2007年02月02日

2月1日の自転車

【2月1日】(シラス)

走行距離14.46km 走行時間0:33'25 平均速度26.0km/h 最高速度41.7km/h 積算走行距離 12249km

往路:家→適当→東京海洋大学前の道→清澄通→晴海通→内堀通→桜田通→役所

復路:役所→桜田通→内堀通→晴海通→清澄通→適当→家

 この日再び清澄通〜晴海通経由で通勤してみる。家からの通勤途中にちょうど信号の変わり具合によって清澄〜晴海経由で行くか、永代通経由でいくか信号の変わり具合で分岐する箇所があり、この日はそこで青信号を直進して清澄〜晴海経由となったわけである。

 清澄通りを快走するがこの日は清澄〜晴海の交差点の手前の信号で止められる。この信号は意外と長い。その信号が青になってから清澄〜晴海の交差点を晴海通に折れる。
 
 築地〜東銀座ラインがめちゃ込みなのだが、この日は信号のタイミングか、道路にさほど自動車が滞留していなかった。そのため、スイスイという感じで築地〜東銀座ラインを走行する。無論自動車の数は多いのだが、適当に自動車の数が多いのが幸いして、自動車のスピードはちょうど私の自転車の巡航速度に等しく大体時速35km位の感じである。そういうわけで自動車の流れに乗ってスイスイと走る。
 ところが、後ろの方からやたらクラクションを鳴らすアホ野郎がいる。私は自動車の流れに遅れをとって走っているわけではないのに後ろからうるさくクラクションを鳴らしやがるので、当然のことながら、そいつの前を走って20秒くらいフ-pi-ユーをしてやってから、おもむろにそいつをぶっちぎった。私は再び晴海通を快走し、クラクションをならしたアホ自動車は再び渋滞の波にもまれて動けなくなった。どーだ馬鹿野郎。ざまーみろ。自転車に乗っていてよかったと思う瞬間である。渋滞する道路では自転車は最強の交通手段である。

 築地〜東銀座ラインを快走すれば、もう役所はすぐである。この日はなかなか気分よく自転車走行できてよかった。平均速度も時速25.5kmなのでまぁまぁである。

【復路】

この日夜遅く帰宅するので皇居周回はしない。この日は往路来た道を復路も通ってみる。このコースは、3年ほど前に自転車通勤を始めたころ毎日使用していたコースである。この道を走ると、自転車通勤を始めたころの初心に戻るような気がする。

 日比谷公園の角でおまわりさんが一人たたずんでいる。一体何をしているのだろう。パトロールの途中で休んでいるのだろうか。それとも犯罪者が通りがかるのを待っているのだろうか。待っているだけでやってくる犯罪者は、せいぜい自転車の無灯火運転くらいだぞ。「犯罪っ者は〜歩いてこない だ〜から歩いてゆくんだよ〜」という歌が昔あったじゃないか。それにしてもテロリストのように四つ角に一人たたずむオマワリというのも、結構不気味である。
 晴海通だったか、お回りが3人で自転車に乗っているのを見た。3人も固まって走るのはオマワリの無駄。もっと分散して広範囲をパトロールしたほうが効率的だと思う。無論自転車でのパトロール時は率先して車道を通行すべきである。

 それはそれとして晴海通から清澄通を通り、あと適当な道を走行して無事帰宅する。この経路は永代通と比べて全体的に自動車が少なく安心である。これからも気分によって適宜色々な道を通って帰宅を楽しむことにしよう。

人気blogランキングへ←是非ワンクリックをお願いします。


posted by goiss at 02:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。