2013年01月31日

1月30日の自転車通勤

【1月30日】(シラス)

走行時間:0:53'50 走行距離:21.44km 平均速度:23.8q/h 最高速度:44.6q/h 積算走行距離:22320q

【往路】

この日久々の自転車通勤。1月にはいってまだ3回しか自転車通勤していない。そんなわけで自転車走行のポテンシャルは落ちていて従前のようにバシバシ走行するという感じではない。また寒いのでいつもの七分丈ジャージではなくて普通のジャージをはいて走行する。そのためいつもよりも空気抵抗が大きくなおさらバシバシ走行と言う感じではない。

この日やたらとでかい車に進路を阻まれることが多くて減速することが多かった。ポテンシャルの劣化とともに進路を阻む車のため周囲に注意して走行しなければならないため、なおさらバシバシと走行できない。

こうしてみるとこの日の自転車での通勤は楽しくないかとも思える。しかし電車で通勤していると、やれ時間調整だやれ事故だと安定した通勤ができず、何より電車が込むため楽しくない。
特に電車に乗っていて不思議に思うのは、時間調整と駅でなかなかドアを閉めない駅員である。「後続の電車が遅れているため時間調整をしています」ってよく言うが、後続の電車との間隔を調整するイミって何かあるのか?
それに、駅で発車のベルが鳴ってから「はい閉めま〜す、無理な乗車はお止めください、はい閉めま〜す」と何度もいいながらも、駅員はなかなかドアを閉めない。そんな態度だからドアを閉めない間に次から次へと人が乗ってきてドアを閉めるタイミングを失し、なかなかドアを閉められないのだと思う。一度ドアを閉めると言ったら、不退転の覚悟で、客を断固と寄せ付けないように毅然としてドアを閉めることが大事だと思う。

自転車に乗って通勤すれば、こんな楽しくない電車通勤に煩わされなくてすむ。しかも自転車の場合、乗ったら乗っただけポテンシャルが上がるとか、腹が引っ込むとか言う、目に見える効果が現れる。良いことが多い。

ポテンシャルが上がらないとか服装の空気抵抗が大きいとか自動車に邪魔されるとかでこの日の平均速度は23.1kmで、最高速度にいたっては時速34.9kmである。なんとも情けない走行ではあるがまぁいいやと思う。

人気ブログランキングへ←他のブログも面白いですよ
posted by goiss at 08:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月21日

1月18日の自転車通勤

【1月18日】(シラス)

走行時間:0:52'58 走行距離:21.44km 平均速度:24.30q/h 最高速度:41.3q/h 積算走行距離:22298q

(とりあえず記録のみ)

人気ブログランキングへ←他のブログも面白いですよ
posted by goiss at 00:47| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月07日

新年初自転車通勤

【1月7日】(シラス)

走行時間:0:52'54 走行距離:21.23km 平均速度:24.1q/h 最高速度:42.6q/h 積算走行距離:22277q

【往路】

さてこの日仕事始め。昨年はあまり自転車に乗らなかったので、今年はバシバシ自転車に乗ろうと思って仕事始めの日から自転車通勤とする。ここしばらく自転車にほとんど乗っていないため、目に見えて腹が出てきたので、そちらも何とかする必要があるため、バシバシ自転車に乗る必要がある。

例によって越中島通りから清澄通り。ここまでは通常通りの自動車の込み具合だが、信号で止められたり減速したりとさほどスピードを出せない。まぁ久々の自転車通勤だから無理せず楽しく走ればいいやと思ってバシバシとは走行しない。

勝どき駅前交差点を右折して晴海通りに入ると、意外と自動車が多い。そのためそんなにスピードを出せない。しばらく自転車走行していなかったのでまぁ丁度いいかと思う。そんなこんなでのんびりとしてペースで晴海通りを走行する。

日比谷交差点を左折して日比谷通りを走行する。この通りはそんなに交通量が多いというわけでもないのでここは比較的快走出来る。しかしそれほど長い区間ではなくてもうちょっと長くこの通りを走行したいなと思う。事実この通りは結構自転車走行が多く、西新橋交差点から先バシバシと走行する人が結構いる。

