2009年08月17日

8月14日の自転車通勤

【8月14日】(シラス)

走行時間:0:26’58 走行距離:11.62km 平均速度:25.9km/h 最高速度:42.7km/h 積算走行距離:16690km

【往路】

前日天気はよかったもののちょっと用事があったため自転車に乗らない。この日は天気が良いので自転車通勤である。ついしばらく前までは、天気が良いんだか悪いんだか、梅雨が明けたんだか明けてないんだかわからないような天気だったが、ここ数日はよい天気である。

 自転車の手入れをしようとおもいつつもサボっている。本来洗車は2週間に1度はすべきものなのだが、このところずっとさぼり続けている。自転車のタイヤの空気圧も減ってきている。そういうわけで、露骨にスピードが出ない。特に雨の中自転車に乗ることもあったため、チェーンの油切れは深刻である。

 豊洲駅を過ぎてからの快速区間もさほどスピードが出ない。まぁしかし、道は広いしさほど自動車が多いというわけでもないので、よしとするか。

 そういうわけで、この日も楽しく走行して台場の駐輪場に到着する。平均速度は遅いかと思ったが、時速27kmちょうどだったので、意外と速かったかという感じ。

【復路】

 この日わが畏友nakaji氏主宰のオセロ練習会に行ってからの帰宅である。練習会が天王洲アイルであったので、天王洲アイルからりんかい線に乗って東京テレポート駅で降り、台場の駐輪場で自転車に乗って帰宅である。自転車仕様の服に着替えるのが面倒くさいので、ビンディングシューズに履き替えるだけで済ます。

 この日既に午後10時を回っているというのに意外と自動車が多い。たぶん台場に自動車で遊びに来る人が帰宅するのだろう。台場に来た人は、多分期待よりも面白い場所ではなかったと思って帰るのではなかろうか。

 レインボーブリッジとフジテレビがあって華やかそうに見えるが、その本質は輸送トラックが疾走する埋立地・倉庫街・東京の一等僻地である。都市博覧会が中止になってから何となく開発が中途半端に終わり、そのため中途半端な街づくりになっている。
 この中途半端な街を次はオリンピックで何とかしようというのだろうか。都市博とオリンピック、そこまでしてこの一等僻地を盛り上げようとしている背後にあるものが興味深い。

 それはそれとして、とりあえず台場からまずは有明コロシアム東交差点まで一部デコボコ道を含む道のりを走行する。右横には有明テニスの森があるのだが、全くそういう気配がない。

 有明コロシアム交差点を左折してゆりかもめの下道を道なりに走行する。さすがにこの時間、この通りは交通量が少なくて走行しやすい。そのまま豊洲駅まで楽しく脚を止めずに走行する。

 豊洲駅から先は街並みになり、自動車が増える。特にホームセンターに出入りする馬鹿自動車に注意しなければならない。まぁそれでも混雑して高いバスに乗るより圧倒的に楽しく楽なので、まぁいいかと思って帰宅する。平均速度が時速25.9kmに落ちているので、まぁ慎重に走ったなという感じである。

人気blogランキングへ←是非ワンクリックをお願いします。


posted by goiss at 21:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。