2010年05月14日

5月14日のぶらぶら

 さて6月からの執務先への自転車通勤のための自転車保管場所として表参道近辺のトランクルームを借りることにし、前日その会社に行って現地を見たい旨を申し向けたところ、翌日、つまり5月14日午後2時に現地をその会社の人が案内してくれるとのことなので、この日現地に赴く。

 その場所は地下鉄表参道駅の出口からかなり近い。6月からの執務先へもさほど時間がかからず行けそうな感じ。自転車通勤の基地としては悪くない場所である。

 地下1階にそのトランクルームはある。エレベーターで地下1階に下り、そこから階段をちょっと上がったところに目的のスペースがある。階段を上がるといってもせいぜい10段くらいなのでまぁ大したことはない。
 面積は1.02mで、間口900mm、奥行1,140mm、高さ2,000mm。自転車をたてておけば広さとしては十分。
 ここで着替えを置いておき、着る物や靴をここで替えることができる。そのため従来のように着替えや靴を持って自転車走行しなくても済む。また、ヘルメットやビンディングシューズもここに置いておける。何とも便利なものである。私はこのトランクルームを気に入ったのでここを借りることに決めた。

 ここに自転車を置く旨を述べたところ、係の人が「最近自転車通勤で使う人も結構いらっしゃいます。大体3人くらいいます」とのことであった。トランクルームを自転車通勤の基地とするあり方は、今では決して珍しくないようだ。

 そういうわけで、すでに用意していた契約申し込みに必要な申し込み書と運転免許証のコピーを係の人に渡してこのトランクルームの申し込みをする。係の人は、後ほど会社の他の人から契約につき連絡がくると申し向けた。それで係の人と別れた。

 念のためトランクルームのあるところから6月からの執務先へ歩いてみる。極めてリーズナブルな時間で到着することができた。

 その後、おなかがすいたので、表参道のサブウェイでローストビーフサンドを食べる。店で食べようと地下の座席に行くと結構混んでいた。やっと一つ座席が空いていたのを見つけてそこで食べる。隣の女が化粧を直しているのが何かうっとおしい。

 用を済ませてからさぁどこへ行こうかと考える。そういえばBarney McAllのユニットであるTrio Thisの作品が最近再入荷したなぁとハッと思い立ち、都合のよいことに表参道には千代田線が通っているので、千代田線に乗ってディスクユニオンお茶の水ジャズ館に行くかと思う。

 そういうわけで千代田線に乗って新お茶の水に行き、そこからディスクユニオンお茶の水ジャズ館に行って目的のCDを買う。ディスクユニオンお茶の水ジャズ館でCDを見ていたときにトランクルームの会社の人から携帯電話に電話がかかってきて、店内でトランクルームの契約の話をする。
 店内ではジャズが大音響でかかっており、当然それは電話口から相手に聴こえる。トランクルームの会社の人も、まさか仕事中に大音響でジャズを聴かされるとは思わず、ちょっと面食らったことであろう。

 目的のCDを買うと、サブウェイでローストビーフサンドを食べたにもかかわらず妙におなかがすく。そこでカリー専門店「エチオピア」へと行く。
 エチオピアに行ってみると、平日の午後4時過ぎという時間のせいか、客が誰もいない。土曜祝日の昼時だと客で満杯となって来る客を断らなければならないほどのエチオピアが、この日このときには閑古鳥が鳴いている。これは珍しいと思って当然ここで野菜カリーを食べる。その間客は来るにしても二人くらい。お茶の水エチオピアでこれほどのんびりとカリーを食べたのは初めて。
 ちなみに、カリーを待っている間藤原新也「印度放浪」を読む。だが、店が客で満杯の時は20分くらい待たされるカリーも、この日店の客は私一人だけだったので、5分程度待つだけで来る。
 野菜カリーを食べていると、Charles Mingus "直立猿人"が流れている。そこで意を決して、「ここのBGMはどなたの選曲ですか」と店員さんに聞いてみると、「店長の趣味です」と答えてくれる。う〜む随分古いジャズが趣味の人だなぁと思い、「店長はご年配の方ですか」と聞くと、「いえ、30代です」と答える。なるほどぅ30代でこの趣味か〜、随分老成しているなぁと思った。
 しかし、考えてみると、私がこれを聴いていたのは20歳ソコソコくらい。30代くらいの人でこのアルバムをこのんでも全く不思議はない、というよりも、良い音楽は聴く年齢層を選ばないものだ。

 野菜カリーを食べ終わって店を出る。エチオピアのBGMに触発され、久々に"直立猿人"を聴きたくなったので、家路を急ぐ。

人気blogランキングへ←是非ワンクリックをお願いします。


posted by goiss at 21:54| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。