2011年06月29日

6月29日の自転車通勤

【6月29日】(シラス)

走行時間:0:52’24  走行距離:23.72km 平均速度:27.1km/h 最高速度:46.1km/h 月間走行距離:120.13km 積算走行距離:20551km

【往路】

 この日晴天でものすごく暑い。梅雨の中休みである。中休みのうちに自転車通勤しておかないとなかなか自転車通勤できなくなるので、この日自転車通勤する。

 自転車通勤に不向きな季節は一見寒い冬のようだが、実は夏である。冬の場合300メートルほど走行すれば体が温まって問題はないのだが、夏の場合適時に水分を取らないと熱中症の可能性がある。ワタシの場合片道12km位であるが、それでも残り3km地点になると結構水がほしくなる。

 例によって越中島通りから清澄通りに出て走行する。昨日タイヤに空気を入れたため絶好調の走りである。週末はチェーンを洗浄してさらに走りに磨きをかけることにしよう。

 勝どき駅前交差点を右折して清澄通りから晴海通りに入る。これからしばらく激混みの晴海通りを走行する。昨日と比べると大分混んでいるという印象である。そのため昨日と比べるとゆっくりめの走行。一日として同じ自転車走行はない。

 日比谷交差点を左折して日比谷通りを走行する。このあたり意外と自転車通勤の人たちが多い。前方ややノロノロと走行する自転車がいて邪魔だったが、若干道が混んでいてそいつをぶっちぎるのも危険なので、ぶっちぎらずにチンタラと走行する。とにかく無理せず楽しく走行することが通勤自転車走行の極意である。

 日比谷通りから西新橋交差点を右折して外堀通りに入る。ここで信号待ちをしてハッと顔を上げると、いつもは角にあった新日石本社ビルが消滅している。ワタシが自転車通勤をサボっている間に解体されてしまったようだ。新日石本社は大手町に移ったのでここは売却されたようだ。地下4階、地上9階、築47年のビルなので解体の上再開発ということなのだろう。
 今まであったもので、しかも歴史のある会社の入れ物が消滅してしまったのは、何となくさびしい感じ。築47 年というとワタシより一つ年上のビル。ワタシと同年代の建物が寿命とか再開発のために消滅するような年代になったか。ワタシも年をとったものだ。

 この日外堀通りでは特許庁前五叉路の信号で止められずにそこを通過できたのでなかなか気分がよい。引き続いて溜池交差点を渡り、山王下交差点を通過する。この日この間信号に止められなかった。珍しいことである。

 赤坂見附交差点を左折して246を走行する。この日意外なほどに246が空いている。前方にほとんど自動車がいない。何とも不思議な風景である。例によって前方遠目に視線を置いて坂を上る。その坂を上り終えると後は平坦な道のり。ここは道広く自動車の走行量も少なくて結構走行しやすい。そんなわけでこの日も楽しく安全に自転車基地に到着する。平均速度は時速26km台だったのでまぁまぁの快走だったかと思う。

【復路】

 この日午後8時半頃自転車基地を出発する。例によって246を走行する。以前六本木通りを通って帰宅していたころに比べると大分走行しやすく楽しい。246は道幅が広くて走行しやすいが、六本木通りは道せまくタクシー多くてつまらない道である。

 青山一丁目交差点からドヒャーと下って赤坂見附交差点から平河町交差点までエッサホイサと上る。途中やはりロードバイクで坂を上る人をぶっちぎる。やはりこういう起伏がある程度ないと走行していても面白くない。で、平河町交差点から再びドヒャーと下って突き当たりを右折し、今度は内堀通りをズビャーと下る。このあたり下り&良好路面&広い道、なのでとても走りやすい。あっという間に大手町。

 大手町から永代通りに入る。家まで残り5km位の道のりである。タクシーに注意して走行すること以外はまぁ普通の走行。日本橋に入っても引き続きタクシーに注意して走行する。こうしてみるとタクシーの数が減れば東京の道は走りやすい道になるんだろうなと思う。

 日本橋コレドの向かいにぽっかりと空き地ができた。おそらくここで再開発がおこなわれるのだろう。新日石の空き地といい、通り道に再開発区域がおおい。そういえば昔のAIGビルもいよいよ取り壊されて新しい建物ができるようだ。かつての高度成長期を控えた50年ほど前の風景が次々とスクラップと化していく。次の50年でどういう風景になるか。

 茅場町に入ると何となく暗くなって車通りも少なくなりさびしい感じ。あまり都会っぽくない。ワタシはここで半年ほど働いていたことがあった。面白みがなくてあまり好きな街ではなかった。南青山で働くことになって楽しい。

 永代橋を渡ると都会の雰囲気は消えて普通の街の趣になる。しばらく走行すると門前仲町。この日はノロノロタクシーのために減速を強いられることはなかったが、停車中のタクシーが急に発進するのに注意しなければならない。馬鹿タクシー、とりわけ年よりの個人タクシーには十分注意しなければならない。

 門前仲町を抜けて木場に入り、三つ目通りを通って帰宅する。平均速度が時速27kmを超えているのでなかなかの快走だったかと思う。さすがにこの日めちゃくちゃに暑かったので、帰宅すると自転車ジャージとグローブが汗でびしょびしょになる。

人気ブログランキングへ←他のブログも面白いですよ
posted by goiss at 22:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6月28日の自転車通勤

【6月28日】(シラス)

走行時間:0:52’50  走行距離:24.07km 平均速度:27.3km/h 最高速度:?km/h 月間走行距離:96.40km 積算走行距離:20528km

【往路】

 この日久々の自転車通勤。6月にはツールド美ヶ原レースに出て往復40kmほど走行してはいるが、それ以外の自転車通勤となると意外と少ない。梅雨時ということもあるが、今年の梅雨は意外と雨が降っておらず自転車走行に差し支えのある日は意外と少ないので、むしろ自転車走行のやる気がないことがその主たる原因かと思われる。

 自転車走行のやる気がない、ということは、裏を返すと、電車通勤でもまぁいいか、という事でもある。自宅から徒歩だいたい10分くらいの木場駅から東西線に乗ってみたところ、私の通勤時間帯である午前9時〜10時の間はさほど激混みしないことがわかったので、東西線に乗ってもまぁいいかと思ったことがその理由である。そんなわけでしばらく東西線〜銀座線で通勤してみた。しかし電車での通勤は面白くないので飽きた。そこで久々に自転車で通勤してみることにする。

 しばらく自転車を使用しておらず、タイヤの空気圧が落ち込んでいた。そこで8気圧くらいまでタイヤの空気を入れて走行する。その効果は絶大で、従前と同じようにこいでいてもスピードが違う。時速33km〜35km程度は苦もなく出る。すっかり楽しくなってバシバシ走行する。

 勝どき駅前交差点を右折して晴海通りを走行する。この日築地四丁目交差点と三原橋交差点の双方の交差点を止められずに走行する。いつもはそのいずれかに止められていたので、そのいずれにも止められずにクリアできるということがあると何となくうれしい。そんなわけで、この日若干の混雑にも関わらず晴海通りを快走できる。

 日比谷交差点を左折して晴海通りから日比谷通りに出る。ここは意外と自転車走行する人が多い。都心部にしては比較的道が空いていて道が広々とし、かつノビノビとした風景が随所にあるからだろうか。例えば日比谷公園とか、増上寺とか、東京タワーとか。

 西新橋交差点を右折して外堀通りに入る。外堀通りはそんなに混んでいないのでまずまずの快走ペース。しかし特許庁前五叉路の信号で止められる。ここで止められると長いのでちょっとイヤ。後はまぁまぁのカンジ。

 赤坂見附交差点を左折して246に入る。246で500メートルほど続くダラダラ坂を上る。なかなか調子よく登れるのでサイコンを見ると時速29km出ている。視線を前方遠めにもっていって走行すると何となく速度が上がるような気がする。走行姿勢に影響するのだろうか。赤坂地区総合支所交差点の赤信号に止められて小休止である。

 そこから再びズビャーと走行し、いつも止められている青山一丁目交差点を青信号で通過するが、その後伊藤忠商事の前の赤信号で止められる。ここは小路と246のT字路で、結構信号無視してわたる人も多いが、こういうところでキチンと信号を守るのがサイクリストとしての矜持である。

 あとは246をバシバシ楽しく走行して南青山五丁目交差点を左折し自転車基地に到着する。平均速度は27.6km、26分台での走行であった。これはなかなか速い走行である。

【復路】

 この日午後9時頃自転車基地を出発する。例によって246を走行する。246を走行していると、外苑前駅近辺から始まる上り坂でワタシを抜いていく元気のいい自転車の人がいたが、坂を上りきったあたりでバテたせいか減速していたので、その横をヒョイ〜と抜いていく。淡々と同じペースで、しかもかっ飛ばすのが自転車通勤の流儀というものである。一時だけかっ飛ばしてもすぐにバテてしまうのではよろしくない。

