2007年02月03日

2月2日の自転車

【2月2日】(シラス)

走行距離14.44km 走行時間0:34'21 平均速度25.2km/h 最高速度41.9km/h 積算走行距離 12264km

往路:家→適当→東京海洋大学前の道→清澄通→晴海通→内堀通→桜田通→役所

復路:役所→桜田通→内堀通→鍛冶橋通→中央大橋→清澄通→東京海洋大学の前の道→適当→家

【往路】
 この日清澄通〜晴海通コースを選ぶ。永代通コースは永代通を快走できていいのだが、何となく全体的に信号が多いという印象である。実際はそれほど信号は多くないはずなのだが、スピードが乗ったときに信号に止められるので、信号で止められたときの心理的インパクトがでかいのだろう。その点、晴海通の超混雑道路で信号に止められても、信号で止められたこと自体については不満は感じない。

 この日の走行については珍しく何の印象もない。ただ自転車に乗って楽しく通勤できた、というだけである。かといって快走できたか、というと、平均速度が時速24.8km程度だったので、それほどでもない、という感じである。振り返って考えてみると、何とも不思議な走行であった。

【復路】
この日も相当夜が遅い。いっそタクシーで帰ろうかとの誘惑に駆られるが、せっかく自転車があるのに国民の税金を無駄遣いするわけにはいかないので、自転車で帰る。

 さすがに午前3時ともなると寒い。それでも今年の冬は比較的寒くないので、自転車をこいでいるときは長袖自転車ジャージで全然OKである。この日指切りグローブ、即ち指の部分が露出しているグローブをしていたため、最初指が凍てついたが、しばらく鍛冶橋通を走行していると全く凍てついた感じがしなくなった。自転車走行エネルギー恐るべし。

 この日若干風がある。風が吹いた場合自転車はもろに空気抵抗を受ける。そのため少々走行しにくかったが、それでも走行に支障があるという感じではない。

 帰宅して平均速度をみると時速25.2km。まぁまぁの走りをすることができたかなぁと思う。

この日は私の大学の教え子に役所見学をしてもらい、その後コンパをする予定であった。しかし、先週から私が担当しているあるプロジェクトが山場に入り、今週末から来週初めに私に関してはそれが佳境にはいることが予想されていた。そこで、役所見学を延期したのである。それは正解で、この日はとても役所見学どころではなくなったのである。しかしながら、この日の仕事で得た経験は結構得がたいものであったので、延期したコンパで守秘義務の範囲内で話すネタが一つ増えたなぁと思うことにする。

人気blogランキングへ←是非ワンクリックをお願いします。


posted by goiss at 05:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。