2010年12月31日

2010年を振り返り

 今年は自転車を楽しめた年になった。ヒルクライムイベントには1回しか参加できず、また東京エンデューロには参加しなかった。しかし、6月から執務先が変わったため自転車通勤の距離が4倍に伸びて往復24kmになり、かつ2007年以来2年ぶりにブルベでシュペールランドヌールを取得した。また、佐渡ロングライド、ホノルルセンチュリーライド、石垣島アースライドの長距離自転車走行イベントに参加した。

○自転車通勤 走行距離往復24kmに伸びる
 1月〜4月まで木場から茅場町まで往復6kmの自転車通勤であった。家からの地下鉄最寄り駅まで1kmあって歩くと10分くらいあるところ、自転車であれば10分もあれば家から執務先まで走行して到着してしまうので、自転車通勤はとても便利であった。しかし往復6km程度だと走行した気にならないのもまた事実である。
 4月の連休をもって事実上前の執務先を辞め、5月は前の執務先の有給休暇を使ってまるまるひと月休んだ。そして6月1日から南青山にある現在の執務先にて仕事を始めた。そのため家から執務先まで片道12km、往復24kmの自転車通勤となったわけである。
 転職の際、最初自転車通勤は原則ダメと言われたのであるが、若干の交渉の後、ようやく自転車通勤を認めてもらった。執務先を変えるたびに自転車通勤距離が短くなっていったが、今回の執務先変更でワタシの自転車通勤史上最長の自転車通勤距離となった。
 役所を退職してから、しばらく執務先が都心から離れたところとなり、そのため自転車通勤の際都心部をしばらくの間通過しなかったが、今回の執務先変更に伴い、2年ぶりに都心部を通過する自転車通勤コースとなった。いやぁ〜久方ぶりに都心に帰ってきたなぁ〜との感慨ひとしおであった。
都心部を通過して片道12kmの通勤となってからもう7カ月経つ。さすがに片道3kmから12kmに増えると、それ相応に脚も鍛えられるなぁと思う。

○ヒルクライム ツールド草津のみ参加
 今年参加したヒルクライム大会はツールド草津だけであった。Mt富士ヒルクライムは今年は抽選ではなく先着順の申し込みだったため、ワタシが申し込もうとしたときは既に定員に達していて締め切られ、Mt富士ヒルクライムには参加できなかった。その腹いせにツールド美ヶ原には申し込んだが、執務先の株主総会と重なり、こちらはどうしても参加しなければならなかったため、泣く泣くツールド美ヶ原への参加を断念した。
 唯一参加したツールド草津では風が強くてなかなかスピードを上げられず、かつ通勤距離が短い頃だったことや練習不足だったことがあって、1時間を超えるタイムになってしまった。来年は50分台を切りたいものである。

○ブルベ シュペールランドヌール達成
 今年はAUDAX神奈川主催富士山1周200kmブルベ、AUDAX埼玉主催埼玉〜日光東照宮往復300kmブルベ、AUDAX神奈川主催沼津〜松本往復400kmブルベ、AUDAX神奈川主催沼津クラシック600kmブルベにそれぞれ参加して完走した。200kmブルベ、300kmブルベ、400kmブルベおよび600kmブルベを完走したので、2007年以来のシュペールランドヌールとなった。ついでに7月にAUDAX千葉主催房総半島一周400kmブルベを完走した。
 来年は4年に一度のパリブレストパリ1200kmブルベが開催される。今回から国別参加者枠が設定され、日本の場合2010年のブルベ走行距離が長い人から順に参加が認められるようだ。ワタシの2010年のブルベ走行距離は1900kmなので、2011年のパリブレストに参加できるかどうかは自信がない。
 ワタシはパリブレストを2007年に一度完走しているので、2011年はどちらでもいいかなと思う。しかし、当然のことながら参加できるものならまた参加したい。と同時に、ワタシは参加できなくてもいいから一人でも多くの人たちが新たにパリブレストパリを完走する感動を味わってもらいたいと思う。パリブレストパリを完走した瞬間の感動は、おそらく自転車に乗ることにより得られる最高にして最大の感動だと思う。

○ロングライドイベント 佐渡ロングライド、ホノルルセンチュリーライド 石垣島アースライド参加
 5月に佐渡ロングライドに参加して完走した。昨年も参加申し込みをし、佐渡には行ったのだが、天候が悪かったためDNSとした。今年は天候がよかったために、実に快適な走行を楽しめた。また来年も参加しようと思う。
 
 9月にはホノルルセンチュリーライドに参加して完走した。2006年に参加して以来3年ぶりの参加である。本当に久方ぶりにホノルルセンチュリーライドのコースを走って楽しかった。3年ぶりの参加にもかかわらず、大体のコースの様子は覚えていた。ほとんど姿を変えない美しくて楽しいコースを走ることができて本当に楽しかった。来年また参加するかどうかは考えよう。
 
 11月には石垣島アースライドに参加する。信号がなく、海と山に囲まれた120kmのコースを走行するのは楽しかったが、昨年は自由にのびのびと走らせてくれたのとは異なり、今年はどういうわけかマーシャルがうるさく速度制限をかけ、特にワタシが属していた先頭集団には相当厳格かつ高飛車な走行規制をかけてとても不愉快だった。この石垣島ロングライド、ツールド千葉みたいに、極度の管理型自転車イベントになり下がったようで、もう魅力を感じない。来年はもう参加しなくてもいいやと思う。アースライドは他にも富良野や宮崎もあるので、気に入ったところを走ればいい。
 ちなみにこのイベントでは、これだけ高飛車かつ厳格にマーシャルが走行管理をかけたにもかかわらず、大腿骨骨折の大けがをした人が出ている。後方からの自転車との接触によるものらしい。走行管理を有効にできなかった証左である。こういうこともあるので、来年はもっと極度の走行規制・管理をしてつまらないイベントになることであろう。
 ちなみにこのイベント、年々参加者が減少している。今年みたいな高飛車な管理型マーシャルだと、いつかこのイベント存亡の危機に陥ると思う。もっと自然の中を自由にのびのびと走行させてくれるようなイベントにしてほしい。なお走行記録は以下の通り

走行時間:4:37’16 走行距離:122.39km 平均速度:26.5km/h 最高速度:62.8km/h 積算走行距離:12496km

 ついに自転車を本格的に始めてからまるまる7年となり、来年は8年目に突入する。来年も今年と同様、自転車通勤を基軸とし、ブルベなどの長距離自転車走行イベントやヒルクライムに参加して、ますます自転車を楽しんでいきたいと思う。

人気ブログランキングへ←他のブログも面白いですよ
posted by goiss at 21:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月27日

12月27日の自転車通勤

【12月27日】(シラス)

走行時間:0:55’29 走行距離:23.94km 平均速度:25.9km/h 最高速度:46.3km/h 月間走行距離:101.34km 積算走行距離:19413km

【往路】

 この日おそらく2010年最後の自転車通勤になろうかと思われる。今年の仕事納めは28日で、その日納会が予定されているのでおそらく自転車での通勤はしないであろう。12月29日〜1月4日まで休み。その間部屋の掃除をしようかと思っている。

 さていよいよ冬休みなので道路は空いているかと思ったらとんでもない。いつもより3割り増しの混雑である。とりわけ運送関係の自動車の数がいつもより多い。通常の5割り増しという感じである。そういうわけで、走行ペースもいつもより相当落とし目である。

 何とか年内に片付けてしまいたい仕事が多いのか。別に仕事が多いのは勝手であるが、自動車で出かけなくてもいいだろうと思う。都心部における移動は自転車が最も便利だと思うのだが、寒いとか動くのがおっくうだからとか言って自動車を使うのだろうか。何か年寄りじみたいいわけが聞こえてきそうだが、考えてみるとそういう年寄りじみた言い訳をする人たちの大半は現在45歳である私よりも若い人たちなのだろう。みんなだらしないな。

 まずはいつものように越中島通りから清澄通りを走行する。相生橋を渡ると、いつもからはありえないほど道が自動車で込み合っている。何というか、立錐の余地もないという感じで道路が自動車で埋まる。その合間に原付が歯と歯の間にはさまった食べかすのような感じで挟まっていて、自転車ならスイスイと走行できるスペースをふさいでいる。そして自動車の群れはノロノロと動いてはとまり、とまってはノロノロと動く。道路がそういう状況なので、自転車走行していてもあまり面白くない。

 初見橋交差点を越えてからもそうした状況が続き、挙句の果てにいつもはまず止められない信号で止められる。何とも不愉快極まりない。

 この状態は勝どき駅前交差点を左折して晴海通りに入っても続く。否、晴海通りに入ると一層ひどくなる。例によって築地のあたりは渋滞して収拾がつかない感じ。しかも原付がウロチョロしてとても邪魔。ころあいをみてぶっちぎる。

 築地のあたりまでは混雑するとしても、その先の晴海通りも自動車が多くて中々身動きしづらい感じ。地球環境のためにも道路交通の円滑のためにも頼むから自動車を使わずに自転車を使ってくれといいたい思い。

 日比谷交差点を渡って内堀通りに入る。道路の混雑は相変わらず。内堀通りから官庁街に入るが、ここでも信号に引っかかる。何というか、道は混むわ信号には引っかかるわとあまり面白くない自転車走行である。

 外堀通りに入っても依然自動車の数がいつにもまして多い。特に赤坂見附交差点から246に入るあたりが最悪で、通常は左側に自転車が走行するスペースがちゃんとあいているのだが、この日はそのスペースに自動車がはみ出している。まさに立錐の余地もない。