 赤坂見附交差点を渡ると平河町交差点まで若干の上り坂である。ここをヒョイヒョイと上る。この日結構勢いよく上れるので中々調子がいい。平河町交差点からは下り坂。ここをドヒャーと下って突き当たりを右折して内堀通りに入る。ここも桜田門あたりまでは下り坂なのでドヒャーと走行する。実に気分がいい。

 この日内堀通りから晴海通りに抜けるところの信号が青だったため、内堀通りを大手門の方にぐるりと行かずに直進し、晴海通りに入ってみる。午後9時前後だと晴海通りはそんなに混雑していないため走行しやすい。しかも、永代通りの方に行った場合に比べて、意外と信号に引っかからない。往路のときと異なり比較的気分よく晴海通りを走行する。

 勝どき駅前交差点を左折して清澄通りに入る。復路で清澄通りを走行すると、意外とつまらないところで信号に引っかかることが多いのだが、この日はそういう感じでなかったので楽しく走行できた。

 清澄通りから越中島通りに入る。結局この日は往路と同じコースを走行して帰宅することになった。平均速度は時速27.3kmだったので、なかなかのハイペースだったかと思う。

人気ブログランキングへ←他のブログも面白いですよ
posted by goiss at 01:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月27日

6月16日の自転車通勤

【6月16日】(シラス)

走行時間:0:28’45  走行距離:11.79km 平均速度:24.6km/h 最高速度:38.2km/h 月間走行距離:72.32km 積算走行距離:20504km

(とりあえず記録のみ)

人気ブログランキングへ←他のブログも面白いですよ
posted by goiss at 23:34| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月09日

6月9日の自転車通勤

【6月9日】(シラス)

走行時間:0:28’39  走行距離:12.37km 平均速度:25.9km/h 最高速度:42.7km/h 月間走行距離:60.63km 積算走行距離:20492km

(とりあえず記録のみ)

人気ブログランキングへ←他のブログも面白いですよ
posted by goiss at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月06日

6月6日の自転車通勤

【6月6日】(シラス)

走行時間:0:54’17  走行距離:24.08km 平均速度:26.6km/h 最高速度:44.1km/h 月間走行距離:48.15km 積算走行距離:20479km

(とりあえず記録のみ)

人気ブログランキングへ←他のブログも面白いですよ
posted by goiss at 23:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月01日

6月1日の自転車通勤

【6月1日】(シラス)

走行時間:0:52’57  走行距離:24.07km  月間走行距離:24.07km 平均速度:27.3km/h 最高速度:46.7km/h 積算走行距離:20455km

【往路】

 この日くもり。夜から雨になるらしいので復路自転車で帰宅できるかどうかはわからない。しかし翌日どうも午前中雨の可能性が高いので、この日往路雨であっても自転車基地に自転車を置いて翌日復路自転車で帰宅すればいいやと思って自転車通勤とする。

 この日越中島通りから清澄通りまで比較的快調に走行する。快走途中に前方の信号の色が黄色から赤に変わったので停止する。そういうのは面白いものではないが赤信号ばかりはぶっちぎるわけにはいかない。

 勝どき駅前交差点を右折して晴海通りに入る。勝どき橋を渡った後の築地近辺の晴海通りは相変わらず混雑しているが、前方の信号が青になったので渋滞に流れが生じ、その流れに乗じてまずまずのペースで走行できる。築地を抜けると再び時速35km前後の快調なペースで走行できる。

 日比谷交差点を左折して日比谷通りに入る。どういうわけか日比谷通りに入ると自転車通勤と思しき人をよく見かける。日比谷通りを自転車で走行する人たちの場合、西新橋交差点を通過してそのまま御成門方面に行く人が多い。日比谷通りを直進して快走するのは確かに楽しいと思う。御成門を過ぎると芝公園や東京タワーの眺めがきれい。
 そこらへんはワタシが15年以上前に働いていた場所である。そういえば日比谷通り沿いNTTの向いあたりに当時めちゃくちゃに大盛りのスパゲティ屋があった。ここのスパゲティは体調に自信のあるときでないと食べ切れなかった。ワタシがこの辺で働き始めてから半年くらいで消滅したなぁ。

 西新橋交差点を右折して外堀通りに入る。霞ヶ関ビルの威容が圧倒的。東京にも最近高層ビルがニョキニョキと増え、霞ヶ関ビルの隣にもコモンゲートができたが、やはり霞ヶ関ビルは容積がでかめの高層ビルであるだけあってこの辺では圧倒的である。そういえば霞ヶ関ビルでも働いたことがあった。何ともアチラコチラ転々としているなぁ。