西新橋交差点を右折して外堀通りを走行する。ここも通常と比べて自動車が多い。この日が仕事始めの人が多く、そのため自動車が多いのだろうか。何が何でも自動車を使うという風潮が未だに残っている。エコな交通手段として自転車がもてはやされているが、日本が京都議定書の数値目標を達成する見込みがなくなってから、エコな交通手段の推進が生ぬるくなったのだろうか。宜しくないと思う。

西新橋交差点を右折してちょこっと走行したところで西新橋一丁目交差点で赤信号に止められる。かつてはここで止められることはほとんどなかったが、信号の周期が変わったのかここで止められて、次の虎ノ門交差点を青信号で通過する場合が多い。その後特許庁前五叉路で赤信号で止められる。ここで赤信号で止められると長い。

特許庁前五叉路の信号が青になって外堀通りを走行する。しかしそこを走行する自動車がノロノロと走行していてなかなかスピード走行できない。そこでの自動車の流れはだいたい時速24km位である。時速24km程度でガソリンばかり食ってノロノロ走行するなんて自動車の価値がありゃしない。都市部に自動車を走らせるイミってあまりないと思う。

赤坂見附交差点を左折して246を走行する。ここでも自動車がノロノロ走行していて、上り坂で自動車をぶっちぎる。上り坂で自転車にぶっちぎられる自動車なんて走行価値があるんかいなと思う。

ダラダラと500メートルほど続く上り坂を上って青山一丁目交差点にいたり、その後横道に入って自転車基地に到着する。平均速度は何と時速23kmソコソコ。道路が込んでいて余り快走できなかったが、久々の自転車走行のリハビリになってまぁいいかと思う。

【復路】

この日午後6時50分ころ自転車基地を出発して帰路に就く。この日ジャンパーを着ていて空気抵抗があるせいかやたらとスピードが出ない。この日そんなに寒くなくてジャンパーを着るほどでもなかったなと若干後悔する。風がなければ東京の冬なんてそんなに寒くはないし、自転車をこいでいれば自然と体は温まる。それならジャンパーなんかいらない。

246の赤坂見附交差点までドヒャーと下り、赤坂見附交差点から平河町交差点までドヒャーと上る。そして内堀通りまでまたドヒャーと下る。この近辺上り下りがあって意外と味わいのある地形である。

この日は最高裁判所が角にある交差点で信号に止められる。ふっと前方を見ると、オマワリがテロリストのように闇に潜んでいる。何のためにこの近辺にいるのだろう。社民党の護衛か。
その交差点の信号が青になって前進しても、次に内堀通りとのT字路の信号がまた赤になっている。ここら辺は下り坂で、信号が全部青になっていればドヒャーズビャーと高速走行が楽しめるだけにつまらないところではある。
内堀通りに入って下り基調のところを快走する。こういうふうに快走できると自転車通勤でよかったなぁと思う。そのまま内堀通りをぐるりと回って永代通りに入る。あとはひたすら一直線に走る。

大手町近辺では変な道路工事をやっていることが多いのだが、この日はまだ時間が早いと見えて変な道路工事はやっていない。それにしてもこの辺で長いこと道路工事をやっているのっていったい誰のために役に立っているのだろう。多分工事を請け負っているゼネコンの役にしかたっていないのだろう。

大手町を抜けて日本橋を走行する。日本橋近辺相変わらずタクシーが多い。タクシーをかわしつつ適宜走行する。日本橋を抜けて茅場町に来ると、タクシーも少なくなって走行しやすくなる。日本橋は夜もなかなかにぎわっているが、茅場町になるとその賑わいが失せてひっそりとしている。証券業界から足を洗ってもう2年半になるが、今証券業界はどうなんだろう。

茅場町を通過して永代橋を渡ると一気に都会色が抜ける。しばらく走行して門前仲町。時折ノロノロタクシーが停車場所を求めてフラフラと走行しているがこの日はそうでもなかった。門前仲町の永代通りを駐停車禁止にしたらタクシー業者どんな顔をするかな。

門前仲町を抜けて木場に入り、三つ目通りをとおって帰宅する。平均速度は時速24q。ジャンパーを着たので空気抵抗があってなかなか速度が上がらなかったことによるものだろう。

人気ブログランキングへ←他のブログも面白いですよ
posted by goiss at 22:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする