2010年01月06日

1月6日の自転車通勤

【1月6日】(シラス)

走行時間:0:14’36 走行距離:6.10km 平均速度:25.2km/h 最高速度:41.4km/h 積算走行距離:17181km

 この日午前7時ころ起きたときは何か暗い感じで天気が悪いかと思ったが、天気予報によればこの日快晴とのことである。事実執務先に出かけるときはすでによい天気になっていた。そうなると当然自転車通勤である。

 この日自宅から300メートルほどのところのT字路の信号の加減で永代通りを通っていくこととする。T字路を渡る手前でママチャリに乗ったオババが信号無視をしていたので「ダメじゃないか信号守らなきゃ」と一喝する。ママチャリの普及で自転車の交通道徳が大分害されていると思う。自転車はれっきとした軽車両であり、歩行者感覚で乗られると実に危ないのだ。

 それはそれとして三つ目通りから永代通りを快走する。自転車を洗車して注油するとこうも気分のよい感触になるのかと驚く。しかし自転車の手入れをして感触が向上していることに驚いている自分が恥ずかしい。これからはマメに自転車を洗うことにしよう。

 それにしても車道を自転車で快走する人が増えた。この日も車道を自転車で快走する人に出会う。おそらく出勤であろう。早いもので私が自転車通勤を始めてからもう7年目にはいるが、そのときと比べてかなり増えている。

 どうも最近自動車の売れ行きが芳しくないらしいが、自転車普及の影響があるのだろうか。そうだとしたら誠に喜ばしいことである。特に都市部においては、自動車は無用の長物であって自動車を所有する価値はさほどなく、自転車を使うことが現実的であることが広く周知されつつあるのだろうか。そうだとすると、日本人も少しは賢くなったというべきであろう。

 そういうわけで、この日は永代通りを快走して執務先に到着する。平均速度は時速24km台であり、やはり洗車の効果がよく現れているなぁと思う。

【復路】

 この日永代通りをズビャーと走行して帰宅する。やはり細めの道を歩行者の飛び出しに注意しながらソワソワと走行するよりも、広い幹線道路をドヒャーと走行する方が圧倒的に気分がいい。しかも、時速40km近いスピードを出すことができるから、自動車と混じって走行しても遜色のないスピードである。

 往路に引き続き自転車通勤と思しき人が多い。本当に自転車通勤が増えた。やはり満員電車でもみくちゃにされた人がいったん自転車通勤を始めると、もう電車通勤なんかアホらしくてやっていられないだろう。

 しかし、そうした自転車通勤を新たに始めるひとに交通ルールをきちんと守ってもらうことが今後の課題であろう。私は信号はきちんと守るし、左側通行は当然である。酒を飲むときは絶対に自転車には乗らない。携帯電話しながらなんか自転車には乗らない。すべて当然のことであるが、それが結構守られていない。しかもこうしたルールをオマワリが指導して徹底させることはらくだが針の穴を通るよりも難しい状況である。困ったものである。

 それはそれとして、この日ドヒャーと広い通りを走行して気分よく帰宅する。いつもはヘロヘロ自動車が邪魔な門前仲町近辺も、この日は比較的気分よく走行することができた。平均速度が往路時速24km台だったのに最終的には時速25km台になっているので、なかなか快走できたなぁと思う。

人気blogランキングへ←是非ワンクリックをお願いします。


posted by goiss at 21:16| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。