 ちなみに本日で、現在の執務先にて執務するようになってから1年が経過した。ひとつの執務先で1年以上執務するのは結構久々かもしれない。ここ2年くらい執務先を激烈に変えてきた。これも自分のやりたいことを突き詰めていった結果だと思う。

 外堀通りで例によって特許庁前の五叉路で止められるが、後は信号で止められることなく赤坂見附交差点までバシバシ走行できて楽しかった。

 赤坂見附交差点を左折して246のダラダラと続く坂を上る。この日はなかなか調子よくこの坂を上る。サイコンを見ると時速27km位出ていた。サイコンをみると何となく安心してペースが落ちるのでなおペースをゆるめず走行したら時速29km位になっていた。
 赤坂地区総合支所交差点で赤信号に止められる。そこから青山一丁目交差点を青信号で通過したが青山2丁目交差点で赤信号に止められる。そこには伊藤忠商事のビルの威容がまた圧倒的。

 そこからは特筆することもなく快走して自転車基地に到着する。平均速度は時速27.2kmで、なかなかの快走だったなという感じ。

【復路】

 この日大体午後7時半位に自転車基地を出発する。例によって246を走行する。こちらの方が道広く交通量少なくて、もう六本木通りを走行しようなんて全く思えない。青山一丁目交差点まではビルが立ち並ぶが、そこを過ぎると赤坂御用地が隣接するため赤坂見附交差点の近くまでうっそうとした雰囲気となる。都心のど真ん中にもこうした場所があるものだ。さらに、こうした広い道路から細い道を入ると、とても都心とは思えない静かな趣のある場所が随所に広がっているのが青山近辺。

 赤坂見附交差点を渡って平河町までの短い坂をエンヤコラホイサッサと上る。通勤途中に、短くてもいいからこういう坂があるとトレーニングになってよろしい。ある程度の距離の坂を毎日上ると心肺機能の向上に役立つ。

 平河町交差点からドヒャーと坂を下って内堀通りになだれ込む。この、内堀通りになだれ込むときの進行方向の信号は青のことが多いので気分よく走行することができる。まずまず勢いがついて内堀通りになだれ込み、しかも内堀通りが下り基調で路面が良好なので、スピードがついて楽しく走行できる。内堀通りの区間は3km位はあると思うのだが、この区間信号に引っかからずに快走できるので、何だかワープしているような気分である。

 内堀通りをぐるりと回って永代通りに入る。まだタクシーはさほど出てきていないので走行しやすい。しかし時折後方を十分確認しないでヒョイと発進するような個人タクシーがいて危ない。そういうのをみると大抵年寄りである。
 最近個人タクシーも定年を設けたらしいが、その設けた年以前に個人タクシーのライセンスを得た人には定年がないらしい。運動神経が衰え、しかも自動車中心交通で頭が固まっているジジイが街を走っているかと思うと空恐ろしい。そういうのは早いところ引退するとか自然消滅するとかしてほしいものである。

 日本橋交差点で信号待ちをしていると、コレドの向かいの建物が壊されたらしく、その一角がぽっかりと空き地になっている。いざ空き地になっているのを見ると、それまでそこに何があったのか思い出せない。

 日本橋を抜けるとグッと交通量が少なくなって快走しやすくなる。茅場町のあたりは証券街。証券会社のビルが立ち並ぶが、夜になるとパタッと人通りがなくなって閑散としている。その代わりこのあたりは朝が早い。午前9時から東証の取引が始まるため、朝8時頃から既に仕事が始まっている。ワタシは1年ほど前に証券会社で働いていたことがあったが、とにかく朝が早かった。朝早いのが苦手なワタシがよくもまぁ朝早い業界で働けたかと思うと、自分で自分をほめてやりたいくらいである。

 永代橋を渡ると雰囲気はガラッと一変する。都心の趣はなくなり、ごく普通の街といった風情である。しばし走行して門前仲町に至る。前方をバスに阻まれてノロノロ走行を強いられた。折をみてバスをぶっちぎる。門前仲町を抜けると再び快走できる。

 そういうわけでこの日も楽しく自転車走行して帰宅する。平均速度が時速27.3kmとなったため、なかなか気分よく走行できたなぁと思う。

人気ブログランキングへ←他のブログも面白いですよ
posted by goiss at 23:28| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする