べる。同業者とはいっても、執務している業界が違う(何とも変な表現)ので、全く専門外の話が出てきてなかなか面白い。午後7時20分ころ遅れて到着し、結局午後10時位まで長々と食事をした。

 この日東京は珍しく雪。しかし、東京で雪が降ったことを全国的に大々的に流す必要があるのかなぁ。東京の雪は全国民的な関心を生じるニュースか。単にテレビ局が東京にあり、しかも単に東京が首都なので東京の雪が全国ネットを通じて流されるのだろう。別に中央線が止まったからといって北陸地方や東北地方の人たちの生活がどうにかなる、というものでもあるまいし。

 それはそれとして、雪が降ると歩きにくい。滑らないように注意して歩く。それでも大手町近辺は人通りが多いので雪が積もらず雨が降ったときのようにぬれている。そのため、雪ですべるということはない。午後10時台の帰宅である。さすがに地下鉄は午前7時台のような猛烈な混雑ではないため、地下鉄に乗って帰る。

 地下鉄の駅を出てから家に向かう。さすがに都心のような人通りの多い雑踏ではなく、かつ降雪量も増えてきたので結構歩きにくい。最後自宅近くに雪が積もっているところがあって、そこで滑って転んでしまった。雪のときに滑って転ぶと結構派手な転倒になるので気をつけなければならない。とっさに何とか受身の態勢をとって難を逃れた。

人気blogランキングへ←是非ワンクリックをお願いします。


posted by goiss at 23:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。