2009年05月31日

パソコンの修理

 5月30日から31日にかけて行われるBRM530沼津600kmブルベをDNSした。天気予報によるとこの週末大分天気が悪いとのことだったからである。だが、実際に週末になってみると、静岡〜長野〜山梨あたりはさほどの荒天にはなっていなそうであり、これならブルベに参加したらよかったと若干悔しい思い。私は雨天では長距離自転車走行をしない主義であったが、佐渡ロングライドやBRM530を雨天のため続けてDNSしていると、少々の雨なら自転車走行してもいいかなぁとむくむくと思い立つ。

 それはそれとして最近パソコンの調子がべらぼうに悪い。私が使っているパソコンは東芝ダイナブックである。ダイナブックはなかなかよいパソコンだとは思っているが、何となくあまり丈夫ではないなぁという印象はもっている。

 パソコンを使用していると、ディスプレイが突如真っ黒けになって何も見えなくなるのである。それでもついこの間まではそうした現象はまれで、ちゃんとパソコンを使用できることが多かったのだが、最近はパソコンの立ち上げの時から画面が暗くなってきてそして真っ黒けになってしまうのである。最も目を凝らしてみると、真っ黒けながらもディスプレイ上に何かかろうじて見えるのであるが、それでもやっぱり何も見えないに等しい、

 半年ほど前にはハードディスクを交換し、今度はディスプレイが真っ黒けである。買ってから2年ほどしか経たないのに、満身創痍という感じ。やはりパソコンは消耗品である。もう買い換えてしまおうかと思ったが、買い換えたら買い換えたでまたベラボーに費用がかかってしまうので、とりあえず東芝のパソコンのサポートサービスに電話して様子を聞いてみる。

 東芝のサポートサービスの人は丁寧に根気強く色々聞いてくれて原因を考えてくれる。受け答えがとても親切で非常に好印象である。以前秋葉原にある東芝のPC工房に行ったときに、割と年配の人がつっけんどんな対応をとって私は激怒したことがあったが、それとは180度異なる丁寧な対応であった。

 それによると、どうもディスプレイに関連する部品に問題があるようであった。以前ハードディスクが死んでいたため、関連部品を含めてベラボーな金額を取られ、これなら新品を買えばよかったと後悔したのだが、今回はさほどの金額を取られることはなさそうで、修理を依頼することにした。明日パソコンを東芝に送付し、1週間〜10日で仕上がる感じの段取りである。

 そのため、以前使用していたメビウスを久々に取り出してきて当面の間使用することにする。メビウスは5年くらい使用しており、ダイナブックよりは丈夫かなという印象を持っている。今のダイナブックも、あと1〜2年したら、そろそろ買い替えかなと思っている。子供によると、今度買うときはノートパソコンよりは、デスクトップ型のパソコンの方がよいというがどうだろうか。確かに、昔と異なりデスクトップのモニターも最近は薄型のものがあるので、そちらの方がよいかもしれない。
posted by goiss at 22:01| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月30日

BRM530沼津600kmブルベDNS

5月30日に出走予定だったBRM530沼津600kmブルベへの出走を取りやめる。どうも最近週末になると妙に天気が悪い。今週末も雨が降ったりやんだりである。土曜日は長野県はさほど天気は悪くなさそうだが、静岡県の天気が悪そうである。そして、日曜日は長野県も静岡県も天気が悪そうである。そうなると、600km走行の間どこかである程度振られることは覚悟しなければならない。

私は雨中自転車走行を極端に楽しめないタイプである。そして、私はパリブレストパリで、その1200kmの道中のかなりの部分を雨にたたられて、もう雨中自転車走行はこりごりという感想を持っている。今回も600kmという長丁場であり、その間雨が降ったりやんだりというのでは楽しくない。しかも、ロードバイクで雨中走行するのは、本来それほど安全というものではない。

そんなわけで、今回残念ではあるが、沼津600kmブルベ出走を見送ることにした。沼津発着のブルベのうち、従来から行われている400kmのコースと600kmのコースに出られなくて残念ではあるが、まぁ雨では仕方がないか。9月の座間600kmブルベで晴れることを祈ろう。

人気blogランキングへ←是非ワンクリックをお願いします。
posted by goiss at 00:06| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月28日

5月27日の自転車通勤

【5月27日】(シラス)

サイコン不調のため記録なし

【往路】

 この日まずまずの天気。気温は自転車走行にはちょいと暑め。しかし、自転車通勤であれば、バス+ゆりかもめによる通勤よりは2倍位早く職場に到着できるし、1億倍くらい楽しい。そういうわけで、この日も自転車通勤する。

