2010年05月17日

佐渡ロングライド210完走!!

【5月16日】(マドン)

走行時間:7:55’51 走行距離:208.43km 平均速度:26.2km/h 最高速度:53.5km/h 積算走行距離:11121km

5月16日に2010スポニチ佐渡ロングライド210に参加し、完走した。

この佐渡ロングライドは、スポーツニッポンが主催する自転車走行イベントで、佐渡島を一周するコースを制限時間内(午前5時45分スタート、午後6時大会終了)に自転車で走行すると完走と認められるイベントである。2006年から始まって既に第5回目を迎える。

佐渡ロングライドのコースは、佐和田(河原田小学校)をスタート地点とし、その後、両津港を経由して佐渡島を海岸線沿いにぐるりと回り、そして河原田小学校にゴールするというものである。そのコースの総延長はおよそ210kmである。

もっとも、佐渡島1周210kmのコース(Aコース)だけでなく、130kmコース(Bコース)、100kmコース(Cコース)、40kmコース(Dコース)も設定されている。レースではないので順位はつけない。

この佐渡ロングライド210は、おそらくオダックスジャパンの行うブルベを別とすると、日本におけるいわゆる市民サイクリングのイベントとしてはもっとも長い距離を走行するものであろう。また、2010年の参加申込者数は3363名であり、この人数での市民サイクリングは、市民サイクリングの規模としては相当なものであろう。

このコースは、基本的には海岸線を走行するコースで、壮大な海と山の展望と磯の香りを楽しみながら実に気分よく走行できる。また、ところどころなかなかのぼりがいのある、そして時には激烈ともいえる上り坂(最大勾配15%超)がコース中に用意され、かつ海岸沿いのコースも時折アップダウンを伴うため、お気楽なロングライドとばかりは言えないような趣向を凝らしてある。

今回は吉田自転車サマのお誘いで佐渡ロングライドに参加した。昨年も佐渡ロングライドに参加すべく佐渡島には渡航したのだが、天候が悪かったためDNSとした。昨年まではどういうわけか雨天が多く、昨年まではどうもちゃんと晴天のもと開催されたのは第3回だけだったようだ。

今年は好天に恵まれたため佐渡ロングライドに出走し、ほとんど信号のない快適な道のりの中、海と山が織りなす壮大な展望と新鮮な磯の香りに包まれ、実に楽しいロングライドを楽しむことができた。

詳細な走行レポートはこちら

人気blogランキングへ←是非ワンクリックをお願いします。


posted by goiss at 05:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。