2006年08月01日

子供と自転車

【7月30日】マドン
走行距離 19.9km 走行時間0:59:51 平均速度20.0km/h 最高速度32.1km/h 積算走行距離1966.1km+1494.3km 最高ケイデンス89 平均ケイデンス61  最高心拍数? 平均心拍数117 消費カロリー414kcal

マドンの前ブレーキの調子が悪いので吉田自転車で見てもらう。そのためマドンで吉田自転車へ。子供と家内も自転車でついてくる。その後新木場周回をするためである。どうも前ブレーキの部品が一部サビ気味で、メンテルーブを吹きつけてすべりをよくしてなおしてもらう。ローラー台の時には前ブレーキに汗が垂れて部品がさびるのに注意し、適宜メンテルーブを吹き付けるとよいとのアドバイスであった。先日の600kmブルベでサドルバッグに穴をあけてしまったため、再びサドルバッグ(スペシャライズドのダートバッグ)を買う。

その後新木場周回のため新木場に向かうが、家内はその前に既に荒サイを50kmほど走っていたためやっぱり帰宅することにした。まず子供と新木場に向かう。吉田自転車から適当に走って明治通りを南下すると新木場駅に出る。ここまではやや車どおりが多いが、そこをさらに南にいくと、新木場になる。このあたりは日曜は車どおりが少なく、自転車の周回練習の人が結構いる。ただ、私が新木場についたのはお昼前ころであり、かなり暑くなっていて自転車周回練習の人はもう練習を終えた時間である。そのため、子供をつれての新木場周回はやめにして、若洲サイクリングロードを回ることにする。若洲サイクリングロードは海辺であり、やや涼しめかと思えることと、サイクリングロードからの海の眺望がよいことが理由である。

若洲橋を渡ってすぐのところに若洲ゴルフ場があり、それを囲むような形で海沿いにサイクリングロードがある。子供をつれているので時速20km〜25km程度しか出せないが、ママチャリでのんびり走る人も少なくないし、眼下に広がる広大な海の眺めを子供に見せて楽しむのが目的なので気にしない。子供と若洲に夜来たことはあるが、サイクリングロードを子供と走るのは初めてである。子供はこの眺めが気に入ったようであり、またこのあたりを走ってみたいようであった。

かつては子供や家内と自転車で走ると子供や家内は遅いのでトレーニングにならずにつまらないと思っていたが、最近トレーニングなら別にローラー台でもいいし、子供や家内とともに自転車でのんびり遊ぶのも悪くないなぁと思う。特に、子供はまだ小学生なので今のところ一緒に遊んでくれるが、そのうち中学生くらいになると子供は自転車で一緒に遊んでくれなくなるだろうから、今のうちに子供と自転車で遊んでおかねばなるまい。そんなわけで走行距離と平均速度はたいしたことはないが気にしない。

この日結構暑かったので、若洲サイクリングコースを一周して帰宅することにする。子供には信号待ちの度にボトルの水を飲んでもらう。とにかく水不足や熱中症には神経質なほどに留意しなければならない。家のそばのセブンイレブンで、アクエリアスのフリースタイルを買って帰宅する。フリースタイルは炭酸スポーツドリンクであり、これはよいところに目をつけたと思う。スポーツドリンクは運動中にだらだらちびちびと飲むため炭酸飲料には向いていなかった(飲んでいる間に炭酸が抜けてまずくなる。)が、それを、運動後のリフレッシュのために飲むものと位置づけたため炭酸飲料でもOKとなった。スポーツドリンクのコンセプトを新たに提案して炭酸を導入した画期的な商品であると思う。

人気blogランキングへ←若干ランキング下降気味なので是非ワンクリックを。


posted by goiss at 02:45| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。