2007年05月21日

5月21日の自転車通勤

【5月21日】(シラス)

走行距離14.63km 走行時間0:32'35 平均速度26.9km/h 最高速度47.3km/h 積算走行距離 12772km

往路:家→適当→清澄通→晴海通→内堀通→桜田通→役所

復路:役所→桜田通→内堀通→永代通→三つ目通→適当→家

【往路】

この日好天、気候も暑くも寒くもない絶好の自転車日和である。この日とにかく無理なく楽しく走行することを心がけて走行する。いつもそのように心がけて走行しているつもりではあるが、なかなかそうもいかない。しかしこの日は「無理せず楽しく自然体」で走行できている気がする。体調と周囲の状況にあわせて走行しているからだろうか。とにかく楽に踏めるギアで踏んでいるし、信号待ちや渋滞でもイライラしないことを心がけた。

前日家内と高尾山を上った。標高600メートル程度の山であり、かつ登山道はちょっと坂のある散策コースみたいなものであり、しかも片道3km程度のものである。そのため、基本的に山の中の散歩程度のものであり、たいした運動にはならないと思った。しかしこの日意外と重いギアを踏めるようになっているのに驚く。高尾山上りが意外と負荷のある良い運動になったのだろうか。確かに最近週末には自転車を含む運動をあまりしていなかったので、それに比べれば高尾山を上るだけでもまだずっとましなのだろう。

そういうわけで、この日越中島通や、清澄通の初見橋交差点以後晴海通までの間を時速40km近いペースで快走できる。おそらく信号や自動車の通行量がもっと少なければ時速50km程度も可能なのだろうが、そうもいかないのでまぁこんなところか。

この日晴海通のうち、勝鬨橋〜築地のあたりは結構すいていたため時速30km以上のペースで快走できる。ただ晴海通築地あたりのうち、道幅が狭くなるあたりから徐々に混んでくる。それでもこの日はまだましで、東銀座から銀座4丁目のあたりまで混むには混んでいたが、それでも渋滞で止められるということはなかった。
 銀座4丁目からは徐々に調子よく走行できるようになり、外堀通りを通ってから役所までは特に混雑することもなく快走できる。とりわけ晴海通りのうち外堀通との交差点から日比谷通との交差点までの短い区間は道幅広く自動車少なく路面がよいので楽に快走できる。
 
 日比谷通を渡ってからの内堀通は若干路面が汚いのでそれほど快走できるという感じではない。また、内堀通から桜田通に曲がるところは工事中であり。路面が変なので、タイヤを路面に取られないように注意しなければならない。いつまで工事やっているんだか。

 役所に楽しく無事に到着して平均速度をみると時速26.6kmである。いつもと同じように走行しているのに今日は速いなぁと思う。無理せず楽しく自然体で走行していたところ、比較的重いギアで踏めるようになったこと、および晴海通の混み具合がそれほどでもなかったことがその理由としてあげられるだろう。これからも週末のうちいずれかの日には比較的負荷のある運動をするといいのだろう。

【復路】

 この日午後7時半頃と比較的早めに役所を出る。この時間だとまだタクシー以外にも色々な自動車がうろうろしているので注意が必要である。

 まずは役所から桜田通りを通って桜田門の前を右に折れる。このあたりでメッセンジャーの人が颯爽と走行するのを見かけて追尾しようとしたがこの人は桜田門の前を左に行ってしまった。仕方がないので内堀通を永代通に向けて走行する。祝田橋交差点を左折してから皇居前広場近辺は道路状態がよいので快走できる。この日最高速度は時速50km近くになっているが、おそらくここで出したものであろう。ここで時速50km近く出していれば自動車にも文句は言われまい。
 
 永代通に入ると2台くらいヘルメットをかぶって颯爽と走行するロードバイクに遭遇する。しかもメッセンジャーではない。この時間に走行しているところを見るとおそらく通勤の帰宅途中であろう。「いょうご同輩」と声をかけたくなるが、「何だこいつ」と思われそうなのでやめておく。
 最近ヘルメットをかぶり車道を颯爽と走行するロードバイクが本当に増えた。しかも、いかにもトレーニングというわけではなく、日常の足として使用するのである。楽しく、速く、そして安全に自転車で走行しようとすると、どうしてもヘルメットをかぶり自転車ジャージを着てロードバイクに乗るようになる。これは水が高きから低きに流れるように当然のことであろう。何とかして自転車を歩道に上げようと躍起になっている警察庁の官僚の方々も、一度自転車通勤を試してはどうであろうか。

 マイペースで走行しているうちにそれらのロードバイクはいなくなってしまった。たぶん私の後方でどこか曲がり角を曲がって帰路についているのだろう。自転車で楽しく通勤する人たちが自転車通勤を心行くまで楽しまれることと交通安全を祈る。

 この日コレド日本橋の前の交差点で信号に止められる。しかしここで止められると昭和通を信号で待たされることなく走行することができる。しかし、コレド日本橋の信号を通過すると、昭和通の手前の小さい交差点の信号で止められる。この信号で止められると、ここが青信号になっても昭和通の信号で止められる。どこの信号で止められるとどこの信号を止められずに通過できるかについては、ある程度法則性があるのだろう。

 いずれにしても日本橋を通過するとあとは快走モードである。永代橋まではせいぜい新大橋通の信号で止められる程度である。永代通と新大橋通の交差点にはいつも個人タクシーが停まっていて邪魔である。しかも、交差点のちょうど曲がり角のところに個人タクシーが停まっている。これは明白な道路交通法違反ではないか?いくら警察が注意しても言うことを聞かないので警察もあきらめたのだろうか。警察がそういう態度では困るだろう。いくら拳銃を使った犯罪をとりしまっても言うことを聞かずに拳銃を使った犯罪が頻発するからといって警察は拳銃の取締りを止めるか?言うことを聞かないから取締りを止めるのではなく、言うことを聞かないやつはしつこく取り締まるべきであろう。

 新大橋通から快走モードで永代通を渡り葛西橋通との分岐点に至る。このとき自動車が珍しくほとんど通行していなかったので葛西橋通へ向かう自動車に妨げられずに楽々と永代通を通過することができる。門前仲町のノロノロタクシーを適宜パスすると木場に至る。ここで三つ目通を南下して無事帰宅する。平均速度は時速27km近かったのでこの日は結構快走できたことがよくわかる。

人気blogランキングへ←是非ワンクリックをお願いします。


posted by goiss at 21:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。