 この日朝テレビ(ズームイン朝)を見ていると、「女性の間で自転車通勤が流行!!」みたいな記事をやっている。国道246の坂道を結構大勢の人が自転車で走行している様子をやっていて驚いた。しかも女性の方が結構多い。通勤時間帯でそこを走行した自転車の人の1時間あたりの数を数えてみると、だいたい150人超、男女比は男2:女1である。女性の自転車通勤の人は結構増えたと言っていいであろう。
 そして、その動機は「ダイエット」とのことである。これは100%正解で、自転車通勤ほど完璧なダイエットはないと私は考えている。食事制限せず、適度な運動ができ、しかも通勤時間を使えるため無駄なく時間を使え、しかも楽しい、そして効果は絶大。環境が許せば、是非女性の方々にお薦めしたい。
 それにしてもバカなのがそこでの男のコメンテーターである。「車道を通ってあぶないですねぇ」などと言っていたが、道路交通法上自転車は当然車道を通行するものであり、もしそれが危ないとすれば、それは自動車の方に問題があるのである。しかもエコロジーが強力に提唱されている今日、自動車利用はより制限的であるべきであるが、自転車の活用により、より自動車の利用の機会を少なくすることが大事である。男のコメンテーターのコメントは道路交通法にも、エコロジーの風潮にも、見事に逆行するものである。こういうコメンテーターは、10000000000000回くらい死んでほしいと思う。

 それはそれとしてこの日も自宅から台場の駐輪場まで楽しく走行する。平均速度が時速28.7kmだったので、相当の快走であったといえよう。

【復路】

この日トイレで着替えていたら、サイコンを床に落としてしまい、その拍子にサイコンのボタンが押されたようで、この日の走行記録がいっぺんに消えてしまった。そういうわけでこの日の走行は記録なし。

 それはそれとして、この日もいつもどおり楽しく走行して帰宅した。そんなところ。この日は自転車走行よりもズームイン朝の記事の方が興味深かったのでそちらに記載は集中。女性の方々の自転車通勤が増えることを祈るのみ。

人気blogランキングへ←是非ワンクリックをお願いします。
posted by goiss at 23:27| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月27日

5月26日の自転車通勤

【5月26日】(シラス)

走行時間:0:40'09 走行距離:17.91km 平均速度:26.8km/h 最高速度:48.0km/h 積算走行距離:16253km

【往路】

 この日例によって好天で、気温は徐々に上がりつつある。決して暑くはないが、自転車に乗ると汗まみれになる感じである。そろそろメッセンジャーバッグにタオルを用意しないと。

 例によって豊洲駅までは自動車の少ない市街地を走行する。豊洲駅前でちょっと自動車が多いが、豊洲駅を過ぎると大平原の一本道。トラックに十分注意して走行する。この日この大平原区間にところどころトラックが駐車しているため、注意深く後方を確認しながら駐車しているトラックを避ける。特に後方から迫ってくるでかい車に注意しながらトラックを避けなければならない。

 大平原区間を越えて、有明コロシアム交差点を右折すると台場の駐輪場まであとわずかという感じである。やはり、信号に止められる数が少ないと、自転車通勤はあっという間という感じである。都心に通っていた時は、信号待ちが結構多く、さほどあっという間という感じはしなかった。ただこの区間、若干向かい風があってさほどスピードは出ず、あまり楽しくはなかった。

 そういうわけで台場の駐輪場に到着する。向かい風でスピードダウンしたかと思ったが、それでも平均速度が27.5km/hだったので、まぁまぁの快走だったか。

【復路】

 この日何枚かCDを買っていこうかと思い、銀座山野楽器へと向かう。ディスクユニオンお茶の水ジャズ館に行ってもよかったのだが、とにかく腹が減っていたので、一番近いでかいCD屋によって、できるだけ早く帰宅したかった。そのため山野楽器にする。

 まずは台場から有明コロシアム交差点に向かい、そこを左折して大平原区間をひた走り、晴海大橋のたもとの交差点を左折して晴海大橋を渡る。晴海大橋を渡るときにダラダラとのぼりがある。これがなかなかトレーニングになる。

 晴海大橋を渡り終えてしばらく走行し、勝どき駅前交差点を渡って勝鬨橋を渡る。かつて毎日使用していた通勤路である。相変わらず馬鹿自動車が多い。何ともストレスフルな道を走行していたものである。もっとも、馬鹿自動車がいるとはいえ、車道を自転車で走行することは、満員電車で移動することよりも1000億倍位楽しい。

 勝鬨橋を渡って築地〜東銀座と走行する。この区間も若干の馬鹿自動車、とりわけ馬鹿タクシーがウロウロしているので、注意深く走行する。

 築地〜東銀座の、何となくあか抜けない薄暗い区間を抜けると、いきなりパ〜ッと銀座4丁目交差点の明かりが目に入る。何か銀座はまぶしい。そして山野楽器に到着する。山野楽器の前の歩道には、どういうわけか灰皿が置いてあって、そこで煙草を吸う人が引きも切らない。中央区の場合「歩きたばこ及びポイ捨て」は禁止のようだが、路上での喫煙自体は禁止されていないようだ。千代田区などのように路上禁煙くらい徹底してほしいものである。

 山野楽器で目指すCDを買ってから、再び晴海通りを走行し、勝どき駅前交差点を左折して清澄通りを走行する。かつての通勤路であり懐かしい。往路は勝どき駅前交差点から初見橋までの区間が快走区間であったが、復路ではどういうわけかこの区間のどこかしらで信号に止められ、必ずしも快走区間というわけではない。清澄通りから適宜走行して帰宅する。平均速度が時速26.8kmだったので、帰路警戒しながらの走行の割にはまぁまぁの速度だったか。

人気blogランキングへ←是非ワンクリックをお願いします。
posted by goiss at 21:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月26日

5月25日の自転車通勤

【5月25日】(シラス)

走行時間:? 走行距離:15.03km 平均速度:27.8km/h 最高速度:41.8km/h 積算走行距離:16235km

【往路】

 この日結構いい天気。気温は徐々に高めになりつつある。ちょっと気合いを入れて自転車に乗るとすぐに汗まみれになる季節が到来しつつある。

 そういうわけでこの日も当然自転車通勤である。先週くらいだと公共交通機関を使う人の中にはマスクをする人が大勢いて、マスクがなかなか入手できないという騒ぎがあったが、自転車通勤をしていればまったく関係のないことである。マスクの生産が需要に追いつかなくて、大量生産体制をしいていたらしいが、ここにきて大量に生産されたマスクが売れ残り始めてはいないだろうか。この時期マスクが売れ残ったらはけようがない。ただ、別に腐るものでもないので、また次の冬まで在庫をとっておけるのだろう。

 それはそれとしてこの日も例によって豊洲駅までは一応市街地ではあるが、交通量は多くないので、豊洲駅前交差点で若干自動車が詰まる以外は楽々と快走できる。

 豊洲駅を過ぎてからは大平原の中の一本道を脚を止めずに走行できる。ただしトラックが以外と多く、こいつらに踏みつぶされるとひとたまりもないので、信号で停車するときにはこいつらには接近しすぎないようにして注意深く走行する。

 こうした単調な風景の中走行していると、おそらく結構なスピードが出ているはずなのだろうが、どういうわけかそれほどスピード感を感じない。

 有明コロシアム交差点を右折してしばし走行するとあっという間に台場の駐輪場に到着する。平均速度が時速27.8kmだったので、あまりスピード感を感じなかった割には私にしてはなかなかの快走であったかと思う。

【復路】

 この日台場から有明コロシアム交差点とは逆の方向に走行し、ホテル日航を通り過ぎた後青海1丁目交差点に出るコースを走行する。このコースを通ると、通常のコースより大体3kmほど距離を稼げる。このあたりは臨海副都心周回コースなのだが、とにかく腹が減っていて早く家に帰りたいので周回はやめておく。

 実際、ゆりかもめ下の道路は知る人ぞ知る、知らない人ぞ知らない自転車トレーニングコースである。この日も2名くらいの人が自転車ジャージを着てトレーニングをしていた。

 この日晴海大橋のたもとあたりを走行していると、いきなり「パプッ!!」とクラクションを鳴らしてトラックが通り過ぎる。こっちが危険な走行をしているのなら警報のためにクラクションを鳴らされても仕方がないが、こちらは道路交通法にのっとって道路左端を走行しているだけである。それでクラクションを鳴らされたのではたまらない。たまにこういう馬鹿なトラックがいる。

 そういうわけで、こいつに追いつこうと猛然と走行する。むろんトラックと自転車だと走行スピードに差はあるが、信号待ちで大概追いつき、そして追い越すのである。今回も信号待ちでそのトラックに追いついた。豊洲の交差点で赤信号から青信号になった瞬間、そのトラック自転車に追いつかれたのが悔しいのか猛然とスピードを上げて走行する。こちらはあおったつもりはないのに向こうが勝手に意気込んでいる。非常に危険で迷惑な運転手である。自爆して死んでほしいと思う。

 しかし、猛然とスピードを上げて走行した割には、100メートルも行かないうちにそいつは赤信号に行く手を阻まれ、しかもそいつの前には数台の自動車がある。そいつをしり目に私はスイスイと前に出て信号待ちをする。信号が青になり、後ろの方でもたもたするその馬鹿トラックをしり目にさっそうと快走し、あっという間にその馬鹿トラックをぶっちぎってしまった。

 ぶっちぎられた馬鹿トラックの運転手はさぞかし悔しかろうが、渋滞する道路では自動車よりも自転車の方が圧倒的に機動力があって速いのである。馬鹿運転手は一ついい勉強をしたか。否、馬鹿運転手はあくまで馬鹿運転手だから学習なんかできるまい。

 そういうわけで、信号の多い都市部においては、一見自動車が速い交通機関に見えるが、実はそうではない。都市部においては、実は自転車こそが最強の交通手段と考えている。渋滞をものともせず、都市部において十分早い巡航速度を持ち、排気ガスを出さず、しかも楽しく体にもいい。時間あたりの走行距離は原付とあまり変わらないのではなかろうか。

 この日そんな感じで快走して帰宅する。平均速度が時速27.8kmだったので、この日は往復を通じてなかなかの快走であった。

人気blogランキングへ←是非ワンクリックをお願いします。
posted by goiss at 23:06| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月25日

5月22日の自転車通勤

【5月22日】(シラス)

走行時間:0:28’07 走行距離:12.03km 平均速度:25.7km/h 最高速度:?km/h 積算走行距離:16220km

【往路】

 この日は天気良好で気候もまずまず、自転車日和である。あと数週間すると梅雨に入り、梅雨が終わると猛暑の季節がまた数か月続く。そうすると、自転車通勤に絶好の季節はしばらく先になる。

 この日まずは豊洲駅まで市街地を走行する。このあたりは昔は東京の一等へき地の一角をなしていたようだが、最近高層マンションが多く立ち並んで街らしくなっている。もっともこの辺はもともと埋立地だったようなので、地震が来たら一発で廃墟になることは間違いない。高層マンションがポッキリと折れる壮大なスペクタクルを目の当たりにすることもできるであろう。

 豊洲駅を抜けて有毒物質満載の大平原をひた走る。この日ベラボーに向かい風が強く、トレーニングにはなるが走っていて全く面白くない。特に大平原の場合、風をさえぎるものが何もないため、なおさら向かい風が激烈である。

 有明コロシアム交差点を右折すると、一応街らしくはなってくるが、それでもさほど風をさえぎる建物が多いというわけではないので、全くスピードが上がらない。それでも大平原での激烈な向かい風のもとでの走行よりは幾分ましである。

 レインボーブリッジ入口交差点を渡って走行していると、妙にけたたましくクラクションを鳴らす馬鹿な自動車がいる。しばらく無視して走行するが、なおもけたたましくクラクションを後ろから鳴らしている。こちらは道路交通法に従って道路の左端を走行し、道路に停車している自動車がいるときは後方を確認したうえでそれを避けて走行しているだけである。それなのにけたたましくクラクションを鳴らす自動車。久々に馬鹿自動車に出会った。ボルボのワゴン車であった。
 むろん例外もいるが、大抵この種の手合いはベンツとかボルボとかの外車の連中が多い。私に言わせれば、危ない馬鹿自動車としては、一タク二トラ三ベンツ、であり、まずはタクシー、そしてトラック、さらにベンツ等の外車である。または、一タク二トラ三オババでもいい。オバさんの運転もこれまた危険である。

 それはそれとして、一応無事に台場の駐輪場に到着する。最高速度が時速40kmを下回るほどスピードが出なかった。あまりにスピードが出なかったので平均速度なんか忘れてしまった。

【復路】

 往路とは異なり復路では強風は吹いておらず、まずまずの自転車走行である。そういうわけで、特筆することもなく楽しく自転車走行して帰宅する。平均速度は時速26km近くなったので、往路で向かい風にたたられた割にはまぁまぁの走行だったか。なお例によってセキュリティ・ゲートの磁気の加減か、最高速度の表示が時速141kmくらいになっている。

人気blogランキングへ←是非ワンクリックをお願いします。
posted by goiss at 21:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月23日

5月20日、21日の自転車通勤

【5月20、21日】(シラス)

走行時間:0:35’19 走行距離:15.08km 平均速度:25.5km/h 最高速度:?km/h 積算走行距離:16208km

走行データだけはいつも残しておくのだが、通勤走行の印象はきちんと記録しておかないと忘れてしまう。特に、従来都心に通勤していたときは、こういう馬鹿な自動車がいたとか、ここで渋滞のため止められたとか、ここで渋滞で止められなかったのは珍しくて快走できたとか、記憶に残る印象があってブログネタに不自由しないのだが、最近台場に通勤するようになると、とにかく毎日楽しく通勤していることだけが印象に残って他にあまり書くことがない。

そういうわけで、とりあえず5月20日と21日の通算走行記録だけ記載する。平均時速が25.5kmだったので、そんなに快走というわけではなかった。おそらく5月21日の復路で、べらぼうな向かい風にあって走行速度が落ちたからであろう。ちなみに5月20日は急遽酒を飲んだので自転車での帰宅はしなかった。また、セキュリティチェックの時の磁気の関係だろうか、サイコンの最高速度の表示が時速141kmくらいになっていたので最高速度は不明である。

人気blogランキングへ←是非ワンクリックをお願いします。
posted by goiss at 21:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月22日

5月19日の自転車通勤

【5月19日】(シラス)

走行時間:0:51’26 走行距離:22.89km 平均速度:26.7km/h 最高速度:48.3km/h 積算走行距離:16192km

【往路】

 この日好天で気候もよく自転車日和である。そろそろ暑くなってきた。自転車走行をしていると汗まみれとはいわないまでも、相当汗をかく季節となった。

 例によって豊洲までは市街地走行だが比較的交通量が少ないので快走できる。豊洲駅前の客待ちタクシーがうっとおしいが、築地とか銀座の晴海通りに比べるとちょろいものである。

 豊洲駅を過ぎると毒物満載の大平原の中の一本道。現在のところ市場予定地だったりオリンピック選手村予定地だったりで何とも閑散としている。毒物満載のこの地にまさか市場を移転しようなどと考えているのだろうか。また、本当に東京にオリンピックが来るのだろうか。もし市場もオリンピックも来なかったら、ここはいったいどうなるのだろう。少なくとも、オリンピックはまずシカゴに負けるだろうから、当面の間選手村の目はないだろう。
 この一本道にはトラックがよく通るので注意しなければならないが、それ以外は快適な通勤走行が楽しめる。

 大平原の一本道を過ぎて有明コロシアムの交差点を右折し、1.5kmほど走行する。ここまでくると一応市街地であるが、交通量は多くない。したがってここもまた快走して台場の駐輪場に到着する。平均速度が時速27km超えたので、まずまずの快走である。

【復路】

 この日久々に猟盤をしようと思い、お茶の水に自転車で出かける。台場からお茶の水に出かけるとなると、まずは晴海大橋に出ることになる。台場から晴海大橋まで大体3kmくらいか。台場メインストリートから有明コロシアム交差点まで舗装が悪くてトラックが結構通る道を通る。この時間帯のこの道を私は好きではない。

 有明コロシアム交差点を左折して大平原の一本道を通り、晴海大橋のたもとの交差点を左折して晴海大橋を渡る。晴海大橋を渡るときなかなかのダラダラ上りとなっていて、なかなか上り甲斐がある。

 晴海大橋を渡ってしばらく行くと勝どき駅前交差点。都心に通勤していた時はここを毎日通過していた。何か懐かしい。ここを通過して勝どき橋を渡ると築地である。通勤ルートとしてここを通過していたが、築地で混むのが嫌で永代通りを通って通勤していた時もあった。この日は結構空いていて、時速40km位で快走することができた。

 晴海通りをしばらくまっすぐ行き、築地から銀座に抜ける。相変わらず人も自動車も多いが、この日は走行の障害になるというほどではなかった。それでも依然としてアホタクシーとかアホ自動車がいるため、注意を払って走行する。

 銀座を抜けて内堀通りに入る。ここはスピード走行できるポイントであるため、走行にも勢いがつく。内堀通りから千代田通りに入ってお茶の水を目指す。駿河台下交差点を渡ると明大通りの坂である。この坂は斜度はまぁまぁあるが距離が短いのでヒルスプリントという感じで一気に駆け上り、ディスクユニオンお茶の水ジャズ館に到着する。

 ディスクユニオンお茶の水ジャズ館で買い物をした後、明大通りの坂を下って千代田通りを快走し、内堀通りを抜けて永代通りにはいる。ここを通って通勤していたのがもうしばらく前のことになって懐かしい。大手町〜日本橋のあたりで信号にしばしば止められ、日本橋を抜けてからは快走モード、門前仲町のあたりでアホタクシーに注意しつつ走行して木場にいたって帰宅する。実に久々にこのコースを走行した。平均速度が時速27km近くだったので、自動車の多いコースを注意深く走行した割にはまずまずの快走だったかと思う。

人気blogランキングへ←是非ワンクリックをお願いします。
posted by goiss at 22:49| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月19日

5月18日の自転車通勤

【5月18日】(シラス)

走行時間:0:33’50 走行距離:15.11km 平均速度:26.8km/h 最高速度:42.0km/h 積算走行距離:16169km

【往路】

この日午前中休みを取ったため午後からの出勤。さすがに日中ともなると若干交通量が多くなる。特に歩行者が増えるため、豊洲駅近辺では注意して走行しなければならない。

豊洲駅を過ぎると例によって大平原・東京の一等僻地を脚を止めずに2kmほど走行できるという、東京23区では実にまれな場所を走行する。何とも実に快適である。

有明コロシアム交差点を右折して1.5kmほど走行すると職場近くの台場の駐輪場である。平均速度が時速27kmを超えているので、まずまずの走行だったといえよう。

【復路】

この日午後8時半ころの帰宅である。例によって台場メインストリートを有明の方ではなく、逆向きに走行してホテル日航の方に向かい、そのまま道なりに走った後青海交差点に向かい、そのまま直進して国際展示場交差点を左折し、以後ゆりかもめにそって走行する。

ここまでのルートは、若干トラックに注意を払うべきほかは特に留意点なく楽に走行できる。こうやって遠回りすることにより、大体4kmほど走行距離を稼ぐことができる。そうすると、霞が関に通っていたころと同じ走行距離を走行することができる。

ゆりかもめに沿って豊洲まで走行する。例によって東京の一等へき地を走行する。冬場だとここでは激烈な向かい風にさいなまれるのだが、この日も冬場でないにもかかわらず、意外と風がある。有明北橋を渡るときは、少々の上り+向かい風で、結構タフな走行になる。その後も、脚を止める間もなく若干の向かい風に抗いながら走行する。こうした区間は、いかに筋肉を働かせて効果的に走行するかが大事になるため、走行フォームの研究にはよいのだろう。

そんな感じで豊洲駅までたどりつき、その後は適当に走行して帰宅する。平均速度は時速26.8kmで、往路と比べてそんなに減速していない。まぁまぁの走行だったか。

人気blogランキングへ←是非ワンクリックをお願いします。
posted by goiss at 23:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月18日

佐渡ロングライドDNS

5月17日に行われた佐渡ロングライドをDNSした。この日前日土曜日から雨が降り、17日の朝になっても一向に止む気配がなかった。スタートの前の午前4時前後の雨の状況をみて、DNSを決意した。雨が小降りであればまぁ出てもいいかなと思ったのであるが、その時の雨の様子が、「この雨の中走行しても楽しくない」と思われる様子だったのでDNSとしたのである。

もともと私は雨天中の自転車走行を楽しめるタイプではない。ロードバイクの雨中走行は実はそれほど安全なものではないし、そもそも雨の中を走行しても寒いし濡れるしスピードは出せない。しかも雨中走行後のメンテナンスが大変である。それでもパリブレストパリ1200kmランドヌールの時は、その大半の行程を豪雨の中走行したが、これは4年に一度フランスで行うという特殊な状況だったからである。

私は早々にDNSを決め込み、車の中で寝ていたところ、スタート後から徐々に天気は持ち直し、午前中はポツポツ雨程度となった。相変わらず道路はビチャビチャにぬれていたが、自転車走行にはさほど問題はない程度になっていた。これなら走ってもよかったかなぁと思っていたが、昼くらいになって突如、「今までは目をつぶっていたがもう勘弁しないからな」みたいな感じで大雨となり、あっという間に全く自転車走行が困難な状況となった。そういうわけで、「やっぱりこの日は止めておいてよかった」と思った次第である。

せっかく吉田自転車さんの誘いを受けて佐渡まで時間と手間と金をかけて自転車イベントに来たのであるが、自転車イベントに伴い佐渡金山など佐渡観光を満喫したし、佐渡ロングライドはまた来年もあり、かつ佐渡はフランスほど行くのに困難な場所ではないし、ロードには雨の日は原則として乗らないという主義なので、DNSしても残念だったとは思わず、今年はDNSでもよかったかなと思う。しかし、来年になったら、ひょっとしたら雨の中でも出てみたい、という誘惑にかられるかもしれない。

人気blogランキングへ←是非ワンクリックをお願いします。



posted by goiss at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月14日

5月13,14日の自転車通勤

【5月13、14日】(シラス)

走行時間:0:33’47 走行距離:14.79km 平均速度:26.3km/h 最高速度:40.4km/h 積算走行距離:16154km

【5月13日】

この日まずまずの天気。そろそろ自転車通勤には暑くなってきた感じ。しかし薄着で自転車走行できるのでなかなか気分がよい。前日講演のため自転車通勤を一日休んだ。そのためブルベでの脚のこわばりはもうなくなった。そういうわけで安心して自転車走行できる。

家から三つ目通りを走行して豊洲に至る。ここまでは若干自動車の走行はあるものの、豊洲駅前交差点付近を除いては自動車が詰まるようなこともなくラクラク走行できる。

豊洲駅から先は東京の一等僻地で、大草原の中の一本道を淡々と走行する形。この日は晴海大橋のたもとの交差点でも止められずに、2km〜3kmの距離を脚を止めずに走行することができた。

有明北橋を渡って有明コロシアム交差点を右折し、1.5kmほど走行する。ここも交通量が少なく実に走行しやすい。そういうわけであっという間に職場近くの駐輪場に到着する。この駐輪場、自転車ばかりではなくオートバイの利用者も多い。オートバイの利用者はどういうわけか判をついたようにデヴである。自転車乗れば痩せるのに。平均速度を見たら時速28.1kmだったので、かなりの快速だったことがわかる。

この日急遽酒を飲むことになったので、自転車通勤しない。

【5月14日】

この日午後8時半ころの帰宅である。いつもの通勤路と反対方向に向かい、ホテル日航の前を通って青海交差点へと向かう遠回りコースをたどる。このコースをたどるといつもよりも3kmほど距離を稼ぐことができる。そうするとだいたい役所に通っていたころと同じくらいの通勤距離となる。

この日どういうわけか激烈な向かい風が吹いて、なかなか前に進まない。とりわけ東京ビックサイト前交差点のあたりからゆりかもめに沿った道を走行しているときがすごい。ここは東京の一等僻地・大平原のど真ん中の道であるため遮るものなく激烈な向かい風が吹きつける。そのため、こげどもこげどもとにかく進まない。そんな調子で豊洲駅まで走行する。

豊洲駅に達してからはさすがに建物が増えてだいぶ風がさえぎられ、走行しやすくなる。ただ朝に比べると若干自動車が多い感じ。そのためいくぶんか慎重に走行する。

そういうわけでこの日も楽しく自転車走行して帰宅する。平均速度が時速26.3kmになっていたので、復路だいぶ風に阻害されたなぁと思う。

人気blogランキングへ←是非ワンクリックをお願いします。
posted by goiss at 23:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月11日

5月11日の自転車通勤

【5月11日】(シラス)

走行時間:0:33’26 走行距離:14.76km 平均速度:26.5km/h 最高速度:42.5km/h 積算走行距離:16139km

【往路】

連休明け天気が悪かったので自転車通勤しなかった。連休中も家でウダウダしたりジャズを聴いたりしてあまり外にでなかったし、仮に外に出たとしても中古CD屋をまわったりと自転車に全く縁がない生活をしていた。そんな自分に結果的に喝を入れたのが先週末に参加した沼津400kmブルベで、時速40km近いスピードで爆走する自転車の列に交じって走行しながら、連休中の家でウダウダしていた自分とはこんなに違う自分がいるのかと自分でも驚く始末。

それはそれとしてこの日久々に自転車通勤する。さすがに400kmも自転車で走行すると、次の日は若干筋肉が強張った感じになる。そういうわけでこの日はリカバリー走のノリでゆるゆると楽に走行する感じ。この年になると、数百キロも自転車走行して一旦はパフォーマンスが上がっても、さぼっているとあっという間にシュルシュルとパフォーマンスが下がるので、とにかくリカバリー走でもいいから、毎日絶え間なく自転車に乗ることがパフォーマンス維持のポイントであろう。

そういうわけで、この日はいつもよりもゆるゆるペース(というよりも、筋肉が強張っていてゆるゆるペースでないと走行できない)で自転車通勤して職場近くの駐輪場に到着する。

この日職場のあるビルの入口に近い2階のトイレで着替えをしようとすると、そのトイレが清掃中のためにふさがっている。このトイレのおばちゃん、ご丁寧に清掃中に誰かに入ってこられないように清掃道具が入ったでかいワゴンのようなものをトイレの入り口に置いて誰も入ってこられないようにしている。
ちなみにこの時間帯、意外と大のための個室の方を利用する人が多い。中には大兼喫煙などという不届き者もいる。利用者の多い時間帯に平気で掃除をするのはどうかしているな。仕方がないので入口から遠い1階のトイレで着替えをする。

【復路】

この日は若干遠回りをして帰宅する。遠回りといってもせいぜい3km程度である。こうすると私がかつて役人だったころ家から霞が関に通っていたのと同じ距離を1日で走行することになる。わたくし的な自転車最盛期には通勤距離が1日だいたい18km位であり、そのころに比べると目に見えてパフォーマンスが落ちているので、一日の走行距離が数キロ違うとパフォーマンスも違ってくるのだなぁと勝手に思う。

筋肉のこわばりのため帰りもまたゆるゆるペースで走行する。ゆるゆるといっても課題なくダラダラとそうこうするのもなんである。重いギアをエンヤコラと踏み踏みするのではなく、いつもよりも軽めのギアで回転数重視、という走行をする。いつもの平均速度云々は度外視。

そういうわけであまりスピード感はなかったがそれでもいつもどおり楽しく走行して帰宅する。平均速度は大したことはないかと思ってみてみると、時速26km/hを超えていたので、ノロノロ走行というわけでもなかった。

この日400kmブルベでズタズタになった筋肉の回復を兼ねて久々にプロテインを飲んでみる。おいしいウィダーのストロベリー味のプロテインだ。

とてもまずいにも関わらず、それを知らずに間違って大量に買ってしまったザバスのプロテインを飲み切ったので、次に久々に見かけたウィダーのストロベリー味のプロテインを先日買った。ウィダーのストロベリー味のプロテインはこの2〜3年くらい私は見かけなかったので、久々にウィダーのストロベリー味プロテインを見つけた時は、実にうれしかったものである。ザバスのプロテインの味はクソまずいバニラアイスという感じで、二度と飲めねぇと思ったが、ウィダーのプロテインの方はおいしく、「永遠に飲める」という感じである。いやぁよかったよかった。

人気blogランキングへ←是非ワンクリックをお願いします。

posted by goiss at 22:11| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月10日

BRM509神奈川400km沼津〜軽井沢完走!!

5月9日に神奈川400km沼津〜軽井沢に参加し、22時間59分で完走した。

このブルベは、沼津から南アルプス市を経て信州峠・馬越峠を越え、小海を経て軽井沢にいたり、そこから再び小海を経て野辺山・清里を通り、精進湖ブルーラインを通って精進湖にいたり、そこから富士宮市、富士市を経由して沼津に戻るという経路をたどる。

基本的には山また山のコースであり、実にタフなブルベであった。また、昨年は400kmブルベには出ておらず、400kmブルベに参加するのは実に2年ぶりであった。そういうわけで、通常神奈川の400kmブルベだと19時間くらいでゴールしていたのだが、今回は23時間近くかかってしまった。

しかし、ブルベはたとえどんなに時間がかかろうとも、とにかく一定のコースを制限時間内に自転車で走行し、超距離サイクリング(長距離サイクリングなどという生易しいものではない!!)を楽しむことにその本旨がある。その意味では、私は今回のブルベを心底楽しんだことになる。

この日には亡き忌野清志郎の一般参加可の葬儀が行われた。わたくし的には忌野清志郎追悼ランの色彩もあった。「俺の葬式に出ねぇで400kmも自転車で走るなんてクレィジ〜なやつらがいるぜベイベ〜!! そんなやつらに、心をこめて、拍手を、おくるぜぃ〜!! YEAAAAH!!」とキヨシローが天国で祝福してくれないかな〜、と思う。この日ブルベ中に自らをはげますために心の中で歌った歌も当然キヨシロー。

詳細レポートは後日。

人気blogランキングへ←是非ワンクリックをお願いします。
posted by goiss at 19:42| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月04日

4月30日、5月1日の自転車

【4月30日、5月1日】(シラス)

走行時間:0:27’15 走行距離:11.91km 平均速度:26.2km/h 最高速度:42.5km/h 積算走行距離:16125km

【4月30日】

この日快晴、気候もよく絶好の自転車日和。当然のことながら自転車通勤をする。この日休暇を取っておけば8連休だったのだが、休暇をとったところで別にすることもないし、「あの時1日休暇を無駄にとって損した」ということのないようにするため、この日は出勤する。

自転車走行自体はいつもと変わらず快調である。交通量の少ない広い道をひたすら走って職場に到着する、という、実に理想的な自転車通勤である。私の通勤経路は主として埋立地近辺であり、若干トラックが多いものの、交通量自体は少なくて走行しやすい。それにしても、連休だというのに、運送関係のトラックの数はいつもとさほど変わらない印象を受ける。全くご苦労な話である。

そういうわけで、この日も楽しく自転車通勤して駐輪場に到着する。この日急遽酒を飲むことになったので帰路は自転車を使用しない。最近このパターンが多いな。

【5月1日】

この日職場はメーデーのため休みである。しかし自転車を駐輪場においてあるので、都心をぶらぶらしたついでに駐輪場に出向いて自転車を取りに行く。

一応職場は休みなのだが、世間は一応平日として動いている。むろん大型連休ということなので、交通量は幾分少なくなっているような気がするが、それはあくまで気のせいなのかもしれない。

自転車走行自体はいつもとさして変わらない楽しい自転車走行である。都心に通勤していたころは、渋滞に巻き込まれたり巻き込まれなかったり、馬鹿自動車に遭遇したりと、困ったブログネタに困らなかったが、台場を職場とするようになってからそうした困ったブログネタがなくて非常に助かっている。

そういうわけで順調に走行して帰宅する。平均速度は時速26.2km。都心に通勤していたころの平均速度26.2km/hはかなり速い部類に属しているが、現在の経路だと平均速度26.2km/hは比較的遅め。慎重に走行したからだろう。

人気blogランキングへ←是非ワンクリックをお願いします。
posted by goiss at 18:40| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月03日

忌野清志郎さん逝去

日本を代表するロックンローラーであり、かつ初代自転車名人として知られる忌野清志郎さんが5月2日午前0時51分、がん性リンパ管症のため死去した。58歳。

忌野清志郎さんというと、私の場合まず「いけないルージュマジック」、次いでドラマ「やっぱり猫が好き」のエンディングの「サントワマミー」つながりでの"Covers"(そこでの「何いってんだ〜」が感動的。)、そしてその後"Rhapsody(naked)"である。奇抜な衣装と化粧、過激なメッセージの歌詞。怪鳥のような歌声。アップテンポの曲はエネルギッシュに、バラードはあくまで深く。

そして私が自転車に乗るようになってわかったのが、忌野清志郎さんの自転車乗りとしての側面であった。愛車オレンジ号を駆ってあちこちにツーリングに出かけ、ときおりその記事が自転車雑誌を飾っていた。私と同じように自転車を心の底から楽しんでおり、そんな様子に私はとても親しみを感じていた。

そんなわけで、昨年2月武道館で行われた完全復活祭には子供を連れて出かけた。いやぁ〜キヨシロー復活したなぁ、これからもバシバシと芸に自転車にと励んでほしいなぁと思っていた矢先、がんが再発したとの知らせ。これはひょっとしたらヤバイかと思っていたが、やはり残念なことになってしまった。

58歳。ちょっとあっちの世界に行くには早かった。あっちの世界にもロックンロールと自転車というものがあるなら、引き続きこれらを楽しまれていることを祈るのみ。いい音楽をありがとう。合掌。
posted by goiss at 01:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月01日

4月27、28日の自転車通勤

【4月27、28日】(シラス)

走行時間:0:26’39 走行距離:11.84km 平均速度:26.7km/h 最高速度:44.6km/h 積算走行距離:16113km

【4月27日】

この日実に好天、気候もよく絶好の自転車通勤日和である。これからおそらく1か月程度はこんな感じで絶好の自転車通勤日和が続くのであろう。

例によって三つ目通りから豊洲駅に向かう。豊洲駅近辺で自動車が詰まるほかは特に自転車走行上問題となるところはない。市街地ではあるが楽々と走行できる。

豊洲を過ぎると東京の一等僻地の大平原が広がる。こうした区間を2kmほど走行する。2kmほどの距離を、時速35km〜40km程度で脚を止めずに走行できるのがうれしい。東京23区内にしては実に恵まれた自転車通勤環境である。

有明コロシアム交差点を右折して1.5kmほど直進すると台場である。この区間も交通量が少なく道広く、実に走行しやすい。都心で働くのもなかなか面白いが、台場で働くようになってからこと自転車通勤に関しては圧倒的に楽になった。駐輪場に到着して自転車をとめる。この駐輪場、意外と利用者が多い。自転車ばかりでなくオートバイも結構多い。オートバイで来る人を見るとデヴの人が多い。片道10km〜20km程度だったら、自転車で来た方が痩せるし楽しいし時間だってそんなにかからないし、いいことづくめだと思うが。

この日急遽酒を飲んだので自転車での帰宅はしない。

【4月28日】

この日吉田自転車に頼んでおいたローラー台用自転車の見積もりを聞き、この日のうちに組みあがる旨を聞いた。そのため帰宅したら吉田自転車に連絡してローラー台用自転車を持ってきてもらう手はずにしておく。

この日の復路も、往路と同様楽しく速く自転車走行して帰宅する、という、記述するとつまらないが、実際にやっていることは楽しい、という自転車通勤であった。この時期、風が弱くなって走行しやすくなったのがうれしい。冬の時期だと激烈な向かい風が吹くのでトレーニングにはなったが楽しいものではなかった。

帰宅してから、午後7時半前くらいに自宅にいる旨を吉田自転車に連絡すると、しばらくしてからエディさんがローラー台用自転車を届けに来てくれた。かつて私の家内が乗っていたが、交通事故のため路上での走行はちょっと難しくなった女マドンのフレームがまだとってあり、それを使ってローラー台用自転車を組んでくれた。

これでガンガンローラー台トレーニングができる。私が自転車に乗る目的の一つにダイエットがあるので、とりあえず心拍数110〜120/bpm程度のゆるいローラー台1時間で有酸素運動をして脂肪燃焼をすることを図ろうと思う。

人気blogランキングへ←是非ワンクリックをお願いします。
posted by goiss at 19:38| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする