2007年05月23日

5月22日の自転車通勤

【5月22日】(シラス)

走行距離 14.59km 走行時間0:33'34 平均速度26.1km/h 最高速度43.4km/h 積算走行距離 12787km

往路:家→適当→越中島通→清澄通→晴海通→内堀通→桜田通→役所
復路:役所→桜田通→内堀通→千代田通→明大通→明大通・千代田通折り返し→内堀通→永代通→三つ目通→適当→家

【往路】

 この日天気がよいので自転車通勤する。この日夜更かししたので出発時は若干だるい気がするが、走行を始めると徐々に体に血が巡ってきて活力がわいてくるような気がする。気合いを入れて爆走するのもよいが、朝自転車走行するときは軽めのギアに入れて負担を少なくウォーミングアップのつもりで走行するのがいいのかもしれない。しかし、いったん自転車をこぎ出してしまうと勢いがついてしまい、ついうっかり活力全開で走行してしまう。それはそれで楽しいからまぁいいか。

 前の方でヘルメットをかぶってロードバイクで走行する人を見かける。おそらく通勤の人であろう。こういう通勤の人が最近結構多くて喜ばしいことである。私が普通に自転車をこいでいるとあっという間にその人をぶっちぎってしまう。

 自転車走行しているとサイコンが作動していないことに気づく。スポークにつけていたマグネットがずれていたようだ。清澄通の初見橋交差点でマグネットを直して晴海通り交差点まで爆走する。初見橋交差点から晴海通交差点までは往路の爆走ポイントである。この日この爆走ポイントがだいたい800メートルくらいであることがわかった。

 晴海通交差点で信号待ちをするとやたらとオートバイがおおい。数えてみると7台もオートバイが信号待ちをしている。これほどオートバイが信号待ちをしているのをみるのも珍しい。排気ガスと騒音ばかり出して何とも醜い。信号が青になると一斉にオートバイがスタートする。
 この連中スタート直後の初速は自転車よりも速いが、混雑する都心の道路では巡航時のスピードは私のこぐ自転車とそれほど変わりはない。
 しかもオートバイは車体が太くて投影面積が自転車よりも大きいので、混雑する道路で走行スペースを取りにくいため走行には不利である。特に今はやりのオート3輪の場合、後輪部の投影面積が大きいためなおさら混雑する道路での走行には不利である。自転車は投影面積がオートバイよりも小さい(細い)ため、走行のためにオートバイほどの占有面積を必要としない。そのため混雑する道路であってもわずかな道路のスペースがあれば走行できる。オートバイであれば通れないところでも自転車であればスイスイと機動的に通行することができる。晴海通で混雑する道路の中で身動きがとれなくなり、時折ブルンブルンとエンジンを吹かしているオートバイが哀れである。
 さらに騒音も二酸化炭素の排出量も自転車の方がオートバイより自転車の方が圧倒的に少ない(自転車走行者に向かって「走行時に二酸化炭素を出すな」とは言うのは、「呼吸をするな」というのに等しいだろう。)。
 このように考えると、このブログで繰り返し述べているが、速さ、機動力、そして環境配慮、これらを総合的に考えると、自転車通勤は都心における通勤トゥールとしてはオートバイに勝ると思う。最近環境保全・健康増進の観点から自転車利用の促進が呼びかけられることが多いが、オートバイ通勤の呼びかけなどというものは聞いたことがない。

 この日晴海通りは築地から銀座まで隅から隅まで激混みであった。しかし、渋滞にひっかかって身動きがとれなくなったオートバイを尻目にスイスイと自転車通行する。道路激混みのため平均速度は低いが、それでもスイスイと前に進んでいる。外堀通りを渡り、混雑する銀座を脱出するとようやく快走できる。内堀通りと桜田通りを通って役所に到着する。平均速度は時速23.1kmであるが、サイコンが作動し始めたのが通勤途中であるため、通勤全過程の平均速度を反映したものではない。

【復路】

 この日ジャズCDを買おうと思ってディスクユニオン御茶ノ水ジャズ館に赴く。買うCDは決まっていて、”Art Pepper / Among Friends”である。中古CD売り場を見たところこれは売っておらず、かつこのCDを買う軍資金を削ってまで欲しいジャズCDはこの日なかったので中古CDは買わず、新品CD売り場に行ってこのCDを見つけて買った。もしディスクユニオンになかったらヨドバシカメラ秋葉原店に入居しているタワーレコードに行こうかと思っていたがそこまでしなくてよかった。
 レコードコレクターズ今月号をみて、”Sly and the Family Stone”のCDを欲しくなり、ディスクユニオンジャズ館と同居しているR&BのCD売り場に行ってみる。Sly and the Family Stoneの「暴動」を買おうか、それとも最近再発されたばかりの”Oliver Cheatham / Saturday Night”を買おうかどうしようか迷いに迷ってOliver Cheathamを買うことにする。「暴動」の中には、Paris Matchが最近カバーした”Family Affair”が入っていて興味深いのだが、そのうち中古で安いのが出るだろうし、ひょっとしたら貸しCD屋にもあるかもしれないなと思って「暴動」を買うのを見送る。

 そういうわけでディスクユニオンを後にして快走する。この日復路走行時刻が午後9時近く、自動車の走行がまだそれほど減っていない時間である割には比較的バリバリと快走できた。帰宅して平均速度をみると時速26kmを超えている。復路での走行が結構快走ペースであったことがよくわかる。

人気blogランキングへ←是非ワンクリックをお願いします。


posted by goiss at 00:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。