2006年08月18日

8月18日の自転車通勤

【8月18日】(シラス)
走行距離 17.90km 走行時間 0:39'20 平均速度 27.3km/h 最高速度 43.5km/h 積算走行距離(シラス) 11063km

往路:家→適当→永代橋→永代通→昭和通→鍛冶橋通→日比谷通→国会通→桜田通→役所

復路:役所→桜田通→内堀通→千代田通→明大通→ディスクユニオンお茶の水ジャズ館→明大通・千代田通折り返し→内堀通→永代通→三つ目通→適当→家

往路:9時15分ころから自転車走行開始。特段の混雑なく走行できる。そのため平均速度も26.4km/hとまぁまぁである。鍛冶橋通に車線変更するんだかしないんだか、停車するんだかしないんだかよくわかんない車が一台いた。こういう車は周りを気にせず突然不規則な動きをしてくるため、自転車通勤上気をつけなくてはならない。とにかく暑いので汗が噴き出す。役所に着いた後にワイシャツが汗まみれになるのでこちらの対策をとらなくてはならない。

復路:この日は中古ジャズCDでも見ていこうとディスクユニオンお茶の水ジャズ館によっていく。それほど道が混んでいるわけではないのですいすいと走れる。しかしこの日はディスクユニオンには特にこれはという作品はなかったので何も買わずに帰宅する。
 帰宅時例によって日本橋のあたりは信号が多く必ずどっかで引っかかるのだが、そこを過ぎればまずまず快走できる。その後の信号ポイントは門前仲町。ここも信号がべらぼうに多いのだが、不思議と引っかからないことが多い。信号と信号の間隔が狭いので、青信号が連なって点灯している場合に車の流れについて走っていくとスイスイと引っかからずにいけてしまうものである。平均速度が27km/hを超えていたのでまずまずの楽走状態であったといえよう。

 帰宅すると菓子折りがあるので家内にこれは何かと聞いてみると、昨日拙宅に出現した酔っ払いのおじさんがお詫びをしにきたのだという。
 昨晩午後11時ころ、ピンポンピンポンと呼び鈴をしつこくならす輩がいて、インターホンで「どなたですか」と言っても返事をせず、引き続きピンポンピンポンとしつこく呼び鈴を鳴らす。ドアの小さい覗き窓から見ると、どうも初老の男が門から中に入ってピンポンと呼び鈴を鳴らし続けているのである。腹を立てた私は「何をやっているんだ!!」と一喝したところ、その男は「何ぃ」といったんすごんだものの、私の家の表札を見てどうも自宅と間違えて呼び鈴を押し続けていたことに気がつき、「どうもすみません」と平謝りで帰っていった。
 私は酒の上での過ちというものを許せないたちなので、とても腹が立ったのだが、翌日このおじさんが菓子折りを持ってわざわざ謝りに来たのでまぁいいかと思うことにする。

人気blogランキングへ←ランキング下降気味なので、是非ワンクリックをお願いします。


posted by goiss at 22:26| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。