2007年05月01日

4月30日の猟盤

 4月28日〜30日までの連休には自転車に乗らない。酒屋で「山崎10年」が安かったのでこれを買って飲んだくれながらひたすらジャズを聴いていたのである。
 自転車に乗るなら平日自転車通勤で乗れるし、ちょいと距離を乗ろうと思ったら朝いつもより早起きして荒サイを回ってから出勤すればいい。しかしジャズを聴いて飲んだくれると翌日に差し支える。そういうわけで、ジャズを聴いて飲んだくれるにはどうしても休みが続いた日でないとダメなのである。
 山崎10年は端麗で軽やかな味わいがあってそれはそれでいいのだが、ラフロイグとかボーモアとかのアイラモルトに慣れた私にとってはいまいちパンチに欠ける感もある。しかし端麗な味わいは日本ウィスキーの売りであり、料理の味が生きる繊細な味わいと思うと、なかなかよいものかなぁとも考えられる。

 しかし、ジャズを聴いて飲んだくれていたのでは健康に良くないので日に当たろうと思う。たまたま子供と家内が浅草にある花やしきに行きたいというので、家内と子供を連れて花やしきに行く。しかしながら、私は遊園地が嫌いなので、しばらく花やしきをぶらぶらした後、家内と子供に断りを入れて別行動とし、花やしきを出る。

 花やしきを出てから浅草の土産物屋さんに立ち寄る。私が役所に出向する前に法律事務所で働いていたころのクライアントの会社に勤めていた人の奥さんの実家である。そこで、その人とひとしきり現在の仕事の話とか、ファンドの話とか、金融行政の行く末の話をする。私は主として金融に関する案件に従事していたが、役人になってからはそういう話とトンと縁がなくなっていたので、久々にする金融の話は新鮮であった。

 その土産物屋さんを出てから地下鉄に乗ってお茶の水へ。お茶の水といえばディスクユニオンである。この日ディスクユニオンお茶の水ジャズ館で、国内盤廃盤CDセールをやっていた。4月28日に行ったディスクユニオン新宿店の廃盤CDセールと比べると出品枚数は少ないが、まずまずの品揃えと思った。お茶の水ジャズ館の廃盤CDセールのポスターに出ていた廃盤CDはほぼはけていた。ディスクユニオンお茶の水ジャズ館の廃盤CDセールの値段設定は、ディスクユニオン新宿ジャズ館の廃盤CDセールの値段設定よりも若干高めであると思う。

 その廃盤CDセールの棚を見ていて、これはと思ったのが、"Jimmy Wisner / Aperseption"であった。これは1988年センチュリーレコードから出たGコレクションシリーズの一環として出されたものである。この「Gコレクションシリーズ」は、よくこんなものばかりCD化したなぁという超マニアックな作品ばかりをCD化したものである。これらの作品は1988年にCD化されてから、あっという間に廃盤になってしまった。
 私はGコレクションシリーズの作品を追い求めて、今ではかなりの作品を手中に収めているが、それでもこのGコレクションの作品はそう簡単に市場で見かけるものではなく、ものによっては見つかるほうが奇跡という作品もある。このJimmy Wisnerの作品はその一つである。

 おそらく数年前の廃盤CDセールだと、Gコレクションシリーズの作品は目玉商品となったであろう。そして、5千円位の値段がついたであろう。しかしながら、最近は、いわゆる「廃盤掘り起こし本」とよばれる輸入希少盤を取り上げた本に掲載されている輸入廃盤にスポットライトが当たり、Gコレクションシリーズのような古典的な希少廃盤の神通力は薄れている。

 しかし、そうはいっても以前Gコレクションシリーズは典型的な廃盤CDであり、この日3150円で販売されている。しかしこのシリーズは本来もっと高値で販売されても全く文句の言えないものである。現に10年ほど前、このシリーズの"Paul Moer"は今は亡きDisk Mapで5千円を越えるあこぎな値段で販売されていた。そういうわけで、3150円ならまぁいいかと思って購入することにする。

 その後ヴォーカルの棚を見ていると、"Juanita Hall/Sings the Blues"という作品が目に付く。この作品、確か以前に買った記憶があったが、先日来行っているヴォーカルCDのリスト作成のため手持ちCDを調査していたところ、これを所持していないことが判明した。そこで、確か先日DUお茶の水でこれを見たなぁという記憶があってDUお茶の水中古CD売り場を見たところ、やはり私の記憶は正しく、Juanita Hallは笠置シヅ子のような風貌で私の購入を待っていてくれた。
 この作品、20年くらい前にスイングジャーナルの別冊として出ていた「JAZZ名曲名盤」という本に、斉木克己氏が「激難」すなわち最高クラスの入手難幻のCDとして紹介していた。現在はそのCDが735円で入手できるのである。時代は変わった。

 この日はこの2枚でおなか一杯になった。そういえばこの日、先日の伊豆300kmブルベで雨に濡れてお釈迦になった携帯電話の代わりに新しい携帯電話を買わねばならないことを思い出し、DUお茶の水を出てから携帯電話を買いに新宿に向かう。今度はカメラ機能付きの携帯電話を買うことにしよう。ブルベ中の風景を写真に撮るのもいいし、道路交通法違反を犯したおまわりを撮影してブログにアップするのもいいかな。

人気blogランキングへ←是非ワンクリックをお願いします。


posted by goiss at 00:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。