 その状況は246に入ってもあまり変わらない。自動車がいつもより多くてとても走行しづらい。特に運送関係の自動車の多さが目立つ。

 結局通勤道中で気分よく走行できたのは、南青山三丁目交差点から南青山五丁目交差点の間くらいで、しかもそのうち表参道交差点から南青山五丁目交差点まではやや自動車がつまり気味であった。地球温暖化とか京都議定書を振りかざして、ヒステリックにでもいいから自動車走行を減らしてもいいのではないか。でないと、日本は京都議定書の温暖化ガス削減目標を達成できないぞ。

 この日平均速度は時速25kmを割り込んでしまった。通常は時速27km台が平均速度となるので、この日いかに道路が混雑していたかがよくわかる。

(つづく)
 
人気blogランキングへ←是非ワンクリックをお願いします
posted by goiss at 23:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月25日

12月24日の自転車通勤

【12月24日】(シラス)

走行時間:0:28’43 走行距離:12.03km 平均速度:25.1km/h 最高速度:?km/h 月間走行距離:77.39km 積算走行距離:19389km

 12月には忘年会やら天気が悪いやらで自転車に乗れなかった。それでも12月第1週は比較的自転車に乗れていたのだが、12月第2週以後全然乗れていない。その間自転車基地に自転車を置きっぱなしにしておいた。自転車に乗れないときでも、執務先近くに安心して自転車を置いておける場所があるのは良いことである。

 しかしいつまでも置きっぱなしにしておくわけにもいかないので、12月24日のためタクシーがうじゃうじゃしていることを予期しつつも自転車で帰宅する。

 例によって骨董通りを通って六本木通りに出る。予想通り六本木通りはいつもの倍くらいの数のタクシーで埋め尽くされている。12月24日ということで、六本木近辺に遊びに出かけている人が多いとのことが理由であろう。しかし、私が自転車基地を出たのは大体午後9時半頃である。そのころにはまだみんな遊んでいる時間で家に帰る人たちはいないし、また電車も動いている。従ってロングは見込めない。ありうるとすれば、タクシーで短距離を移動する客くらいであろう。
 そうした客を目当てに洪水のようなタクシーの渦の中でタクシーの運転手はひたすら客を待つわけである。しかもこの時間だとたいして金にはならない。何ともタクシーの運転手とは因果な商売である。

 六本木交差点までの間はとにかく話にならないくらいタクシーが多い。むろんこの日人出はいつもより多いのだが、それにもまして意味のないくらいタクシーが多い。人出の増加とタクシーの増加が全く対応していない。役所はもっとタクシー減らしに力を入れた方がいいのではないか。

 こうもタクシーが多いととてもスピードは出せない。しかたがないのでノロノロと動く。

 六本木交差点を過ぎてからようやく普通に走行することができた。それでも六本木交差点を越えた後の坂道を下りきったところの信号で止められてムッとする。その後も若干タクシーが多いため比較的慎重に走行する。

 六本木交差点を越えて官庁街裏のアップダウンを上って下って上って下り、内堀通りを走行する。何というか、ここを走行するのも2週間ぶり。相変わらず路面が良好で走行しやすい。内堀通りをぐるりと回って永代通りに入る。

 この日大手町近辺の永代通りでは工事をしていなかったので比較的走行しやすい。永代通りを走行していると、ロードバイクに乗って気分よさそうに走行する、自転車通勤と思しき人たちを相変わらずよく見かける。12月23日に今乗っているシラスを買ってまる7年になるが、その間に自転車通勤は特別なことではなく日常風景となった。

 大手町〜日本橋と、比較的タクシーが多い区間を用心深く走行し、この区間を抜けた後再び快走モードに入る。とはいえ、冬に入ってジャンパーを着て自転車走行するため、若干の空気抵抗があって速度は落ちる。

 永代橋を越えて下町区間に入る。永代橋の近くにかつて私が執務していた場所がある。昨年の今頃は、そこを起点にして自転車通勤していたことを思い出す。そのときからもう1年経ってしまった。時の流れは早いものだなぁと思う。

 通常門前仲町近辺にはノロノロと走行するタクシーが結構いてうっとおしい。この日は門前仲町近辺にはタクシーが列をなしていたものの、ノロノロと道路上を走行するタクシーはいなかったので走行しやすかった。

 永代通りを走行した後三つ目通りに折れて帰宅する。平均速度は時速25.1kmだったので、随分と慎重に走ったなぁという感じ。

 2003年12月23日にシラスを買って自転車通勤を始めてからもう7年も経ってしまった。その間自転車で色々なところに走りに行ったり、自転車を通じて色々なことを体験したり色々な人たちに出会ったりと、自転車を通じて色々なことがあった。体重が10km減った。今まで持っていなかったアウトドアの趣味を持つことができた。自転車が一台あると、人生の風景が一変するといっても過言ではないだろう。これからもますます自転車に楽しく乗り続けていきたい。
 
人気blogランキングへ←是非ワンクリックをお願いします
posted by goiss at 13:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする